熊本県|天草西海地区地域水産業再生委員会

天草漁業協同組合(天草町支所)

取組概要 水産物を「天草底曳日帰りもん!」としてPR
キーワード 低・未利用魚
新商品開発
観光連携
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 アジ
アイゴ
タイ
ヒオウギ貝
タコ

浜プランの取組内容

1 流通体制の改善、水産物の高付加価値化
(1)漁船漁業:漁協を中心に各漁業者が一体となって協力し、次の取組みを推進する。
①手繰網漁業者:本地区の小型機船底曳網は漁場が近いことに加え、1回の曳き網時間が短いことから魚体が傷つきにくい。また、漁獲直後の選別時にパーチを施すなど、魚体の変色防止にも力を入れている。このような取り組みを活かし、鮮度の良い漁獲物を「天草底曳日帰りもん!」ブランドとして確立し、ポスターを市場等へ配布してPRし、魚価の向上を図る。
また、廃棄していた10㎝未満の小型魚などを加工原料として活用する。
②一本釣り漁業者:ブランドアジである「あまくさアジ」及び「﨑津アジ」の出荷箱の改良や活魚での出荷、加えて出荷規格の検討を行い、併せて市場や飲食店へのPRをさらに推進し、魚価の向上を図る。
③全漁業者:未利用資源のアイゴ等の加工品や養殖用餌料として活用する方法を検討する。
(2)養殖業者:漁協を中心に各漁業者が協力して次の取組みを推進する。
①熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、消費者及び販売店に安心安全な養殖魚をPR(販売店関係者との意見交換、店頭販売の実施等)することで消費拡大と魚価向上に努める。
②魚類養殖業者が有する種苗生産施設を活用し、海藻の種苗生産技術開発に取り組む。
③ギフトシーズンに集中していた加工販売品について、定量的な出荷が見込めるスーパーや飲食店にも販路を拡大し、販売量の増加を図る。
④真珠養殖に関し、生残が良くて高品質の真珠を産出する母貝の系群を探求するとともに、一部しか市場に出荷されていなかった貝柱の販路拡大に取り組む。
⑤ヒオウギ貝養殖に関し、冷凍商品及び真空パック商品の開発に取組み、周年出荷体制の構築と販路拡大を図る。
(3)観光資源等の活用:漁協を中心に各漁業者が一体となって協力し、次の取組みを推進する。
①「天草の﨑津集落」が世界遺産に登録されると観光客の増加が見込まれる﨑津地区に、平成
28年3月に整備した漁協直売所での地元水産物のPR、観光客への直接販売等により、消費拡大と魚価向上を図る。
②観光業者等と連携して羊角湾クルーズを実施し、漁村の魅力向上と観光客への水産物販売の増加により、所得の向上を図る。
③天草町支所女性部は、魚食普及活動(料理教室の開催、H25年に作成した「天草お魚カルタ」を活用したPRイベントの開催等)を推進し、水産物の消費拡大を図る。
2 漁場生産力の向上
①漁協及び漁業者は、マダイ20,000尾、アワビ7,000個、タイワンガザミ50,000尾の種苗放流、イカ産卵用柴130本の設置を継続することと併せ、さらなる放流や設置箇所の適地等の検討を行い、効果の向上を図る。
また、自主的に全長20cm以下のヒラメ等は再放流し、資源保護と市場価格の向上に努める。
②漁協及び漁業者は、食用藻類の育成だけでなく、イセエビの棲み処や稚仔魚の育成場となる藻場について、ワカメのスポアバック設置、クロメ・ホンダワラの母藻投入、ウニフェンスの設置及びウニ駆除等により保護・拡充することと併せ、自主的にイセエビ禁漁区を設定し、水産資源の保護と培養を図る。
3 新規就業者の確保・育成
①漁協及び漁業者は、漁業後継者不足や高齢化に対応するため、天草市及び熊本県と連携し、漁業研修制度や漁業就業支援フェア等を活用して、新規就業者の確保・育成を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 流通体制の改善、水産物の高付加価値化
(1)漁船漁業:漁協を中心に各漁業者が一体となって協力し、次の取組みを推進する。
①手繰網漁業者:本地区の小型機船底曳網は漁場が近いことに加え、1回の曳き網時間が短いことから魚体が傷つきにくい。また、漁獲直後の選別時にパーチを施すなど、魚体の変色防止にも力を入れている。このような取り組みを活かし、鮮度の良い漁獲物を「天草底曳日帰りもん!」ブランドとして確立し、ポスターを市場等へ配布してPRし、魚価の向上を図る。
また、廃棄していた10㎝未満の小型魚などを加工原料として活用する。
②一本釣り漁業者:ブランドアジである「あまくさアジ」及び「﨑津アジ」の出荷箱の改良や活魚での出荷、加えて出荷規格の検討を行い、併せて市場や飲食店へのPRをさらに推進し、魚価の向上を図る。
③全漁業者:未利用資源のアイゴ等の加工品や養殖用餌料として活用する方法を検討する。
(2)養殖業者:漁協を中心に各漁業者が協力して次の取組みを推進する。
①熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、消費者及び販売店に安心安全な養殖魚をPR(販売店関係者との意見交換、店頭販売の実施等)することで消費拡大と魚価向上に努める。
②魚類養殖業者が有する種苗生産施設を活用し、海藻の種苗生産技術開発に取り組む。
③ギフトシーズンに集中していた加工販売品について、定量的な出荷が見込めるスーパーや飲食店にも販路を拡大し、販売量の増加を図る。
④真珠養殖に関し、生残が良くて高品質の真珠を産出する母貝の系群を探求するとともに、一部しか市場に出荷されていなかった貝柱の販路拡大に取り組む。
⑤ヒオウギ貝養殖に関し、冷凍商品及び真空パック商品の開発に取組み、周年出荷体制の構築と販路拡大を図る。
(3)観光資源等の活用:漁協を中心に各漁業者が一体となって協力し、次の取組みを推進する。
①「天草の﨑津集落」が世界遺産に登録されると観光客の増加が見込まれる﨑津地区に、平成
28年3月に整備した漁協直売所での地元水産物のPR、観光客への直接販売等により、消費拡大と魚価向上を図る。
②観光業者等と連携して羊角湾クルーズを実施し、漁村の魅力向上と観光客への水産物販売の増加により、所得の向上を図る。
③天草町支所女性部は、魚食普及活動(料理教室の開催、H25年に作成した「天草お魚カルタ」を活用したPRイベントの開催等)を推進し、水産物の消費拡大を図る。
2 漁場生産力の向上
①漁協及び漁業者は、マダイ20,000尾、アワビ7,000個、タイワンガザミ50,000尾の種苗放流、イカ産卵用柴130本の設置を継続することと併せ、さらなる放流や設置箇所の適地等の検討を行い、効果の向上を図る。
また、自主的に全長20cm以下のヒラメ等は再放流し、資源保護と市場価格の向上に努める。
②漁協及び漁業者は、食用藻類の育成だけでなく、イセエビの棲み処や稚仔魚の育成場となる藻場について、ワカメのスポアバック設置、クロメ・ホンダワラの母藻投入、ウニフェンスの設置及びウニ駆除等により保護・拡充することと併せ、自主的にイセエビ禁漁区を設定し、水産資源の保護と培養を図る。
3 新規就業者の確保・育成
①漁協及び漁業者は、漁業後継者不足や高齢化に対応するため、天草市及び熊本県と連携し、漁業研修制度や漁業就業支援フェア等を活用して、新規就業者の確保・育成を図る。

団体情報


JF・団体名 天草漁業協同組合(天草町支所)
住所 〒863-2801
熊本県天草市天草町大江7480-5
電話番号 0969-42-5211