浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

長崎県|松浦地区地域水産業再生委員会

新松浦漁業協同組合

取組概要 買受業者との取引のIT化、直営食堂の開設、直売イベント拡充
キーワードIT取引
イベント
直売所
販路その他
取組タイプ直売所・食堂
魚種 マダイ
アジ
トラフグ
クルマエビ
シラス

浜プランの取組内容

1.魚価向上・収入向上対策
①主要漁業の活・鮮魚出荷方法の改善
・ごち網マダイ等の〆時間改善(出荷前日→当日朝)や、松浦~福岡積み替え~首都圏への輸送時間短縮(約半日)の検討
・定置網アジ等の首都圏向け鮮度保持(冷し込み方法、梱包箱改良)の実証・試験出荷
・IT 取引(LINE 等利用した首都圏販売店等との即時直接受発注)に向けた情報収集
②地元特産物の販売促進
・船曳網シラスの新しい販売方法(イベント開催)、商品化などの検討
③養殖業の収益向上
・マダイ産地協議会による生産性向上、品質統一、新たな販路拡大
・トラフグ産地協議会による品質統一、生産性向上等の検討、実証
④漁協自営事業の強化
・加工場の営業検討(営業職員の補強)、トラフグ加工品等の販路拡大、新商品開発試作
・クルマエビ養殖場(一部休止中)の有効活用・改修方法などの検討(概算設計)
⑤就業者の確保・育成
・新規就業者フェアへの参加、新規就業者の育成支援
・外国人技能実習制度にかかる実態把握、制度の検討
2.資源管理・藻場保全・漁場環境改善等
①種苗放流
・マダイ、ヒラメ、トラフグ、カサゴ、ガザミ、ナマコ、エビ、アワビ等の放流を継続実施
②藻場干潟保全
・水産多面、離島再生事業により各集落・活動組織による磯焼け対策(食害動物駆除など)、干潟保全などを継続実施
③赤潮対策の強化
・「伊万里湾赤潮対策ガイドライン」に基づく監視体制の強化
・網丈の深い生簀など、赤潮被害軽減対策の実証
・防除方法(赤潮発生初期における防除剤の効果的散布など)の改良検討
3.地域一体の取組
①直売の促進
・小底、ごち網ほかの市内の既存直売所への出荷を更に促進
・「水軍祭り」などの既存イベントへの参画に加え、「とらふぐまつり」「アジまつり」など新たなイベントの実施や直営食堂開設などに向けて、漁協女性部、主催者、飲食店、商工会など関係者と協議、先進地視察
②観光業との連携
・地元漁業を観光資源として活用するため、観光協会等と協議、先進地視察
③共同利用施設等の再編
・新星鹿荷捌き施設の改修
・代替フロン対策を推進するため、管内の製氷・冷凍施設の再編計画検討
・漁港の就労環境改善、安全対策、長寿命化、水産基盤の機能保全対策等を検討実施


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 新松浦漁業協同組合
住所 〒859-4301
長崎県松浦市鷹島町阿翁浦免637
電話番号 0955-48-3131