浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

徳島県|徳島市地域水産業再生委員会

川内漁業協同組合(徳島市津田町)

取組概要 ハモの高鮮度出荷、未利用魚商品の学校給食会への提供
キーワード高鮮度出荷
未利用魚の活用
販路その他
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 エビ
ハモ
イワシ
サワラ
丸アジ

浜プランの取組内容

【漁業収入向上のための取組】                                             
1 ばら干し海苔加工
スジ青海苔乾燥機で黒海苔のばら干し海苔を生産し、他業種との協同化を推進する。生産効率を向上させ、黒海苔業者と青海苔業者の双方の収益性を高めるための検討を行い、生産体制を確立する。
価格競争によって単価の向上を図るためばら干し海苔の新規販売先を開拓する。
2 黒海苔の養殖枠間隔拡大
栄養塩濃度の低下時に養殖枠の間隔拡大による潮通しの改善を行う事により、品質・価格の向上に取り組む。
漁協内外の生産状況、品質の状況、入札単価の推移等の情報収集に努め、黒海苔業者は情報共有し対応策について検討していく。
県水産研究課と連携して水温、塩分、栄養塩等の調査に取り組む。
3 スジ青海苔養殖
スジ青海苔養殖における豪雨被害を防止するため、気象とダムの放流状況の情報収集に努め、組合内のスジ青海苔業者のほか、吉野川下流で養殖を営む他漁協とも情報共有を図るとともに、広域委員会の「スジ青海苔の豪雨被害軽減」に取り組む。
県漁連や他漁協と情報交換し、スジ青海苔の品質向上・生産高の向上を目指す。
また、種網の確保を天然採苗のみに頼っていては気象条件に左右され不安定なため、県水産研究課が取り組んでいる人工採苗技術の開発情報を注視し、適宜、新技術の導入を進める。
4 高生産性機器の導入
随時、生産性の高い機器等を導入し収入の増加を図る。
5 浜の活力再生広域プラン
広域委員会が策定した広域浜プランの取り組みに参加し、生産金額の増加を目指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 川内漁業協同組合(徳島市津田町)
住所 〒771-0101
徳島県徳島市川内町旭野316
電話番号 088-665-0402