長崎県|松浦地区地域水産業再生委員会

新松浦漁業協同組合

取組概要 買受業者との取引のIT化、直営食堂の開設、直売イベント拡充
キーワード IT取引
イベント
直売所
販路 その他
取組タイプ 直売所・食堂
魚種 マダイ
アジ
トラフグ
クルマエビ
シラス

浜プランの取組内容

1.魚価向上・収入向上対策
①主要漁業の活・鮮魚出荷方法の改善
・ごち網マダイ等の〆時間改善(出荷前日→当日朝)や、松浦~福岡積み替え~首都圏への輸送時間短縮(約半日)の検討
・定置網アジ等の首都圏向け鮮度保持(冷し込み方法、梱包箱改良)の実証・試験出荷
・IT 取引(LINE 等利用した首都圏販売店等との即時直接受発注)に向けた情報収集
②地元特産物の販売促進
・船曳網シラスの新しい販売方法(イベント開催)、商品化などの検討
③養殖業の収益向上
・マダイ産地協議会による生産性向上、品質統一、新たな販路拡大
・トラフグ産地協議会による品質統一、生産性向上等の検討、実証
④漁協自営事業の強化
・加工場の営業検討(営業職員の補強)、トラフグ加工品等の販路拡大、新商品開発試作
・クルマエビ養殖場(一部休止中)の有効活用・改修方法などの検討(概算設計)
⑤就業者の確保・育成
・新規就業者フェアへの参加、新規就業者の育成支援
・外国人技能実習制度にかかる実態把握、制度の検討
2.資源管理・藻場保全・漁場環境改善等
①種苗放流
・マダイ、ヒラメ、トラフグ、カサゴ、ガザミ、ナマコ、エビ、アワビ等の放流を継続実施
②藻場干潟保全
・水産多面、離島再生事業により各集落・活動組織による磯焼け対策(食害動物駆除など)、干潟保全などを継続実施
③赤潮対策の強化
・「伊万里湾赤潮対策ガイドライン」に基づく監視体制の強化
・網丈の深い生簀など、赤潮被害軽減対策の実証
・防除方法(赤潮発生初期における防除剤の効果的散布など)の改良検討
3.地域一体の取組
①直売の促進
・小底、ごち網ほかの市内の既存直売所への出荷を更に促進
・「水軍祭り」などの既存イベントへの参画に加え、「とらふぐまつり」「アジまつり」など新たなイベントの実施や直営食堂開設などに向けて、漁協女性部、主催者、飲食店、商工会など関係者と協議、先進地視察
②観光業との連携
・地元漁業を観光資源として活用するため、観光協会等と協議、先進地視察
③共同利用施設等の再編
・新星鹿荷捌き施設の改修
・代替フロン対策を推進するため、管内の製氷・冷凍施設の再編計画検討
・漁港の就労環境改善、安全対策、長寿命化、水産基盤の機能保全対策等を検討実施


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○これまでマダイ等の活魚は、水揚げされる夕方に活〆して、翌早朝のセリに出荷されてきた。しかしこれでは、活〆から市場のセリ時間まで約11時間経過しており、魚体が硬直して活〆としての評価に繋がっていなかった。また、これまで漁業者それぞれで、神経締めの有無、魚体サイズごとの仕分け、氷による冷やし込みの程度等、魚の取り扱いが異なっていた。しかしこれでは、丁寧に取り扱われた魚も、扱いの良くない魚と同様に評価されることがある。
そこで、これら現況の問題点、課題を整理した結果を踏まえ、ごち網漁業者、定置網漁業者、一本釣り漁業者は、更なる高鮮度出荷による収入の向上を図るため、次について取り組んでいく。
・これまで夕方に活〆して翌朝出荷していたマダイ等の鮮魚を、出荷3時間前の深夜に活〆することで、高品質高鮮度な鮮魚出荷を実施する。
・これまで漁業者ごとで取扱いが異なっていた、神経締め、殺菌海水の利用、魚体サイズの均一化、氷による冷やし込み等を手法を統一し徹底して実施する。
○松浦市では、船びき網によりシラスが年間30~40トン水揚げされている。地域のシラスを新たな特産品として、市外客の誘客に繋げようとする取組を検討する。また、松浦市は、都会の中学生・高校生の修学旅行生を対象とした民泊体験に、年間約30,000人が訪れている。この集客力を活用し、船曳網漁業者等による漁
業体験、加工体験、魚料理体験等を充実していくことも検討する。
具体的には、船びき網漁業者は、観光業界のニーズにこたえつつ、地元販売量の増加による収入の向上を図るために、次について取り組んでいく。
・市内飲食、宿泊業者で組織する「まつうら海鮮街道実行委員会」と連携し、シラス(生・釜揚・上乾)を食材とした料理提供による消費拡大の取組を実施する。
・全国の優良成功事例として誇る民泊体験交流による市内の集客力を活用し、シラス網漁業体験の拡大、民泊の食事への提供による「松浦は新鮮でおいしいシラスがある」ことの県外PRする取組を実施する。
○養殖業者は、魚価の低迷、餌料価格の高騰など厳しい状況にあり、生産性の向上、経費の削減等に取り組んでいるところである。更に、消費地市場卸売業者との直接取引を検討する。
具体的には、養殖業者は、新たな流通ルートの開拓による中間手数料の縮減による収入の向上を図るために、次について取り組んでいく。
・関係者との調整を図りつつ産地市場や問屋への出荷から、消費地市場への直接出荷を試み、流通の改善を実施する。
○市内には、市が整備した直売所2ヶ所、漁協自営の直売所1ヶ所があり、一定の集客力を有している。また、商工会議所が中心となって、地域住民を対象に「松浦よかばい朝トラ市(軽トラックの荷台を店舗に見立てた朝市)」が月1回開催されている。しかし、漁業者にとって、買取販売、受託販売ともに「売れ残り」の心配から積極的な出荷がなされておらず、これらの集客力を十分に活用できていない。
このため、漁協が間に入り出荷調整や買取することで、漁業者等のリスクを軽減し、定置網漁業者、ごち網漁業者、底びき網漁業者、延縄漁業者、船びき網漁業者、敷網漁業者、刺網漁業者、かご漁業者は、地元消費拡大による収入の向上を図るために、次について取り組んでいく。
・3箇所の地元直売所への出荷を推進し、地元及び観光客の購入を拡大する取組を実施する。
・漁協は新たに、地域住民の集客力が高い「松浦よかばい朝トラ市」に参加し、新鮮な魚を地元に流通させる取組を実施する。

団体情報


JF・団体名 新松浦漁業協同組合
住所 〒859-4301
長崎県松浦市鷹島町阿翁浦免637
電話番号 0955-48-3131