熊本県|松尾地区地域水産業再生委員会

松尾漁業協同組合

取組概要 海苔ブランドの強化と販路拡大
キーワード 自動海苔乾燥機
種苗放流
ブランド化
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 ノリ
アサリ

浜プランの取組内容

【海苔養殖業の取り組み】
①商社訪問や入札会視察等を行い市場や消費者の求める製品を把握し、勉強会、海苔生産者会議を随時開催し、生産者全員の意思統一を図り、それに合った製品作り(色、歯切れ、重さ、ロス率等)に取り組み品質向上及び単価向上を図る。
②生産者は、各加工場の衛生管理(異物混入防止と生菌数削減のため製造機器の清掃・点検の実施、加工場衛生点検チェックシートの記録)を徹底し、ロス率ゼロを目標とした安全・安心かつ品質の揃った製品作りを行う。
③海上管理において、水深棒を設置し、潮位に合わせた適切な海苔網の高さ管理を徹底し、酸処理剤使用量の削減と病気の蔓延防止による品質向上を図る。
④行政機関と漁連が実施する定期的な海苔葉体の調査に積極的に協力し、葉体の成長状況や病気発生を早期に発見し、漁協は、その情報を迅速かつ正確に生産者間で共有できる体制を整備し、生産者間で情報共有し、品質低下を防止する。
⑤高性能全自動海苔乾燥機や高性能海苔刈取船(システム船)の導入を
推進し、効率的な生産・加工を行い、生産量の増加を図る。
⑥2つの河川河口域に位置する支柱漁場では、淡水の影響によるノリ幼葉の
流失被害を受けやすいことから、淡水と海水の撹拌が促進されるように支柱柵を設置する。それにより葉体の流失による生産量減少を抑え、支柱漁場製品の生産量の増加を図り、単価向上を図る。
⑦松尾漁協のブランド海苔「推奨(すいしょう)」の採苗(陸上採苗施設で統一種の種付けを行う)⇒育苗⇒摘採⇒加工まで生産者全員で一貫した共同管理体制をとり、製品の統一化を図る。また、イベント等に出展しブランド海苔をPRし、松尾地区の認知度向上と販路拡大を図る。
【採貝漁業及び網漁業の取り組み】
①水流式耕耘機を用い、漁場耕耘による低質改善を図り、稚貝の成長促進(竹シバの設置)、有害生物(ナルトビエイ、ツメタガイ等)の駆除、生物移植等によるアサリ資源回復を図る。
また、随時実施する漁場調査結果に基づきながら、漁場改善に取り組む。
②行政機関が実施している種苗放流(ヒラメ・クルマエビ・ガザミ)に積極的に協力し水産生物の資源量の回復に努める。シバの設置)、有害生物(ナルトビエイ、ツメタガイ等)の駆除、生物移植等によるアサリ資源回復を図る。
また、随時実施する漁場調査結果に基づきながら、漁場改善に取り組む。
②行政機関が実施している種苗放流(ヒラメ・クルマエビ・ガザミ)に積極的に協力し水産生物の資源量の回復に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【海苔養殖業の取り組み】
①商社訪問や入札会視察等を行い市場や消費者の求める製品を把握し、勉強会、海苔生産者会議を随時開催し、生産者全員の意思統一を図り、それに合った製品作り(色、歯切れ、重さ、ロス率等)に取り組み品質向上及び単価向上を図る。
②生産者は、各加工場の衛生管理(異物混入防止と生菌数削減のため製造機器の清掃・点検の実施、加工場衛生点検チェックシートの記録)を徹底し、ロス率ゼロを目標とした安全・安心かつ品質の揃った製品作りを行う。
③海上管理において、水深棒を設置し、潮位に合わせた適切な海苔網の高さ管理を徹底し、酸処理剤使用量の削減と病気の蔓延防止による品質向上を図る。
④行政機関と漁連が実施する定期的な海苔葉体の調査に積極的に協力し、葉体の成長状況や病気発生を早期に発見し、漁協は、その情報を迅速かつ正確に生産者間で共有できる体制を整備し、生産者間で情報共有し、品質低下を防止する。
⑤高性能全自動海苔乾燥機や高性能海苔刈取船(システム船)の導入を
推進し、効率的な生産・加工を行い、生産量の増加を図る。
⑥2つの河川河口域に位置する支柱漁場では、淡水の影響によるノリ幼葉の
流失被害を受けやすいことから、淡水と海水の撹拌が促進されるように支柱柵を設置する。それにより葉体の流失による生産量減少を抑え、支柱漁場製品の生産量の増加を図り、単価向上を図る。
⑦松尾漁協のブランド海苔「推奨(すいしょう)」の採苗(陸上採苗施設で統一種の種付けを行う)⇒育苗⇒摘採⇒加工まで生産者全員で一貫した共同管理体制をとり、製品の統一化を図る。また、イベント等に出展しブランド海苔をPRし、松尾地区の認知度向上と販路拡大を図る。
【採貝漁業及び網漁業の取り組み】
①水流式耕耘機を用い、漁場耕耘による低質改善を図り、稚貝の成長促進(竹シバの設置)、有害生物(ナルトビエイ、ツメタガイ等)の駆除、生物移植等によるアサリ資源回復を図る。
また、随時実施する漁場調査結果に基づきながら、漁場改善に取り組む。
②行政機関が実施している種苗放流(ヒラメ・クルマエビ・ガザミ)に積極的に協力し水産生物の資源量の回復に努める。シバの設置)、有害生物(ナルトビエイ、ツメタガイ等)の駆除、生物移植等によるアサリ資源回復を図る。
また、随時実施する漁場調査結果に基づきながら、漁場改善に取り組む。
②行政機関が実施している種苗放流(ヒラメ・クルマエビ・ガザミ)に積極的に協力し水産生物の資源量の回復に努める。

団体情報


JF・団体名 松尾漁業協同組合
住所 〒861-5288
熊本県熊本市西区西松尾町4411
電話番号 096-329-7052