熊本県|熊本県海水養殖地域水産業再生委員会

熊本県海水養殖漁業協同組合

取組概要 ワンランク上の養殖・品質・流通管理
キーワード 商品開発
輸出
ブランド化
販路 域外流通
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 マダイ
ブリ
トラフグ
シマアジ
ヒラメ

浜プランの取組内容

1.品質向上対策の徹底
①養殖業者は、適正給餌や飼育管理を徹底し、高品質の魚を安定生産する。
②漁協は、フィッシュポンプを導入して、フィッシュスタンナ-(電気ショック)やブリ〆機と連動させることでストレスをかけずに活き〆処理を行うとともに、シルクアイスを用いて短時間冷却を行い、フィレ等の加工品の品質向上を図る。
2.生産・販売体制の構築・販路拡大
①養殖業者及び漁協は、ブリ・マダイについて、通年安定出荷に対応できるように各養殖業者の生産計画を調整し、新たな販売先を開拓する。
②養殖業者は、量販店プライベートブランドに対応した養殖を推進し、量販店向け販売の拡大を図る。
③養殖業者及び漁協は、ASC認証(注1)の取得に向けて、ワンランク上の養殖・品質・流通の管理を目指す。
3.商品開発
①漁協は、供給過多時にも養殖業者から安定的に養殖魚を買い取れるように、スキンレスロイン等の冷凍商品の開発や販売を推進する。
②漁協は、養殖業者から少しでも高値で買い取りができるように生産しているブリ・マダイ等の加工端材を活用したあら炊き等のレトルト商品、真子缶詰に加え、新たなレトルト商品の開発を行う。
③養殖業者及び漁協は、柑橘ブリ等のフルーツ魚の生産、販売に取り組む。
4.海外市場の開拓
①漁協は、TPP関連国(ベトナム、アメリカ、カナダ、オーストラリア)及びアジア諸国(香港、シンガポール、台湾、中国、タイ、韓国)に対し各国の業務用卸業者向けの販売に注力して、鮮度および品質にこだわった生鮮品での販売を計画し、輸出拡大や新規輸出先の開拓を下記目標(※熊本県海水養殖漁協の海外輸出計画目標値)で取り組む。
○品目別 輸出目標数量(トン)
・ブリ 67.4(トン)
・マダイ 29.0(トン)
・シマアジ 18.0(トン)
・カンパチ 3.2(トン)
・マグロ 1.0(トン)
平成29年度合計 103.2(トン)
②漁協と養殖業者は、海外向け国内商社との商談の他、商社と現地へ赴いての営業、現地有名飲食店の料理長やマネージャーを招いて漁場視察や養殖魚のプロモーションを行い、新規輸出先の開拓に努める。
5.消費拡大
①養殖業者と漁協は、子供や一般市民向けの養殖漁場・加工場見学会を実施し、水産業に対する理解を深める場を提供するとともに、学校給食とも連携した魚捌き方教室等を開催し、魚食普及を図る。
②養殖業者と漁協は、各種イベントにおいて養殖魚(加工品)の試食・販売、パンフレットの配布を行い、養殖魚のイメージ向上、消費拡大を図る。
③養殖業者と漁協は、熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、消費者及び販売店に安全安心な養殖魚をPRすることで消費拡大と魚価向上に努める。
6.漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県、上天草市及び天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②養殖業者は、洗浄ロボット等の省力化機器の導入推進により漁業労働環境を改善し、若手漁業者の確保に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.品質向上対策の徹底
①養殖業者は、適正給餌や飼育管理を徹底し、高品質の魚を安定生産する。
②漁協は、フィッシュポンプを導入して、フィッシュスタンナ-(電気ショック)やブリ〆機と連動させることでストレスをかけずに活き〆処理を行うとともに、シルクアイスを用いて短時間冷却を行い、フィレ等の加工品の品質向上を図る。
2.生産・販売体制の構築・販路拡大
①養殖業者及び漁協は、ブリ・マダイについて、通年安定出荷に対応できるように各養殖業者の生産計画を調整し、新たな販売先を開拓する。
②養殖業者は、量販店プライベートブランドに対応した養殖を推進し、量販店向け販売の拡大を図る。
③養殖業者及び漁協は、ASC認証(注1)の取得に向けて、ワンランク上の養殖・品質・流通の管理を目指す。
3.商品開発
①漁協は、供給過多時にも養殖業者から安定的に養殖魚を買い取れるように、スキンレスロイン等の冷凍商品の開発や販売を推進する。
②漁協は、養殖業者から少しでも高値で買い取りができるように生産しているブリ・マダイ等の加工端材を活用したあら炊き等のレトルト商品、真子缶詰に加え、新たなレトルト商品の開発を行う。
③養殖業者及び漁協は、柑橘ブリ等のフルーツ魚の生産、販売に取り組む。
4.海外市場の開拓
①漁協は、TPP関連国(ベトナム、アメリカ、カナダ、オーストラリア)及びアジア諸国(香港、シンガポール、台湾、中国、タイ、韓国)に対し各国の業務用卸業者向けの販売に注力して、鮮度および品質にこだわった生鮮品での販売を計画し、輸出拡大や新規輸出先の開拓を下記目標(※熊本県海水養殖漁協の海外輸出計画目標値)で取り組む。
○品目別 輸出目標数量(トン)
・ブリ 67.4(トン)
・マダイ 29.0(トン)
・シマアジ 18.0(トン)
・カンパチ 3.2(トン)
・マグロ 1.0(トン)
平成29年度合計 103.2(トン)
②漁協と養殖業者は、海外向け国内商社との商談の他、商社と現地へ赴いての営業、現地有名飲食店の料理長やマネージャーを招いて漁場視察や養殖魚のプロモーションを行い、新規輸出先の開拓に努める。
5.消費拡大
①養殖業者と漁協は、子供や一般市民向けの養殖漁場・加工場見学会を実施し、水産業に対する理解を深める場を提供するとともに、学校給食とも連携した魚捌き方教室等を開催し、魚食普及を図る。
②養殖業者と漁協は、各種イベントにおいて養殖魚(加工品)の試食・販売、パンフレットの配布を行い、養殖魚のイメージ向上、消費拡大を図る。
③養殖業者と漁協は、熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、消費者及び販売店に安全安心な養殖魚をPRすることで消費拡大と魚価向上に努める。
6.漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県、上天草市及び天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②養殖業者は、洗浄ロボット等の省力化機器の導入推進により漁業労働環境を改善し、若手漁業者の確保に努める。

団体情報


JF・団体名 熊本県海水養殖漁業協同組合
住所 〒863-1901
熊本県天草市牛深町3465
電話番号 0969-72-1221