熊本県|網田地区地域水産業再生委員会

網田漁業協同組合

取組概要 ノリの品質向上の取組
キーワード 商品開発
自動海苔乾燥機
種苗放流
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ノリ
アサリ
ハマグリ
クルマエビ

浜プランの取組内容

【海苔養殖業】 
海苔生産者は、以下の取組みを行う。
・生産者全員で海苔商社のニーズを把握し、それに合った製品づくり(歯切れの良い、低ロス率)に取り組む。具体的には、勉強会、講習会を開催し、生産者全員がどのうような製品を作れば良いかの共通認識を得て、加工の衛生管理や工法等をルール化して統一実施することにより単価の向上を図る。
・各生産者が加工場の衛生管理(異物混入防止のための製造機器の清掃・点検、点検チェックシートの記録等)を徹底して行い、安全安心な海苔の生産を行う。また、生産者間での品質のばらつきをなくすために、加工時のミンチのサイズの統一や乾燥機の温度管理等を徹底し、海苔の単価向上を図る。
・潮位にあわせた適切な海苔網の高さ管理を徹底し、品質向上に努め、病害の蔓延を防止し、美味しい海苔の生産を目指す。
・県や市、県漁連の協力のもと、定期的に葉体のサンプルを採取し、葉体のチェックを行うことで、葉体の成長や病気の発生を早期に発見し、品質低下を防止する。
・高性能全自動海苔乾燥機や高性能海苔刈取船の導入を推進し、効率的な海苔の生産・加工を行い、生産者単位での生産量の増加を図る。
・他漁業者と協力し、アサリ等二枚貝の増殖に係る取組み(ケアシェルの設置や漁場耕うん等)を積極的に実施し、赤潮発生の原因となるプランクトンの発生を抑制し、海苔の色落ち被害の軽減を図る。
【採貝漁業】
・採貝漁業者は、漁協と策定したアサリ資源管理計画(母貝、稚貝の撒き付け、囲い網によるアサリ保護区の包囲、有害生物の駆除、漁場調査、干潟漁場耕うんによる底質改善、採捕規格、採捕数の制限)に基づき、アサリ資源の回復に取り組む。
・採貝漁業者は、ケアシェル(稚貝着底基質)への稚貝定着率の高い漁場を見極めるために、県や市の指導を受けながら設置箇所毎の効果の検証を行い、稚貝定着率のよい漁場へケアシェルを集中的に設置することにより、効果的なアサリの資源回復を図る。
・採貝漁業者は、アサリ等二枚貝を捕食するナルトビエイ等有害生物を駆除し、アサリ等の資源回復を図る。
・漁協及び採貝漁業者は、アサリ母貝の放流を積極的に行う。また、放流場所を毎年変えて効果を検証するとともに県や市と協力して、放流効果調査等も実施する。更に、資源管理に積極的に取り組むことにより水産資源の増大を図る。
・漁業者自ら漁場耕うんを実施し、漁場環境を改善することで水産資源の増大を図る。すぐに効果は出にくいが、耕うんに使用する用具や耕うん方法等の改良を重ね、より効果的な耕うんを実施する。
【漁船漁業】
・漁協は、現在行っているクルマエビの中間育成及び放流事業等を継続して実施する。生残率の向上を図るため、中間育成施設(囲い網)内の砂を深く掘り、干潮時の稚エビの生息水域を確保する。また、その効果も把握する。
・漁協は、魚の資源管理として、サイズの小さな魚は放流し、適正価格のサイズになるまで捕獲しないように漁業者への指導を徹底する。また、氷の適正な使用や活き締め等鮮度保持やサイズを揃えて出荷する等の漁獲物の取扱手法を統一して、漁業者全員で徹底して行うことにより、漁獲物を高品質化し、魚価の向上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【海苔養殖業】 
海苔生産者は、以下の取組みを行う。
・生産者全員で海苔商社のニーズを把握し、それに合った製品づくり(歯切れの良い、低ロス率)に取り組む。具体的には、勉強会、講習会を開催し、生産者全員がどのうような製品を作れば良いかの共通認識を得て、加工の衛生管理や工法等をルール化して統一実施することにより単価の向上を図る。
・各生産者が加工場の衛生管理(異物混入防止のための製造機器の清掃・点検、点検チェックシートの記録等)を徹底して行い、安全安心な海苔の生産を行う。また、生産者間での品質のばらつきをなくすために、加工時のミンチのサイズの統一や乾燥機の温度管理等を徹底し、海苔の単価向上を図る。
・潮位にあわせた適切な海苔網の高さ管理を徹底し、品質向上に努め、病害の蔓延を防止し、美味しい海苔の生産を目指す。
・県や市、県漁連の協力のもと、定期的に葉体のサンプルを採取し、葉体のチェックを行うことで、葉体の成長や病気の発生を早期に発見し、品質低下を防止する。
・高性能全自動海苔乾燥機や高性能海苔刈取船の導入を推進し、効率的な海苔の生産・加工を行い、生産者単位での生産量の増加を図る。
・他漁業者と協力し、アサリ等二枚貝の増殖に係る取組み(ケアシェルの設置や漁場耕うん等)を積極的に実施し、赤潮発生の原因となるプランクトンの発生を抑制し、海苔の色落ち被害の軽減を図る。
【採貝漁業】
・採貝漁業者は、漁協と策定したアサリ資源管理計画(母貝、稚貝の撒き付け、囲い網によるアサリ保護区の包囲、有害生物の駆除、漁場調査、干潟漁場耕うんによる底質改善、採捕規格、採捕数の制限)に基づき、アサリ資源の回復に取り組む。
・採貝漁業者は、ケアシェル(稚貝着底基質)への稚貝定着率の高い漁場を見極めるために、県や市の指導を受けながら設置箇所毎の効果の検証を行い、稚貝定着率のよい漁場へケアシェルを集中的に設置することにより、効果的なアサリの資源回復を図る。
・採貝漁業者は、アサリ等二枚貝を捕食するナルトビエイ等有害生物を駆除し、アサリ等の資源回復を図る。
・漁協及び採貝漁業者は、アサリ母貝の放流を積極的に行う。また、放流場所を毎年変えて効果を検証するとともに県や市と協力して、放流効果調査等も実施する。更に、資源管理に積極的に取り組むことにより水産資源の増大を図る。
・漁業者自ら漁場耕うんを実施し、漁場環境を改善することで水産資源の増大を図る。すぐに効果は出にくいが、耕うんに使用する用具や耕うん方法等の改良を重ね、より効果的な耕うんを実施する。
【漁船漁業】
・漁協は、現在行っているクルマエビの中間育成及び放流事業等を継続して実施する。生残率の向上を図るため、中間育成施設(囲い網)内の砂を深く掘り、干潮時の稚エビの生息水域を確保する。また、その効果も把握する。
・漁協は、魚の資源管理として、サイズの小さな魚は放流し、適正価格のサイズになるまで捕獲しないように漁業者への指導を徹底する。また、氷の適正な使用や活き締め等鮮度保持やサイズを揃えて出荷する等の漁獲物の取扱手法を統一して、漁業者全員で徹底して行うことにより、漁獲物を高品質化し、魚価の向上を図る。

団体情報


JF・団体名 網田漁業協同組合
住所 〒869-3171
熊本県宇土市長浜町508-5
電話番号 0964-27-0040