高知県|安芸地区地域水産業再生委員会

安芸漁業協同組合

取組概要 地域産品としてのシラス消費拡大
キーワード 消費拡大
イベント
地産地消
販路 その他
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 イワシシラス
サバ
マグロ
ヘダイ
タコ

浜プランの取組内容

【機船船びき網漁業とシラス産業の振興】
○地域産品としてのシラス消費拡大と需要増を図るため、漁協は地域関係者と連携した取り組みを推進するとともに、生産量の安定・増加を図る。
①漁協は安芸釜あげちりめん丼楽会の構成員として、丼楽会の活動に積極的に参画する。
・丼楽会は、ご当地グルメを使った町おこしイベント「全国じゃこサミット」の開催、「釜あげちりめん丼」のイベント販売・市内での提供店の拡大を行いながら、1次産業の漁業者・2次産業の加工業者・3次産業の飲食店・ちりめん丼楽会の関連性を強化し、各事業者が地域の食の魅力や観光素材を全国にアピールすることで関連産業の活性化に取り組む。
・また、「じゃこゼミナール」と題して安芸市内の小学校への出前授業も開催している。
・漁協及び漁業者は、これらの活動の中で、原料となるシラスの確保、出前授業での講演、大漁旗の掲揚によるイベントの盛り上げ等を行う。
 ※全国じゃこサミット…ご当地じゃこサミット実行委員会(以下、「実行委員会」という。)が主催する日本各地のご当地ちりめんじゃこの魅力を多くの人に知ってもらい、同時に安芸市の活性化を図るイベント。丼楽会が実行委員会メンバーに入っている。
②漁協女性部有志グループは、シラスを原材料とした佃煮の製造・販売及び安芸市内等で開催されるイベントへの出展を行い、地産地消を図る。
○生産においては、消費拡大の取り組みにより増加する需要量に対応し、漁業生産と加工業者のキャパシティの差による需給バランスを調整するため、機船船びき網漁業者で構成する安芸西部機船船びき網連合会が加工業者と連絡を取り操業時間を短くするといった調整を行い、適正な漁業生産量と単価を維持できる効果的な操業に取り組む。
○漁業者は行政と連携し、安全で効率的な操業が可能な漁場の確保を行う。
①大雨や台風により、河川から流木や葦類が沿岸漁場に流入堆積し、漁業操業及び水産資源の繁殖の障害となるため、掃海作業に取り組む。
②台風などの波浪により消波ブロックが破損し転石するため、その除去に取り組む。
○漁業者及び漁協は地域住民の協力を得ながら、年に2回程度の海岸清掃を行い、漁場環境の維持を図る。
【一本釣り漁業の振興】
○漁業者は、低・中層に生息するシイラ、カツオ、小型のマグロ類などの回遊性魚類の保護育成場としての蝟集基盤の確立を図るため、中層式ビニール海藻魚礁を設置し、操業の円滑かつ効率化を図る。
【地びき網漁業の振興】
○漁協は、主な漁獲物であるタイの活魚出荷量を増加させ、漁業収入を向上させるため、活魚槽の増設を検討する。
○漁業者及び漁協は、旅行業者と連携し、観光地びき網などの交流活動を行うことにより、地元外から人を呼び込み、地域資源であるアジ、タイなどの鮮度の高い地元の魚を食べてもらうことで、漁業外収入が得られる仕組みを検討する。また、参加した観光客に対してアンケート等を実施する。
【建網漁業の振興】
○漁協などで構成する安芸水産業改良普及協議会は、建網漁業者の所得向上を図るため、ヒラメの種苗放流に取組む。また、漁業者とともに放流種苗の混獲調査を行い、調査結果に基づいて今後の取り組みの方向性について協議する。
【地域水産業の振興】
○漁業者及び漁協は、安芸市内で開催されるイベントに出展し、地域水産物の地産地消を図る。
【漁業経営体の育成】
○漁協は、新規漁業就業希望者を漁業研修生として積極的に受け入れ、担い手の育成を推進し、将来的な水揚量の増大を図る。
○漁業者及び漁協は漁業研修生と定期的に面談等を行い、漁業研修生が漁業者として定着できるよう支援する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【機船船びき網漁業とシラス産業の振興】
○地域産品としてのシラス消費拡大と需要増を図るため、漁協は地域関係者と連携した取り組みを推進するとともに、生産量の安定・増加を図る。
①漁協は安芸釜あげちりめん丼楽会の構成員として、丼楽会の活動に積極的に参画する。
・丼楽会は、ご当地グルメを使った町おこしイベント「全国じゃこサミット」の開催、「釜あげちりめん丼」のイベント販売・市内での提供店の拡大を行いながら、1次産業の漁業者・2次産業の加工業者・3次産業の飲食店・ちりめん丼楽会の関連性を強化し、各事業者が地域の食の魅力や観光素材を全国にアピールすることで関連産業の活性化に取り組む。
・また、「じゃこゼミナール」と題して安芸市内の小学校への出前授業も開催している。
・漁協及び漁業者は、これらの活動の中で、原料となるシラスの確保、出前授業での講演、大漁旗の掲揚によるイベントの盛り上げ等を行う。
 ※全国じゃこサミット…ご当地じゃこサミット実行委員会(以下、「実行委員会」という。)が主催する日本各地のご当地ちりめんじゃこの魅力を多くの人に知ってもらい、同時に安芸市の活性化を図るイベント。丼楽会が実行委員会メンバーに入っている。
②漁協女性部有志グループは、シラスを原材料とした佃煮の製造・販売及び安芸市内等で開催されるイベントへの出展を行い、地産地消を図る。
○生産においては、消費拡大の取り組みにより増加する需要量に対応し、漁業生産と加工業者のキャパシティの差による需給バランスを調整するため、機船船びき網漁業者で構成する安芸西部機船船びき網連合会が加工業者と連絡を取り操業時間を短くするといった調整を行い、適正な漁業生産量と単価を維持できる効果的な操業に取り組む。
○漁業者は行政と連携し、安全で効率的な操業が可能な漁場の確保を行う。
①大雨や台風により、河川から流木や葦類が沿岸漁場に流入堆積し、漁業操業及び水産資源の繁殖の障害となるため、掃海作業に取り組む。
②台風などの波浪により消波ブロックが破損し転石するため、その除去に取り組む。
○漁業者及び漁協は地域住民の協力を得ながら、年に2回程度の海岸清掃を行い、漁場環境の維持を図る。
【一本釣り漁業の振興】
○漁業者は、低・中層に生息するシイラ、カツオ、小型のマグロ類などの回遊性魚類の保護育成場としての蝟集基盤の確立を図るため、中層式ビニール海藻魚礁を設置し、操業の円滑かつ効率化を図る。
【地びき網漁業の振興】
○漁協は、主な漁獲物であるタイの活魚出荷量を増加させ、漁業収入を向上させるため、活魚槽の増設を検討する。
○漁業者及び漁協は、旅行業者と連携し、観光地びき網などの交流活動を行うことにより、地元外から人を呼び込み、地域資源であるアジ、タイなどの鮮度の高い地元の魚を食べてもらうことで、漁業外収入が得られる仕組みを検討する。また、参加した観光客に対してアンケート等を実施する。
【建網漁業の振興】
○漁協などで構成する安芸水産業改良普及協議会は、建網漁業者の所得向上を図るため、ヒラメの種苗放流に取組む。また、漁業者とともに放流種苗の混獲調査を行い、調査結果に基づいて今後の取り組みの方向性について協議する。
【地域水産業の振興】
○漁業者及び漁協は、安芸市内で開催されるイベントに出展し、地域水産物の地産地消を図る。
【漁業経営体の育成】
○漁協は、新規漁業就業希望者を漁業研修生として積極的に受け入れ、担い手の育成を推進し、将来的な水揚量の増大を図る。
○漁業者及び漁協は漁業研修生と定期的に面談等を行い、漁業研修生が漁業者として定着できるよう支援する。

団体情報


JF・団体名 安芸漁業協同組合
住所 〒784-0020
高知県安芸市西浜3411-1
電話番号 0887-34-1123