大分県|佐伯地区地域水産業再生委員会 佐伯地区作業部会

大分県漁業協同組合(佐伯地区)

取組概要 養殖魚「かぼすヒラメ」のブランド化、カキ養殖の拡大、ハモの活魚出荷強化
キーワード かぼすヒラメ
ブランド化
加工施設の整備
販路 その他
取組タイプ ブランド化
魚種 ヒラメ
ハモ
カキ
ヒラマサ
シラス

浜プランの取組内容

①種苗放流
養殖漁業者を除く全漁業者は、マダイ・イサキ・カサゴ・クルマエビ・アワビ類・サザエなどの高単価で取引される魚種について種苗の放流を継続的に実施するとともに、採捕に関しては体長制限を実施することで資源の維持を図り、漁獲量の向上を目指す。
中でもクルマエビ種苗の放流を行っている小型底曳漁業者は、生残率を高めるために、囲い網と被せ網を使用した馴致放流を行う。馴致期間中は給餌等を行うことで共食いを防止し、十分な馴致後に囲い網の裾上げを行い放流する。合わせて、放流前には近海の海底耕耘を実施することで、漁場環境改善にも努める。
②漁場の拡大
潜水漁業者は、漁場の拡大及び種苗放流時の隠れ場(生息場)造成のため、プレート魚礁の設置を継続的に実施することで、漁場環境を改善し、漁獲量の向上を目指す。
また、水産多面的機能発揮対策事業を使用した藻場保全活動により、海藻を食べてしまう食害生物の除去等を実施する。
③鮮度保持による付加価値の向上
延縄漁業者は、関西方面を中心に高い評価を得ている「佐伯のハモ」の活魚としての出荷を拡大・強化するため、スチロールの中に小型空気ポンプを設置した活かし箱での出荷を継続・拡大し、活魚としての出荷体制を確立させていく。
④共同利用施設の整備
船曳漁業者が漁獲するシラス等の加工施設は地元にはほとんどないため、遠方の加工施設を有する市場に水揚げしている。地元に加工施設を建設することにより、輸送時間が大幅に短縮され、鮮度向上による単価の上昇や燃油コスト削減が可能となるため、加工場の建設に向けた検討・施設の設計を漁協と船曳漁業者が連携し進める。
⑤養殖魚のブランド化
養殖(陸上)漁業者は大分県特産の「かぼす」を餌料に加え一定手法の下で育てた「かぼすヒラメ」を中心とした養殖魚のブランド化に継続して取組み、付加価値の向上を目指す。養殖(海面)漁業者も同様の手法で育てる「かぼすブリ・かぼすヒラマサ」を中心に養殖魚のブランド化を検討する。
また漁協青年部活動等において、上記ブランド魚を使用した料理教室等を実施し、各方面へのPR を実施し、消費者へのブランドの浸透を図る。
⑥牡蠣類養殖の推進
養殖(牡蠣類)漁業者は、100 万個生産の実現を目指すために新たな区画の免許申請を行う。既存の区画では新たに15 万個増産を行えるように漁場の整理を行い、50 万個生産に向け取組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①養殖魚のブランド化 
養殖漁業者5経営体は大分県特産の「かぼす」を餌料に加え一定手法の下で育てた養殖ぶり(かぼすブリ)に積極的に取り組み、生産量・出荷量の増加を目指す。
②鮮度保持による付加価値の向上 
はえなわ漁業者12名では、関西方面で高い評価を得ている「佐伯のハモ」の出荷方法として、スチロールの中に小型空気ポンプを設置した「生かし箱」を使用することで、活魚としての出荷体制を強化・充実し、現状から1割程度の出荷数量の増加(取扱数量7割を生かし箱出荷)を図る。
また、傷ついて出荷できなかったハモなどは、漁協に蓄養水槽を設け一定量のストックを保持することのできる体制をつくり、地元加工場処理施設へ販売し、学校給食や病院食などの二次加工品とすることにより、魚価の向上を目指す。
③種苗放流事業 
養殖漁業者を除く全漁業者は、マダイ、カサゴ、トラフグ、マコガレイ等の高単価で取引される種苗放流を継続的に実施するとともに、体長制限することで資源管理の維持を図り、漁獲量の向上を目指す。 
底曳き漁業者11名は、クルマエビ種苗を放流をする際のより効果的な方法として、食害対策として囲い網を設置するほか給餌による中間育成を行い資源の増大に努める。 また漁業者自らが海底清掃を計画的に実施することで漁場環境の改善に努める。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合(佐伯地区)
住所 〒876-0801
大分県佐伯市葛港17-1
電話番号 0972-22-0034