大分県|東国東地域水産業再生委員会

大分県漁業協同組合(武蔵支店)

取組概要 カキ養殖を総合的に担う新法人を設立し増産
キーワード 築堤式養殖
直販所
地域おこし協力隊
販路 その他
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 カキ
ヒジキ
タコ
タチウオ
ワカメ

浜プランの取組内容

・漁業者は漁協と協力して、マコガレイやヒラメ、カサゴ、マダイなどの種苗を、県等が東国東海域に造成した着定基質の近隣など種苗の生活史に合致した最適な場所で放流する。また、クルマエビについては、放流時に「囲い網」等を用いた馴化放流を行うなど、効果的な増殖を行う。このほか、水産資源の適切な管理を定めた資源管理計画を遵守することにより、水産資源の適切な管理を促進する。
・漁業者は漁協とともに、ヒジキ資源の増大を図るため、藻場の保全活動を行うとともに、生息地域の拡大のため着底基質の投入や母藻移植を実施する。
併せて、市及び県とともにヒジキの繁殖に適した人工藻場の造成を検討する。
また、漁業者は、グループを組織して海面を活用した延縄方式での小規模ヒジキ養殖に取組む。加えて、漁獲量の増大に応じてヒジキの干場に使用する漁港背後地の整備を行う。
・漁業者で組織する漁業法人と地元種苗生産法人が連携し、平成27年度から取り組んでいる東国東沖の海域特性を活かしたカキ養殖に関し、築堤式養殖場と地先海域を利用した養殖技術の向上により生産量増大を目指す。加えて、出荷量の増大を見据え、カキの種苗生産から出荷までを総合的に担う新法人(2社)の設立を検討する。また、販売増大のため、地域おこし協力隊制度の活用によるPR活動を行う。
・現状水揚げされたまま出荷しているワカメについて、漁協及び漁業者は水産加工会社と連携して一次加工(茹、天日干など)の研究を開始する。
・漁協及び漁業者は、漁協直販所「銀たちの郷」を積極的に活用し、なるべく市場を通さず鮮魚や加工品を直接販売することで所得向上に取組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

・漁業者有志グループは、地場の特性を活かした新たな養殖業(カキ養殖)を立ち上げ、漁業の複合的経営により漁業収入を向上させる。本年度は、地場のカキ人工種苗(シングルシード)生産事業者と連携し、現在使用していない静穏性の高い築堤式養殖場を活用し、地先を利用した効率的・安定的なカキ生産を試行する。
・漁業者は漁協とともに、ヒジキ資源の増大を図るため、積極的なヒジキの養成方法について検討する。
・たこ壺漁業者は、国東半島東沖(伊予灘)で漁獲されるマダコのなかでも、安価で取り引きされている足切れタコについて、小ロットでの出荷等、消費ニーズを踏まえた販路拡大・単価向上の取組みを検討する
・漁業者は漁協と協力して、カレイ類やカサゴ類を、県等が東国東海域に造成した着定基質の近隣で放流し、より効果的な増殖を行う。また、設定した資源管理規定を遵守することにより、的確な資源管理を行う。
・一本釣り漁業者は、近年減少しているタチウオ資源について、産卵期の保護のための休漁や小型魚の再放流等の自主的な資源管理を行う。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合(武蔵支店)
住所 〒873-0412
大分県国東市武蔵町古市400-35
電話番号 0978-68-1131