長崎県|平戸市漁協地域水産業再生委員会

平戸市漁業協同組合

取組概要 藻場保全など水産資源培養機能の強化による漁場生産力の向上
キーワード 種苗放流
加工品開発
販路 その他
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 イカ
アワビ
ウニ

浜プランの取組内容

① 漁場生産力の向上
・潜水漁業者はガンガゼ駆除回数を年2回(前年1回)に拡大して藻場保全活動を行う
・潜水漁業者は種苗放流(クロアワビ10,000個、アカウニ35,000個)を行う。
・定置及び一本釣漁業者は人工産卵巣(イカ柴20基)を設置する。
・全漁業者は漁獲努力量を自主的に削減する。
(公的規制措置以外の採捕に係る上乗せ規制として休漁日年間10日間を設定する)
定置漁業、いか釣漁業、一本釣漁業、船曳網漁業
・魚類養殖業者は養殖漁場について、底質改善剤を散布し、漁場環境の改善を図る。
② 未利用資源の活用
・潜水漁業者が中心となり漁協の協力を得て、未利用資源であるガンガゼの加工品開発(塩ウニ)の開発に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 漁場生産力の向上
・潜水漁業者はガンガゼ駆除回数を年2回(前年1回)に拡大して藻場保全活動を行う
・潜水漁業者は種苗放流(クロアワビ10,000個、アカウニ35,000個)を行う。
・定置及び一本釣漁業者は人工産卵巣(イカ柴20基)を設置する。
・全漁業者は漁獲努力量を自主的に削減する。
(公的規制措置以外の採捕に係る上乗せ規制として休漁日年間10日間を設定する)
定置漁業、いか釣漁業、一本釣漁業、船曳網漁業
・魚類養殖業者は養殖漁場について、底質改善剤を散布し、漁場環境の改善を図る。
② 未利用資源の活用
・潜水漁業者が中心となり漁協の協力を得て、未利用資源であるガンガゼの加工品開発(塩ウニ)の開発に取り組む。

団体情報


JF・団体名 平戸市漁業協同組合
住所 〒859-5112
長崎県平戸市宮の町655-13
電話番号 0950-22-3133