長崎県|舘浦漁協地域水産業再生委員会

舘浦漁業協同組合

取組概要 規格外サイズのカワハギ(鮮魚出荷低価格)の養殖用活魚出荷
キーワード 加工品開発
種苗放流
養殖用活魚出荷
販路 その他
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 アワビ
カサゴ
サザエ
カワハギ

浜プランの取組内容

① 漁業生産力の向上
・採貝漁業者は藻場再生協議会また漁協と協力しガンガゼ駆除を行う。
加えてクロメの種苗移植も行う。駆除や移植を行った漁場のモニタリングを行い、効果を検証することで追加措置等を検討する。
・採貝漁業者はソフトコーラル(珊瑚の一種)の駆除を並行して実施する。
・採貝漁業者は岩盤清掃後、マフノリの胞子散布を行う。
・採貝漁業者は種苗放流を行う。(アワビ稚貝4千個など)
・定置網、延縄及び一本釣漁業者は漁獲努力量の削減を自主的に行う。
(休漁期設定(定置網)、禁漁区設定(延縄)、体長制限(カサゴ、オニオコゼ、アワビ、サザエ))
・延縄及び一本釣漁業者は年1回海底清掃を実施し、漁具等のゴミを回収する。
・新たに定置網を敷設する。
・定置網漁業、一本釣漁業、採貝漁業、曳網漁業は漁協と連携し、漁業所得就労環境を向上させることに努め、漁業就業フェア等に参加し、漁業を魅力ある業種としてPR し、新規就業者を確保・育成する。
② 水産物の高付加価値化
・定置網等で漁獲された未利用・低価格魚を加工し、学校給食・病院食等に販売し魚食普及に努める。
・急速冷凍庫を活用し規格外の漁獲物をまとめ、適正なロットサイズに仕立てて出荷する。
・定置網で漁獲される規格外サイズのカワハギ(鮮魚出荷低価格)を養殖用として活魚出荷する。
・新たな加工場の建設と、加工用原料としての漁業者の魚の漁協買取りを検討する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 漁場生産力の向上
・採貝漁業者は漁協と協力しつつ、本年度から潜水夫を入れることにより、これまでより広範囲でガンガゼ駆除を行うとともに、新たにクロメ種苗移植を行う。さらに、整備を行った漁場のモニタリングを行い、事業効果を確認することにより追加整備を検討する。
・採貝漁業者はマフノリ増殖活動(岩盤清掃、胞子海水の散布)を行う。
・採貝漁業者は種苗放流を行う(クロアワビ稚貝5,300個)。
・定置網、延縄及び一本釣漁業者は漁獲努力量の削減を自主的に行う。
(禁漁区設定(延縄)、休漁期設定(定置網)、体長制限(カサゴ、オニ
オコゼ))
・延縄及び一本釣漁業者が年1回海底清掃を実施し、海底に溜まった漁網等のゴミを回収する。
② 水産物の高付加価値化
・定置網等で漁獲された未利用魚アイゴ、イスズミ等について、紀州梅製造業者と連携し規格外の梅の梅エキスを用いて身の臭みを除去したフィーレ加工品を開発する。
・定置網で漁獲された規格外サイズのカワハギを養殖用種苗として販売する。この際、ストレスによる斃死等を回避するため、ハンドリングについての工夫・改良を随時行い、事業拡大を推進する。

団体情報


JF・団体名 舘浦漁業協同組合
住所 〒859-5705
長崎県平戸市生月町舘浦107-2
電話番号 0950-53-1515