熊本県|本渡・五和地区地域水産業再生委員会

天草漁業協同組合(本渡支所)

取組概要 市と連携した水産物直売所
キーワード 加工品開発
直売所
ネットショッピング
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 ヒラメ
クルマエビ
サワラ
トラフグ
ウニ

浜プランの取組内容

1漁場生産力の向上
①漁協及び漁業者は、ヒラメやクルマエビ等の種苗放流を継続し、併せてさらなる放流適地や放流方法の検討を行い、放流効果の向上を図る。
②漁協及び漁業者は、トサカのスポアバック、ヒジキの基盤プレート設置による藻場造成、ウミアザミの駆除を拡大し、海藻の漁獲向上と併せ、水産動物の増殖を図る。
2流通体制の強化及び魚価向上
①漁協は、短期間に集中して水揚げされる天然ワカメを使用した塩蔵ワカメや干しワカメ等の加工品開発に取り組み、新商品は漁協直販所での販売を行う。
②漁協は、現在作成中の漁協ホームページを活用し、四季折々に水揚される商品のPRを行うことと併せ、ネットショップの構築により販路拡大と魚価の向上を図る。
③漁協は、マダコ等の価格が一定以下になった場合には漁協が買取、販売を行うことで魚価を向上させる。
④漁協及び漁業者は、単価の高いサワラ及びトラフグについて漁獲・流通段階の取扱ガイドラインを設け、漁業者は小組合等を組織化して漁獲及び水揚げ時の品質管理を徹底するとともに、漁協は出荷時の品質管理を徹底して魚価向上及びブランド化を図る。
⑤潮流の速い早崎瀬戸で漁獲されたマダイ等は、身が締り良質であるので、漁業者は水揚げ時に、漁協は出荷時に「早崎瀬戸産」の産地表示を行い、他地区との差別化を図る。
⑥漁協は、アカウニ及びムラサキウニを生ウニ又は塩水ウニで出荷しており、ミョウバンを使用せずウニ本来の味を活かしていることをPRして、販路拡大を図る。
⑦漁協は、ブランド化した魚種、市場流通では安価で取り扱われる魚種等について、天草市、熊本県及び県東京事務所の支援を活用して、都市圏の飲食店等への営業活動を行うほか、市や県が行う首都圏での
PRイベント等に参加し、知名度及び魚価の向上を図る。
⑧魚類養殖業者は、熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、認証業者協議会で作成した販促用DVDやシール等を用いて、消費者及び販売店に安心安全な養殖魚をPRすることで消費拡大と魚価向上に努める。
⑨クルマエビ養殖業者は、急速凍結による冷凍クルマエビの商品の自社開発に取り組む。
⑩真珠養殖業者は、貝柱を活用した商品の自社開発に取組む。
⑪漁協及び天草市は、五和町二江に漁協直営レストラン及び直売所等の整備に向け、事前調査等を実施する。
3漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県及び天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②漁協及び漁業者は、所得向上が見込めるアオサ養殖を推進し、所得の向上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1漁場生産力の向上
①漁協及び漁業者は、ヒラメやクルマエビ等の種苗放流を継続し、併せてさらなる放流適地や放流方法の検討を行い、放流効果の向上を図る。
②漁協及び漁業者は、トサカのスポアバック、ヒジキの基盤プレート設置による藻場造成、ウミアザミの駆除を拡大し、海藻の漁獲向上と併せ、水産動物の増殖を図る。
2流通体制の強化及び魚価向上
①漁協は、短期間に集中して水揚げされる天然ワカメを使用した塩蔵ワカメや干しワカメ等の加工品開発に取り組み、新商品は漁協直販所での販売を行う。
②漁協は、現在作成中の漁協ホームページを活用し、四季折々に水揚される商品のPRを行うことと併せ、ネットショップの構築により販路拡大と魚価の向上を図る。
③漁協は、マダコ等の価格が一定以下になった場合には漁協が買取、販売を行うことで魚価を向上させる。
④漁協及び漁業者は、単価の高いサワラ及びトラフグについて漁獲・流通段階の取扱ガイドラインを設け、漁業者は小組合等を組織化して漁獲及び水揚げ時の品質管理を徹底するとともに、漁協は出荷時の品質管理を徹底して魚価向上及びブランド化を図る。
⑤潮流の速い早崎瀬戸で漁獲されたマダイ等は、身が締り良質であるので、漁業者は水揚げ時に、漁協は出荷時に「早崎瀬戸産」の産地表示を行い、他地区との差別化を図る。
⑥漁協は、アカウニ及びムラサキウニを生ウニ又は塩水ウニで出荷しており、ミョウバンを使用せずウニ本来の味を活かしていることをPRして、販路拡大を図る。
⑦漁協は、ブランド化した魚種、市場流通では安価で取り扱われる魚種等について、天草市、熊本県及び県東京事務所の支援を活用して、都市圏の飲食店等への営業活動を行うほか、市や県が行う首都圏での
PRイベント等に参加し、知名度及び魚価の向上を図る。
⑧魚類養殖業者は、熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、認証業者協議会で作成した販促用DVDやシール等を用いて、消費者及び販売店に安心安全な養殖魚をPRすることで消費拡大と魚価向上に努める。
⑨クルマエビ養殖業者は、急速凍結による冷凍クルマエビの商品の自社開発に取り組む。
⑩真珠養殖業者は、貝柱を活用した商品の自社開発に取組む。
⑪漁協及び天草市は、五和町二江に漁協直営レストラン及び直売所等の整備に向け、事前調査等を実施する。
3漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県及び天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②漁協及び漁業者は、所得向上が見込めるアオサ養殖を推進し、所得の向上を図る。

団体情報


JF・団体名 天草漁業協同組合(本渡支所)
住所 〒863-0021
熊本県天草市港町1-29
電話番号 0969-22-5141