大分県|日出地域水産業再生委員会

大分県漁業協同組合(日出支店)

取組概要 ハモの流通改善
キーワード 鮮魚出荷
種苗放流
朝市
販路 その他
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ハモ
イカ
エビ
シラス
カタクチイワシ

浜プランの取組内容

1)朝市の活用  漁協は、市場で毎朝行われる朝市への来客数が市場セリ値にも影響を与えている現状を踏まえ、朝市への集客力向上策について仲買業者、行政と三者協力体制を構築し、協議を開始する。また、一般家庭では魚の処理に生じる生ゴミを敬遠する傾向が強いことから、朝市の捌き所が購入者の希望に応じて有料で魚をおろす等の処理をして家庭内での生ゴミを減らす等のサービスを充実することやその周知方法について検討を開始する。
2)ハモの活用  底びき網漁業者は、漁獲量の安定しているハモの流通改善と名産化を目的として「ハモ部会」を平成24年に発足させた。このハモ部会は以下の取り組みを行いハモの付加価値向上による漁業収入向上を目指す。
①流通改善 
ハモ部会は、現在行っている築地市場への出荷を引き続き行う。築地市場の関係者から荷の評価を関係者に確認し、必要に応じ市場ニーズに応えた出荷の方法の改善に取り組む。 ハモ部会は、町内外の量販店や料飲店に営業を行い、販路及び消費拡大を図る。
②PR 
ハモ部会は「日出はも祭り」の開催や町産業祭など各種イベントに積極的に参加し、ハモ加工品等を販売するなどハモの知名度向上を図る。 
③協議会 
漁協及びハモ部会は、ハモの名産化や町内の消費拡大を一層推進することを目指し、その推進母体として、料飲店や行政なども参画するハモ協議会の設立について関係者と協議するとともに、町内関係機関へ協議会への参画を要請す
る。
3)水産資源の増大
①マコガレイの大型種苗の導入
漁業者は町と協力し、マコガレイの種苗放流効果を高めるため現行の5㎝サイズの種苗から10cmサイズの大型種苗への転換を目指し、10㎝サイズの種苗の生産技術の開発に取り組む。大型種苗の生産方法については、県の普及指導員や水産試験場等にも協力・指導を仰ぐ。
今年度は5cmサイズを生産している中間育成施設を活用して長期飼育(陸上飼育)を行い、飼育密度や餌料について検討して大型種苗を生産する。
②生息環境の整備
漁業者は町が生産したアマモ人工種苗を町内3カ所の地先に移植した藻場造成に取り組んだ結果、26年度でアマモ場の造成面積が目標に達する予定である。
漁業者は町と協力して造成したアマモ場には上記マコガレイ大型種苗を標識放流し、県水試等関係機関と協力して効果調査を行う。
③資源保護
漁業者は、大型種苗を放流したアマモ場について、放流種苗の保護・育成のため、新たに禁漁区・禁漁期間の設定について協議する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1)朝市の活用  漁協は、市場で毎朝行われる朝市への来客数が市場セリ値にも影響を与えている現状を踏まえ、朝市への集客力向上策について仲買業者、行政と三者協力体制を構築し、協議を開始する。また、一般家庭では魚の処理に生じる生ゴミを敬遠する傾向が強いことから、朝市の捌き所が購入者の希望に応じて有料で魚をおろす等の処理をして家庭内での生ゴミを減らす等のサービスを充実することやその周知方法について検討を開始する。
2)ハモの活用  底びき網漁業者は、漁獲量の安定しているハモの流通改善と名産化を目的として「ハモ部会」を平成24年に発足させた。このハモ部会は以下の取り組みを行いハモの付加価値向上による漁業収入向上を目指す。
①流通改善 
ハモ部会は、現在行っている築地市場への出荷を引き続き行う。築地市場の関係者から荷の評価を関係者に確認し、必要に応じ市場ニーズに応えた出荷の方法の改善に取り組む。 ハモ部会は、町内外の量販店や料飲店に営業を行い、販路及び消費拡大を図る。
②PR 
ハモ部会は「日出はも祭り」の開催や町産業祭など各種イベントに積極的に参加し、ハモ加工品等を販売するなどハモの知名度向上を図る。 
③協議会 
漁協及びハモ部会は、ハモの名産化や町内の消費拡大を一層推進することを目指し、その推進母体として、料飲店や行政なども参画するハモ協議会の設立について関係者と協議するとともに、町内関係機関へ協議会への参画を要請す
る。
3)水産資源の増大
①マコガレイの大型種苗の導入
漁業者は町と協力し、マコガレイの種苗放流効果を高めるため現行の5㎝サイズの種苗から10cmサイズの大型種苗への転換を目指し、10㎝サイズの種苗の生産技術の開発に取り組む。大型種苗の生産方法については、県の普及指導員や水産試験場等にも協力・指導を仰ぐ。
今年度は5cmサイズを生産している中間育成施設を活用して長期飼育(陸上飼育)を行い、飼育密度や餌料について検討して大型種苗を生産する。
②生息環境の整備
漁業者は町が生産したアマモ人工種苗を町内3カ所の地先に移植した藻場造成に取り組んだ結果、26年度でアマモ場の造成面積が目標に達する予定である。
漁業者は町と協力して造成したアマモ場には上記マコガレイ大型種苗を標識放流し、県水試等関係機関と協力して効果調査を行う。
③資源保護
漁業者は、大型種苗を放流したアマモ場について、放流種苗の保護・育成のため、新たに禁漁区・禁漁期間の設定について協議する。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合(日出支店)
住所 〒879-1506
大分県速見郡日出町大字大神5418
電話番号 0977-72-2051