徳島県|小松島地区地域水産業再生委員会(和田島)

小松島漁業協同組合(和田島)

取組概要 「和田島ちりめん」の普及、海外における販路拡大
キーワード PR活動
アンテナショップ
品質向上
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 シラス
エビ
ハモ
タチウオ

浜プランの取組内容

・PR活動の取組
 年一回、和田島漁協の婦人部が中心となり「ちりめん市」と題した水産物PRイベントを開催し、ブランド魚である「和田島ちりめん」の更なるイメージ向上と普及を進めるとともに、小型底びき網漁業で漁獲されたハモやタチウオ等の鮮魚販売をおこない地元水産物の消費拡大を図る。
 和田島漁協は漁業者と連携し、当該組合が運営する直売所「ちりめんの店」、東京や大阪にある徳島県のアンテナショップ及び徳島県物産観光交流プラザ「あるでよ徳島」などを通して、当地区で水揚げされる、ちりめん・干しエビを主とした水産加工品の販売・PR活動を行う。また、他県で開催される徳島県参加の各イベント・地元小松島市主催の各イベントへ積極的に参加・出品し、地元水産物の認知度向上に努める。さらに、海外における輸出戦略として、台湾やベトナムなどの大手百貨店等における県産農林水産物のPRイベントにおいてちりめん等の販促活動を行い、海外における販路開拓と小松島ブランドの知名度向上を図る。
 和田島漁協は小松島市学校食育推進委員会と連携し、小松島市内の小学校を中心に、学校給食でちりめん・ハモなどを提供し、教育現場等における食育の普及と学校給食での利用拡大を図る。
・未利用資源の開発
 機船船曳網漁業や小型底曳網漁業で混獲される小型のタチウオ等を干物加工し、和田島漁協直売所で販売する。
・品質向上の取組
 機船船曳網漁業において、特に漁獲が少ない日は長時間曳網するため魚体の弱いシラスは水揚げ時に品質劣化が進んでおり、加工すると製品の歩留まりが低下したり、魚体が折れ曲がるなど品質が悪化することから、取引価格に悪影響を及ぼしている。これらを改善するために曳網時間を短縮し、こまめに網揚を行う。さらに、網揚げ→陸揚げ→運搬→加工までの鮮度保持の為に、淡水プレート氷に比べ鮮度保持能力が優れている「滅菌流動海水氷」の利用促進に努め、「和田島ちりめん」の品質向上を図る。
 また、小型機船底びき網漁業において、1操業あたりの曳網時間の短縮や1日あたりの操業時間を短縮するとともに、品質劣化により黒変しやすい小エビ等で「滅菌流動海水氷」の利用促進に努めることにより、鮮度の高い漁獲物を水揚げし、単価向上を図る。
・資源増殖の取組
 漁業者が主体となって和田島漁協と協力し、クルマエビの種苗放流に取り組み、資源の底上げ等を積極的に行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

・PR活動の取組
 年一回、和田島漁協の婦人部が中心となり「ちりめん市」と題した水産物PRイベントを開催し、ブランド魚である「和田島ちりめん」の更なるイメージ向上と普及を進めるとともに、小型底びき網漁業で漁獲されたハモやタチウオ等の鮮魚販売をおこない地元水産物の消費拡大を図る。
 和田島漁協は漁業者と連携し、当該組合が運営する直売所「ちりめんの店」、東京や大阪にある徳島県のアンテナショップ及び徳島県物産観光交流プラザ「あるでよ徳島」などを通して、当地区で水揚げされる、ちりめん・干しエビを主とした水産加工品の販売・PR活動を行う。また、他県で開催される徳島県参加の各イベント・地元小松島市主催の各イベントへ積極的に参加・出品し、地元水産物の認知度向上に努める。さらに、海外における輸出戦略として、台湾やベトナムなどの大手百貨店等における県産農林水産物のPRイベントにおいてちりめん等の販促活動を行い、海外における販路開拓と小松島ブランドの知名度向上を図る。
 和田島漁協は小松島市学校食育推進委員会と連携し、小松島市内の小学校を中心に、学校給食でちりめん・ハモなどを提供し、教育現場等における食育の普及と学校給食での利用拡大を図る。
・未利用資源の開発
 機船船曳網漁業や小型底曳網漁業で混獲される小型のタチウオ等を干物加工し、和田島漁協直売所で販売する。
・品質向上の取組
 機船船曳網漁業において、特に漁獲が少ない日は長時間曳網するため魚体の弱いシラスは水揚げ時に品質劣化が進んでおり、加工すると製品の歩留まりが低下したり、魚体が折れ曲がるなど品質が悪化することから、取引価格に悪影響を及ぼしている。これらを改善するために曳網時間を短縮し、こまめに網揚を行う。さらに、網揚げ→陸揚げ→運搬→加工までの鮮度保持の為に、淡水プレート氷に比べ鮮度保持能力が優れている「滅菌流動海水氷」の利用促進に努め、「和田島ちりめん」の品質向上を図る。
 また、小型機船底びき網漁業において、1操業あたりの曳網時間の短縮や1日あたりの操業時間を短縮するとともに、品質劣化により黒変しやすい小エビ等で「滅菌流動海水氷」の利用促進に努めることにより、鮮度の高い漁獲物を水揚げし、単価向上を図る。
・資源増殖の取組
 漁業者が主体となって和田島漁協と協力し、クルマエビの種苗放流に取り組み、資源の底上げ等を積極的に行う。

団体情報


JF・団体名 小松島漁業協同組合(和田島)
住所 〒773-0005
徳島県小松島市南小松島町1-15
電話番号 0885-33-1122