長崎県|長崎以西底曳地域水産業再生委員会

一般社団法人長崎県以西底曳網漁業協会

取組概要 キダイの輸出の検討、販路拡大
キーワード 販路拡大
消費拡大
海外輸出
販路 域外流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 キダイ
アカムツ
マダイ
イカ

浜プランの取組内容

●漁業者は、所属船舶4 組の水揚げ日が重ならないような水揚港への入港輪番体制の徹底により、漁獲物の搬入を分散化して、単価アップを図る。*継続事項
●漁業者は、操業中における所属船舶4 組の漁場情報を共有することにより、効率的な漁撈活動を行い、水揚げ増大を図る。*継続事項
●漁業者は、活魚槽を活用した活魚取扱い量を増やし、漁業収入の増大を図る。
*継続事項
●漁業者は、入港前日漁獲分の特定魚種を高鮮度品として差別化販売し、単価アップを図る。
●漁業者は、総漁獲量の4 割を超えるキダイの単価アップ及び販路拡大を図るため、次の事項に取組む。
*継続事項
a.選別の厳密化、箱立て時氷量の均一化等を徹底する
☆上記により、C級品扱いキダイ(低規格品)1割削減を目指す
b.消費地市場卸売業者(関西)の協力を得て、キダイを取り扱う回転ずし店及び消費地スーパー業者と商談を行う
c.取引のある加工業者と新たな商談を行う
d.長崎魚まつり等のイベントで、販促や料理教室の開催を行う
e.長崎魚市㈱等と協力し輸出を検討する
●漁業者及び長崎県以西底曳網漁業協会(以下、協会)は、長崎蒲鉾水産加工業協同組合と協力し、小型のカナガシラ、ワキヤハタ、カイワリ等安価で取り扱われている魚種の練り製品化に取組む。*継続事項
●漁業者及び協会は、担い手確保のために次の事項を実施する。*継続事項
a.毎年北九州市で開催される九州、沖縄各県の水産系高等学校の教師との意見交換会に参画する
b.九州、沖縄各県の水産系高等学校を訪問の上、教師との意思疎通を図るとともに、生徒への漁業実態の説明及び教師、生徒を主対象とした企業見学を実施する
c.九州、沖縄各県の水産系高等学校で開催される漁業ガイダンスに参画する
*水産系列高等学校からの入社実績は、平成25 年に11 名(現在2 名が乗船中)、平成26 年3 名(現在1 名が乗船中)、平成27 年4 名(現在2 名が乗船中)、平成28 年4 名(現在1 名が乗船中)、平成29 年3 名(現在乗船中なし)、平成30 年4 名(現在4 名が乗船中)
d.航海士、機関士、通信士免状取得のため、若手乗組員を教育機関に派遣する


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

●漁業者は、所属船舶4組の水揚げ日が重ならないよう漁獲物を新長崎漁港に搬入する輪番体制を徹底し、漁獲物の搬入を分散化して、単価アップを図る。*継続事項
●漁業者は、操業中における所属船舶4組の漁獲情報を共有することにより、効率的な漁撈活動を行い、水揚げ増大を図る。 *継続事項
●漁業者は、引き続き活魚槽を活用し活魚での取扱いを増やし漁業収入の増大を図る。 *継続事項
●漁業者は、主力魚種であるキダイの単価アップ及び販路拡大を図るため、次の事項に取組む。 *継続事項
a.箱立て時氷量の均一化、漁獲物規格統一等の徹底により単価アップを図る
b.消費地市場卸売業者(関西)の協力を得て、キダイを取り扱う消費地スーパー業者と販売数量拡大へ向けた商談を行う
c.既存取引先の加工業者への取り扱い数量拡大へ向けた商談を行う
d.長崎魚まつり等のイベントで、キダイの鮮魚特売や、キダイを用いた料理教室を開催する等し、地元消費拡大に向けた取組を行う
e.長崎魚市㈱等と協力し販路拡大策として、仲卸を通じた韓国、台湾への輸出に
取組む
☆上記により、キダイの地元販売価格1箱あたり2,500円以下の製品について、単価200円アップを目指す
●漁業者及び協会は、地元金融機関の6次産業化ファンドを活用し、加工・販売業者との合弁事業の設立を目指す。 *継続事項
●漁業者及び協会は、長崎蒲鉾水産加工業協同組合と協力し、小型のカナガシラ、ワキヤハタ、カイワリ等安価で取り扱われる魚種の練り製品化に取組む。 *継続事項
●漁業者及び協会は、担い手確保の為に次の事項を実施する。 *継続事項
a.九州、沖縄各県の水産系高等学校教師との意見交換会に参画
b.九州、沖縄各県の水産系高等学校を訪問の上、教師との意思疎通を図るとともに、
生徒への漁業実態説明並びに教師、生徒の企業見学を実施
c.航海士、機関士、通信士免状取得のため、若手乗組員を教育機関に派遣する

団体情報


JF・団体名 一般社団法人長崎県以西底曳網漁業協会
住所 〒851-2211
長崎県長崎市京泊3丁目3番1号
電話番号 095-850-4300