佐賀県|屋形石地区地域水産業再生委員会

屋形石漁業協同組合

取組概要 蓄養と直売所の活用による付加価値向上、海藻の加工
キーワード 蓄養
直売所
磯焼け対策
販路 その他
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 ウニ
アワビ
ワカメ
カジメ

浜プランの取組内容

1)蓄養等および直売所の活用による付加価値の向上
小型定置網漁業者は、蓄養筏を活用しながら、出荷調整、活魚出荷、直接販売、ブランド化を進める。これまで、漁獲物は基本的に市場への直接出荷のみであったが、出荷先としてJA 等の直売所が新たに確保できたことから、休市である日曜日にも出荷が可能となった。今後は、蓄養による安定出荷、活き締めや出荷方法の規格化を行い、同一包材の使用、販促資材の作成等によりPR を強化し、採介業者の漁獲物を含めた「朝どれ屋形石水産物(仮称)」として、漁獲物全般のブランド化を強化する。
2)磯焼け対策による漁場機能の回復
採介藻漁業者は、ガンガゼの駆除による漁場機能の改善に取り組む。近年、南方性ウニであるガンガゼが増加し、磯焼けの一因となっている。そこで、ガンガゼの駆除等により、磯焼けを回復させ漁獲量の増加を図る。合わせて、ウニ、アワビ等の種苗放流も実施し、アカウニの標識放流種苗については、玄海水産振興センターと協力し、追跡調査を実施する。
3)海藻の活用による漁業所得の向上
採介藻漁業者は、海藻の活用による所得向上に取り組む。屋形石周辺では、毎年天然ワカメが大量に繁茂するが、これまでは活用してこなかった。このため、天然ワカメの直売による所得の向上を検討する。また、カジメについては、加工販売の強化により、所得向上を図る。
4)後継者・新規就業者対策
関係漁業者、漁協、市及び県は、国の新規就業者支援事業等を活用し、漁家子弟や地域外からの新規就業者の受入体制を整備する。漁業者は新規就業者に対し、技術や知識を伝承する。また、空き家等の住居の斡旋、休漁船の再利用やシェアリング等を検討する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1)蓄養等による付加価値の向上
小型定置網漁業者は、蓄養を活用しながら、出荷調整、活魚出荷、直接販売、ブランド化を検討する。これまで、漁獲物は基本的に市場へ直接出荷を行っている。水揚げの中心となるアオリイカ、ケンサキイカ、メジナ等の魚種については、短期的な蓄養が可能である。蓄養を行うことにより、時化で市場出荷が少ない際に出荷が可能となり、高値が期待できる。また、在庫管理が可能となるため、流通業者等との直接取引も可能となる。このため、小型定置網業者は、蓄養筏の整備を検討する。
また、屋形石の定置網漁獲物は、漁場と市場が近いことや、氷の使用量など取り扱いが丁寧なことから、その品質は他と比較して良好であるものの、これまでPR が弱く、差別化に至らなかった。このため、蓄養による安定出荷、活き締めや出荷方法の規格化を行い、同一包材の使用、販促資材の作成等によりPR を強化し、「朝どれ屋形石定置物(仮称)」として、定置網漁獲物全般のブランド化を検討する。
2)直売所の活用による付加価値向上
小型定置網業者及び採介業者は、直売所の活用による付加価値の向上に取り組む。近年、JA 等の直売所や生産者直売コーナーを併設するスーパーが増加しており、これら直売所等を活用した魚価の向上に取り組む。このため、まずは各直売所等と協議し、出荷先を確保する。
3)磯焼け対策による漁場機能の回復
採介藻漁業者は、ガンガゼの駆除による漁場機能の改善に取り組む。近年、南方性ウニであるガンガゼが増加し、磯焼けの一因となっている。そこで、ガンガゼの駆除等により、磯焼けを回復させ漁獲量の増加を図る。合せて、ウニ、アワビ等の種苗放流も実施する。
4)未利用海藻の活用による漁業所得の向上
採介藻漁業者は、未利用海藻の活用による所得向上に取り組む。屋形石周辺では、毎年天然ワカメが大量に繁茂するが、これまでは活用してこなかった。このため、天然ワカメの加工販売による所得の向上を検討する。まずは塩ワカメの加工技術の習得を行う。
5)後継者・新規就業者対策
関係漁業者、漁協、市及び県は、補助事業も活用し、漁家子弟や地域外からの新規就業者の受入体制を整備する。漁業者は新規就業者に対し、技術や知識を伝承する。また、空き家等の住居の斡旋、休漁船の再利用やシェアリング等を検討する。

団体情報


JF・団体名 屋形石漁業協同組合
住所 〒847-0135
佐賀県唐津市屋形石2985
電話番号 0955-79-0760