高知県|野見地域水産業再生委員会

野見漁業協同組合

取組概要 薄飼いによる高品質魚の生産、イベント等でのPR活動
キーワード 販路開拓
ブランド化
薄飼い
販路 域外流通
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 マダイ
カンパチ
シマアジ
ヒオウギ貝
マガキガイ

浜プランの取組内容

■漁業収入の向上
【養殖協業体による野見産養殖魚の高品質化と知名度向上の取り組み】
○若手養殖業者のグループ化とデータの共有による養殖の効率化
・若手養殖業者が中心となって養殖協業体を結成し、養殖技術の向上とノウハウの蓄積及び情報共有を図る。
・また、地域内の養殖業者に養殖協業体への参加を広く呼び掛け、蓄積した養殖技術の普及と共有を図り、地域全体の養殖技術の底上げを目指す。
○薄飼いによる高品質魚の飼育
・養殖協業体は、これまで野見地区で行われてきていなかった『薄飼い』による飼育に取り組むことで、高品質魚の生産を図り、漁業収入の向上につなげる。
・野見漁協の管理する区画では、就業者の減少により空き漁場が目立つようになっている。養殖協業体は、この漁場を有効活用して生産施設を増設、これにより飼育密度を引き下げ薄飼いを実施する。
・これまで野見地区では薄飼いによる飼育は行われてこなかったため、養殖業者に薄飼いのノウハウがない。そこで、養殖協業体は県の協力も得て薄飼いに関する様々な試験を行い、成長速度、最適密度、外観及び身質の改善効果などのデータを蓄積、最終的に薄飼いマニュアルを作成しこれに基づく飼育を実施する。
○知名度向上と新たな販路開拓の取り組み・養殖協業体は、薄飼いで生産した高品質魚を、新たな野見産養殖魚として、知名度向上や販路の開拓に取り組む。
・養殖協業体は、地元や近隣地域でのイベントに参加し、野見の養殖業及び生産する養殖魚の紹介・PRを実施し、知名度の向上と地産地消の推進に努める。
・これまでの流通は、飼料会社等を通じて卸売市場へ出荷することが主であった。養殖協業体では、薄飼いによって新たに生産する高品質魚を、航空便を活用するなどして高鮮度・高品質の流通に取り組み、販路の獲得を図る。
○新規就業者の確保と指導・養殖協業体が中心となり、地元の未就業の若い人材を発掘するとともに、指導者として新規就業者に対して技術研修を行うことで、担い手の育成を推進し、将来的な地域の水揚量の増加を図る。
・養殖業者及び漁協は漁業研修生と定期的に面談等を行い、漁業研修生が養殖業者として定着できるよう支援する。
【漁場環境保全に関する取り組み】
 野見湾(大谷漁協、野見漁協)の養殖業者で休餌日(毎木、日曜日)を設定し、これを徹底、漁場環境に与える負荷軽減を図る。
【採介漁業の登録制度】
・野見湾周辺では、長太郎貝(ヒオウギガイ)やちゃんばら貝(マガキガイ)といった貝類が生息しており、野見漁協を含む野見湾周辺の5漁協の漁業者が採介漁業を行っている。しかしながら、漁業者以外も漁獲するために漁獲圧が高く、漁獲量が減少している。そのため、採捕にかかる漁業者を登録制とし、漁獲圧の低減を図る。
■漁業コストの削減○セーフティーネット、漁業共済「積立プラス」への加入 漁業者は、漁業経営セーフティーネット構築支援事業、積立プラス等の漁業収入安定対策などを活用し、漁業経営の安定化を図る。
○省燃油活動 漁業者は、省エネエンジンの導入、船底清掃の励行及び出漁時間を早めるなどの減速航行を行うことにより燃油消費量を削減する。
○ハダムシ対策の効率化 カンパチ養殖では、寄生虫であるハダムシを体表から除去するために淡水浴を行っているが、夏場は使用する淡水の溶存酸素量が少なくなるために、除去に十分な時間とされる6分間以上、カンパチを淡水に漬けることができない。淡水に漬ける時間が短いとハダムシの除去が不十分となるため、淡水浴の効果が薄まり、結果的に淡水浴を月2回以上行わざるを得ない状況である。この対策として、淡水中に酸素を供給し、淡水浴の時間を延長させる効果が期待されるファインバブル発生装置を用いて、夏場のハダムシ除去効果の効率を高めることで、淡水浴の総回数を削減する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

■漁業収入の向上
【養殖協業体による野見産養殖魚の高品質化と知名度向上の取り組み】
○若手養殖業者のグループ化とデータの共有による養殖の効率化
・若手養殖業者が中心となって養殖協業体を結成し、養殖技術の向上とノウハウの蓄積及び情報共有を図る。
・また、地域内の養殖業者に養殖協業体への参加を広く呼び掛け、蓄積した養殖技術の普及と共有を図り、地域全体の養殖技術の底上げを目指す。
○薄飼いによる高品質魚の飼育
・養殖協業体は、これまで野見地区で行われてきていなかった『薄飼い』による飼育に取り組むことで、高品質魚の生産を図り、漁業収入の向上につなげる。
・野見漁協の管理する区画では、就業者の減少により空き漁場が目立つようになっている。養殖協業体は、この漁場を有効活用して生産施設を増設、これにより飼育密度を引き下げ薄飼いを実施する。
・これまで野見地区では薄飼いによる飼育は行われてこなかったため、養殖業者に薄飼いのノウハウがない。そこで、養殖協業体は県の協力も得て薄飼いに関する様々な試験を行い、成長速度、最適密度、外観及び身質の改善効果などのデータを蓄積、最終的に薄飼いマニュアルを作成しこれに基づく飼育を実施する。
○知名度向上と新たな販路開拓の取り組み・養殖協業体は、薄飼いで生産した高品質魚を、新たな野見産養殖魚として、知名度向上や販路の開拓に取り組む。
・養殖協業体は、地元や近隣地域でのイベントに参加し、野見の養殖業及び生産する養殖魚の紹介・PRを実施し、知名度の向上と地産地消の推進に努める。
・これまでの流通は、飼料会社等を通じて卸売市場へ出荷することが主であった。養殖協業体では、薄飼いによって新たに生産する高品質魚を、航空便を活用するなどして高鮮度・高品質の流通に取り組み、販路の獲得を図る。
○新規就業者の確保と指導・養殖協業体が中心となり、地元の未就業の若い人材を発掘するとともに、指導者として新規就業者に対して技術研修を行うことで、担い手の育成を推進し、将来的な地域の水揚量の増加を図る。
・養殖業者及び漁協は漁業研修生と定期的に面談等を行い、漁業研修生が養殖業者として定着できるよう支援する。
【漁場環境保全に関する取り組み】
 野見湾(大谷漁協、野見漁協)の養殖業者で休餌日(毎木、日曜日)を設定し、これを徹底、漁場環境に与える負荷軽減を図る。
【採介漁業の登録制度】
・野見湾周辺では、長太郎貝(ヒオウギガイ)やちゃんばら貝(マガキガイ)といった貝類が生息しており、野見漁協を含む野見湾周辺の5漁協の漁業者が採介漁業を行っている。しかしながら、漁業者以外も漁獲するために漁獲圧が高く、漁獲量が減少している。そのため、採捕にかかる漁業者を登録制とし、漁獲圧の低減を図る。
■漁業コストの削減○セーフティーネット、漁業共済「積立プラス」への加入 漁業者は、漁業経営セーフティーネット構築支援事業、積立プラス等の漁業収入安定対策などを活用し、漁業経営の安定化を図る。
○省燃油活動 漁業者は、省エネエンジンの導入、船底清掃の励行及び出漁時間を早めるなどの減速航行を行うことにより燃油消費量を削減する。
○ハダムシ対策の効率化 カンパチ養殖では、寄生虫であるハダムシを体表から除去するために淡水浴を行っているが、夏場は使用する淡水の溶存酸素量が少なくなるために、除去に十分な時間とされる6分間以上、カンパチを淡水に漬けることができない。淡水に漬ける時間が短いとハダムシの除去が不十分となるため、淡水浴の効果が薄まり、結果的に淡水浴を月2回以上行わざるを得ない状況である。この対策として、淡水中に酸素を供給し、淡水浴の時間を延長させる効果が期待されるファインバブル発生装置を用いて、夏場のハダムシ除去効果の効率を高めることで、淡水浴の総回数を削減する。

団体情報


JF・団体名 野見漁業協同組合
住所 〒785-0056
高知県須崎市野見130-3
電話番号 0889-47-0221