徳島県|徳島市地域水産業再生委員会

徳島市漁業協同組合(徳島市津田町)

取組概要 ハモの高鮮度出荷、未利用魚商品の学校給食会への提供
キーワード 高鮮度出荷
未利用魚の活用
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 エビ
ハモ
イワシ
サワラ
丸アジ

浜プランの取組内容

【漁業収入向上のための取組】                                             
1 ばら干し海苔加工
スジ青海苔乾燥機で黒海苔のばら干し海苔を生産し、他業種との協同化を推進する。生産効率を向上させ、黒海苔業者と青海苔業者の双方の収益性を高めるための検討を行い、生産体制を確立する。
価格競争によって単価の向上を図るためばら干し海苔の新規販売先を開拓する。
2 黒海苔の養殖枠間隔拡大
栄養塩濃度の低下時に養殖枠の間隔拡大による潮通しの改善を行う事により、品質・価格の向上に取り組む。
漁協内外の生産状況、品質の状況、入札単価の推移等の情報収集に努め、黒海苔業者は情報共有し対応策について検討していく。
県水産研究課と連携して水温、塩分、栄養塩等の調査に取り組む。
3 スジ青海苔養殖
スジ青海苔養殖における豪雨被害を防止するため、気象とダムの放流状況の情報収集に努め、組合内のスジ青海苔業者のほか、吉野川下流で養殖を営む他漁協とも情報共有を図るとともに、広域委員会の「スジ青海苔の豪雨被害軽減」に取り組む。
県漁連や他漁協と情報交換し、スジ青海苔の品質向上・生産高の向上を目指す。
また、種網の確保を天然採苗のみに頼っていては気象条件に左右され不安定なため、県水産研究課が取り組んでいる人工採苗技術の開発情報を注視し、適宜、新技術の導入を進める。
4 高生産性機器の導入
随時、生産性の高い機器等を導入し収入の増加を図る。
5 浜の活力再生広域プラン
広域委員会が策定した広域浜プランの取り組みに参加し、生産金額の増加を目指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 共販蓄養水槽の改善
漁協は、共販蓄養水槽及び取水口周辺の水質調査の結果を踏まえ、共販蓄養水槽設備及び関連箇所の改善を行い、斃死魚数の縮減を図る。
(取水口付近の整備)
調査により、蓄養水槽取水口付近の川底にカキ殻や礫等が確認された。海水取水の際に、これら異物の混入によるポンプの破損が危惧されるため、カキ殻や礫等を撤去し、取水口付近の川底にブロック等の敷設を行うことで、蓄養水槽への安定した海水の供給を図る。
(ろ過及び海水注水方法の改善)
蓄養水槽内の濁度が高いため、ろ過手法の改善が必要である。
取水した海水の給水について、現行の蓄養水槽への直接注水から、蓄養水槽の水面より高い位置から、ろ過装置を経由して給水する方法に変更し、効率的なろ過と酸素量の多い海水の供給を図る。
(取水ポンプ設置位置の変更)
現行の取水ポンプの設置位置は取水口から距離が長いため、大潮時などに、ポンプ能力が不足し、取水不能となることが多々ある。蓄養水槽への安定した海水の供給を図るため、取水ポンプの設置位置を改善し、取水口との距離を縮める。
② 高鮮度出荷の取組み
ア 漁協は、高鮮度保持型の鮮魚輸送を構築するため、徳島県水産研究課と共同で研究・実験を開始する。
イ 魚体保護の取組み
漁業者は、魚類単価向上のため、ハモ、エビ等底曳網漁における漁獲物の魚体の損傷軽減のため次の取組を行う。
・ 曳航時間短縮の推進
魚が網に触れる時間を短縮し魚体の損傷を低減させる。
通常1網約2時間×5~6回→1網約1時間×10~12回
・ 曳網袋の短期付け替えの推進
表面が荒くなった網の使用による魚体の損傷を低減させる。
漁期6月~9月に2回程度
・ ハモの人工巣穴(塩化ビニール製パイプ)設置の推進
漁獲直後の興奮状態にあるハモは、噛み合いや水槽壁面への衝突等により負傷しやすいため、砂や岩の隙間で休むハモの習性を考慮し、漁業者及び漁協は、漁船内水槽及び共販蓄養水槽に人口巣穴を設置し、ハモのストレス低減及び安定化を図り、負傷を低減させる。
ウ 漁協は、高鮮度出荷が既に構築されている先進地を参考にすべく市場調査を開始する。
③ 未利用魚の活用、商品化
ア 漁協は、徳島市学校給食会への魚の提供数を増やす。
現行 年2回:1食50g×約40,000食
目標 年3回:1食50g×約60,000食
イ 漁協は、加工業者や学校給食会の栄養士からの意見を参考に新たな商品を開発し、他市町村への提供の拡大を目指す。

団体情報


JF・団体名 徳島市漁業協同組合(徳島市津田町)
住所 〒770-8002
徳島県徳島市津田町1-1-11
電話番号 088-662-0550