愛媛県|愛南地区地域水産業再生委員会

久良漁業協同組合

取組概要 学校給食等で水産物の食べる機会創出、養殖真鯛流通事業の強化
キーワード 消費拡大
加工品開発
ICT
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 イワシ
サバ
エビ
イカ
タイ

浜プランの取組内容

①品質向上
・鰹一本釣・まき網・沿岸一本釣漁業者及び漁協は、特産品のカツオ及
びキビナゴ等の品質向上を図るため、荷捌き施設内にあるスラリーアイ
ス及び冷海水等の製造設備を活用し、漁獲物の水揚げ時に使用すること
で、関西圏までの輸送による鮮度劣化を防ぐ。
・全漁業者は、御荘地区製氷施設を利用し鮮度保持に努める。
・漁協は、移転した御荘地区荷捌き施設を水産物流通拠点として、安全
安心な水産物を流通させる。
・漁協は、本所の深浦地方卸売市場について、衛生管理型市場に改修し
たことにより、御荘地区荷捌き施設同様、安全安心な水産物を流通させ
る。
②消費拡大・販路開拓
・漁協は、現在取り組んでいる「ぎょしょく教育」の一環としての出前
授業に引き続き取り組み、魚食の普及と水産業への理解を深める。
・全漁業者及び漁協は、前年度同様、町の水産業イベントである「愛南
びやびや祭り」等で、愛南鮮魚小売人組合の協力を得ながら、カツオ丼
をはじめとした加工品や愛南漁協女性部が加工した鯛めし等を対面販売
する事で、当地区の水産物の旨さや鮮度をPRし、消費拡大を図る。
・漁協は、学校給食納入業者との情報交換を引き続き行うことで、学校
給食栄養士へ当地区の水産物を紹介する機会を得ることができ、給食食
材としての安全性を漁協が保証することで利用拡大を図る。また、後述
の商品開発による新商品が開発されれば、既存の流通業者やHPを用い
た紹介のほか、直販やイベント時にPRすることで消費の拡大及び販売
の増加を目指す。
・魚類養殖業者及び漁協は、引き続き平成23年度より行っている漁協
共販事業の取り扱い高向上のための取り組みを行う。また、ヒラメやイ
シガキダイなどの天然魚の混載出荷も行い事業拡大を図る。産直フェア
ーや展示会にも積極的に出品し、PR活動にも取り組む。
・漁協は、御荘地区荷捌き施設に併設した直販所のPR活動に努め、来
場者の獲得に取り組む。
③商品開発
・貝類養殖業者及び漁協は、カキ、ヒオウギガイの冷凍商品の取り扱う
とともに、アコヤガイの貝柱の取り扱いをはじめる。
・一本釣漁業者及び漁協は、鮮度及び品質管理されたイサギを販売する
ことで、販売単価を向上させる。冷凍商品化についても、直販所等で販
売する。
・魚類養殖業者及び漁協は、確立した共販体制のもとスマ、アマゴの出
荷に取り組む。
④人材育成
・漁協は、計画的で効率の良い漁業経営が行え、かつ水産業に意欲を持
って取り組む漁業者を育成するため、様々な分野の研修を実施する。
・漁協は、新規漁業就業希望者の研修等を実施して漁業就業者の確保及
び育成を図る。
・漁協は、漁業技術や漁村文化伝承のための人材育成をする。合わせて、
外国人の就労者の育成にも努める。
⑤水産資源の回復・漁場環境維持
・底曳網漁業者及び漁協は、稚魚(ヒラメ、車エビ等)を放流し、漁獲
制限を守りながら資源の回復に努める。さらに、禁漁期間の設定や漁法
の制限を守り、持続可能な漁業に取り組む。
・全漁業者及び漁協は、藻場の保全等を行い、水産資源の維持増大に努
める。また、海浜清掃や漂着ゴミ回収を行い、漁場環境の維持を図る。
合わせて、漁場環境のモニタリングも実施する。
・魚類養殖業者及び漁協は、地域ICT(愛南町・愛媛大学南予水産研
究センター・漁協が連携し構築したネットワーク)を活用した漁場環境
及び赤潮情報の共有化に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①品質向上
・鰹一本釣・まき網・沿岸一本釣漁業者及び漁協は、特産品のカツオ及
びキビナゴ等の品質向上を図るため、荷捌き施設内にあるスラリーアイ
ス及び冷海水等の製造設備を活用し、漁獲物の水揚げ時に使用すること
で、関西圏までの輸送による鮮度劣化を防ぐ。
・全漁業者は、御荘地区製氷施設を利用し鮮度保持に努める。
・漁協は、移転した御荘地区荷捌き施設を水産物流通拠点として、安全
安心な水産物を流通させる。
・漁協は、本所の深浦地方卸売市場について、衛生管理型市場に改修し
たことにより、御荘地区荷捌き施設同様、安全安心な水産物を流通させ
る。
②消費拡大・販路開拓
・漁協は、現在取り組んでいる「ぎょしょく教育」の一環としての出前
授業に引き続き取り組み、魚食の普及と水産業への理解を深める。
・全漁業者及び漁協は、前年度同様、町の水産業イベントである「愛南
びやびや祭り」等で、愛南鮮魚小売人組合の協力を得ながら、カツオ丼
をはじめとした加工品や愛南漁協女性部が加工した鯛めし等を対面販売
する事で、当地区の水産物の旨さや鮮度をPRし、消費拡大を図る。
・漁協は、学校給食納入業者との情報交換を引き続き行うことで、学校
給食栄養士へ当地区の水産物を紹介する機会を得ることができ、給食食
材としての安全性を漁協が保証することで利用拡大を図る。また、後述
の商品開発による新商品が開発されれば、既存の流通業者やHPを用い
た紹介のほか、直販やイベント時にPRすることで消費の拡大及び販売
の増加を目指す。
・魚類養殖業者及び漁協は、引き続き平成23年度より行っている漁協
共販事業の取り扱い高向上のための取り組みを行う。また、ヒラメやイ
シガキダイなどの天然魚の混載出荷も行い事業拡大を図る。産直フェア
ーや展示会にも積極的に出品し、PR活動にも取り組む。
・漁協は、御荘地区荷捌き施設に併設した直販所のPR活動に努め、来
場者の獲得に取り組む。
③商品開発
・貝類養殖業者及び漁協は、カキ、ヒオウギガイの冷凍商品の取り扱う
とともに、アコヤガイの貝柱の取り扱いをはじめる。
・一本釣漁業者及び漁協は、鮮度及び品質管理されたイサギを販売する
ことで、販売単価を向上させる。冷凍商品化についても、直販所等で販
売する。
・魚類養殖業者及び漁協は、確立した共販体制のもとスマ、アマゴの出
荷に取り組む。
④人材育成
・漁協は、計画的で効率の良い漁業経営が行え、かつ水産業に意欲を持
って取り組む漁業者を育成するため、様々な分野の研修を実施する。
・漁協は、新規漁業就業希望者の研修等を実施して漁業就業者の確保及
び育成を図る。
・漁協は、漁業技術や漁村文化伝承のための人材育成をする。合わせて、
外国人の就労者の育成にも努める。
⑤水産資源の回復・漁場環境維持
・底曳網漁業者及び漁協は、稚魚(ヒラメ、車エビ等)を放流し、漁獲
制限を守りながら資源の回復に努める。さらに、禁漁期間の設定や漁法
の制限を守り、持続可能な漁業に取り組む。
・全漁業者及び漁協は、藻場の保全等を行い、水産資源の維持増大に努
める。また、海浜清掃や漂着ゴミ回収を行い、漁場環境の維持を図る。
合わせて、漁場環境のモニタリングも実施する。
・魚類養殖業者及び漁協は、地域ICT(愛南町・愛媛大学南予水産研
究センター・漁協が連携し構築したネットワーク)を活用した漁場環境
及び赤潮情報の共有化に努める。

団体情報


JF・団体名 久良漁業協同組合
住所 〒798-4353
愛媛県南宇和郡愛南町久良1200-2
電話番号 0895-72-1225