徳島県|小松島地区地域水産業再生委員会(小松島)

和田島漁業協同組合(小松島)

取組概要 海外における輸出戦略としてのPR活動、通信販売の利用
キーワード PR活動
イベント
食育
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 ハモ
エビ
イカ
シラス

浜プランの取組内容

・品質向上による単価アップ及びPR活動、新商品開発による消費拡大や販路拡大の取組
 小松島漁協の小型機船底びき網漁業において、1操業あたりの曳網時間の短縮や1日あたりの操業時間を短縮することにより、釣りの漁獲物に負けないスレが少なく鮮度の高い漁獲物を水揚げし、単価向上を図る。
 小松島漁協は、当漁協で水揚げされるハモやエビ類の加工品を東京で行われる「農林水産祭」や「ふるさとの食にっぽんの食全国フェスティバル」において直売等を行うとともに、毎年東京と大阪で行われる知事自ら出席するトップセールスに参加し、PR活動を行い、関東・関西の卸売業者、小売業者等を対象とした新たな販路拡大を目指す。また、毎月1回、地元みなとオアシスにおける朝市の開催や漁協直営の海産物直販所である「マリンショップ小松島」における直販など、県内におけるPR活動を通じて、地元水産物の更なる認知度向上や消費拡大を図る。さらに、海外における輸出戦略として、台湾やベトナムなどの大手百貨店等における県産農林水産物のPRイベントにおいてハモ加工品や干しエビ等の販促活動を行い、海外における販路開拓と小松島ブランドの知名度向上を図る。
 小松島漁協は、小型機船底びき網漁業の主要な漁獲物であるエビ類、イカ類について、瞬間冷凍機を利用した新たな商品(真空冷凍パック等)を開発し、パンフレットやインターネットなどを利用した通信販売においてこれら商品の販売を行い、販路拡大と認知度向上を図ることにより、漁獲物の単価向上を目指す。
 
・食育の取組
 小松島漁協と小松島市学校食育推進委員会が連携し、保育所から中学校までの学校給食に小型機船底びき網漁業で漁獲されたハモ、クロダイ、シログチ等を提供し、教育現場等における食育の普及と学校給食での利用拡大を図る。また、小中学生を対象に、漁協開設市場である小松島漁協魚市場の見学や職場体験を実施するとともに、魚下敷きを市内全部の小中学校に配布し、地元水産物の認知度向上を図る。さらに、漁協女性部が主体となり、市内の小学生を対象に地元漁獲物を使用した親子料理教室を開催する。
 以上の取組等を通じて、地産地消の推進を図り、地元水産物の付加価値の向上、消費拡大、販路拡大を図り、漁業所得の向上に繋げる。
・資源増殖の取組
 漁業者が主体となって小松島漁協と協力し、ヒラメやクルマエビの種苗放流に取り組む。
 青年部が主体となって小松島漁協と協力し、アサリの放流を行い水質改善や藻場の回復を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

・品質向上による単価アップ及びPR活動、新商品開発による消費拡大や販路拡大の取組
 小松島漁協の小型機船底びき網漁業において、1操業あたりの曳網時間の短縮や1日あたりの操業時間を短縮することにより、釣りの漁獲物に負けないスレが少なく鮮度の高い漁獲物を水揚げし、単価向上を図る。
 小松島漁協は、当漁協で水揚げされるハモやエビ類の加工品を東京で行われる「農林水産祭」や「ふるさとの食にっぽんの食全国フェスティバル」において直売等を行うとともに、毎年東京と大阪で行われる知事自ら出席するトップセールスに参加し、PR活動を行い、関東・関西の卸売業者、小売業者等を対象とした新たな販路拡大を目指す。また、毎月1回、地元みなとオアシスにおける朝市の開催や漁協直営の海産物直販所である「マリンショップ小松島」における直販など、県内におけるPR活動を通じて、地元水産物の更なる認知度向上や消費拡大を図る。さらに、海外における輸出戦略として、台湾やベトナムなどの大手百貨店等における県産農林水産物のPRイベントにおいてハモ加工品や干しエビ等の販促活動を行い、海外における販路開拓と小松島ブランドの知名度向上を図る。
 小松島漁協は、小型機船底びき網漁業の主要な漁獲物であるエビ類、イカ類について、瞬間冷凍機を利用した新たな商品(真空冷凍パック等)を開発し、パンフレットやインターネットなどを利用した通信販売においてこれら商品の販売を行い、販路拡大と認知度向上を図ることにより、漁獲物の単価向上を目指す。
 
・食育の取組
 小松島漁協と小松島市学校食育推進委員会が連携し、保育所から中学校までの学校給食に小型機船底びき網漁業で漁獲されたハモ、クロダイ、シログチ等を提供し、教育現場等における食育の普及と学校給食での利用拡大を図る。また、小中学生を対象に、漁協開設市場である小松島漁協魚市場の見学や職場体験を実施するとともに、魚下敷きを市内全部の小中学校に配布し、地元水産物の認知度向上を図る。さらに、漁協女性部が主体となり、市内の小学生を対象に地元漁獲物を使用した親子料理教室を開催する。
 以上の取組等を通じて、地産地消の推進を図り、地元水産物の付加価値の向上、消費拡大、販路拡大を図り、漁業所得の向上に繋げる。
・資源増殖の取組
 漁業者が主体となって小松島漁協と協力し、ヒラメやクルマエビの種苗放流に取り組む。
 青年部が主体となって小松島漁協と協力し、アサリの放流を行い水質改善や藻場の回復を図る。

団体情報


JF・団体名 和田島漁業協同組合(小松島)
住所 〒773-0025
徳島県小松島市和田島町字西浜手10-33
電話番号 0885-37-1621