鹿児島県|名瀬地区地域水産業再生委員会

名瀬漁業協同組合

取組概要 魚食普及活動や製氷機整備
キーワード 加工品開発
島外出荷の拡大
PR活動
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 マチ
カツオ
マグロ
スジアラ
イセエビ

浜プランの取組内容

①水揚げ料増加のための各種取り組み
以下の取り組みにより水揚げ料を各年0.2%増加させることを見込む。
・漁協及び生産組合は、農林水産物輸送コスト支援事業、水産物流通支援事業を活用し、島外への出荷拡大による所得向上を図る。
・漁協は、セリ参入権を拡大することで島内出荷を促進し魚価の向上を図る。
・漁協は、セリ場等の衛生環境改善策を検討する。
・漁業者は、種苗放流や藻場の造成に取り組み、漁場の再生を図る。
また、他地区の取り組みについて情報収集を行う。
・漁協は、老朽化した製氷機を整備するため、基地周辺対策施設整備事業等へ要望書を提出する。
・漁協は観光客のセリ場見学を受け入れ、その際に漁業者が加工品の販売等を行うことで所得の向上を目指す。
②生産組合の製氷機整備
・生産組合は、シャーベット氷の製氷機を整備し、島外出荷する水産物の鮮度を向上させることで、マグロ・カツオの魚価を各年0.2%増加させる。
・生産組合は、製氷機整備により刺身商材の使用期限が延長され、出漁不能時の直売所の営業可能日数が増えることにより、直売所の販売額を4%向上させる。
③魚食普及活動による所得の向上
・漁業者は、簡易食堂兼加工施設を活用し、定期的な魚食普及活動と加工品の開発・販売を行い、地産水産物買い取りと販売促進による魚価の向上と作業賃金による所得向上を図る。
魚価の向上の実績については、①に含まれるものとする。
また、施設の認知度向上のため積極的な広報活動行いながら、運営に当たる問題点とその解決策を検討し、経営状況の改善を図る。
④新規就業者確保
・漁協は、新規漁業者確保のための各種補助事業を活用し、就業者の確保と就業継続支援を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

〇漁協女性部が中心となり各漁業者が協力して低利用魚や未利用部位の加工品の開発(クロタチカマス等の低利用魚を活用した魚肉まん、キハダマグロの胃袋を活用したモツ煮、味噌和え(レトルト食品))を行う。これらの加工品や鮮魚のイベント販売を毎月1回以上行うとともに、鹿児島や沖縄行きの定期船フェリー内や空港内における委託販売など販路開拓を進める。→漁業世帯の加工品製造・販売活動の増加による所得向上を目指す。
〇漁協女性部が中心となり各漁業者が協力して、水産加工品のイベント販売時においての食べ方の説明や、小中学校や一般市民を対象とした料理教室を行い、魚食普及に努める。また、漁協は市とともに、学校給食に地魚を使ったメニューを推奨する。→名瀬漁協女性部は、漁獲物(イカ類、カツオ、マグロ類)を買い取り、H26年度に市補助事業(奄美市紡ぐきょらの郷づくり事業)により整備した魚食普及施設で、地魚料理の提供や料理教室の開催を積極的に行うこと等で、その魚価の単価を5年後に2%まで向上させる。
○漁協は、漁業者とともに、漁獲物を高鮮度化し、付加価値向上を図るための製氷施設等の整備を検討する。〇漁業の現場で長期研修等を実施し、減少しつつある新規漁業就業者の確保・育成を推進することにより、地域水揚げ量の維持を目指す

団体情報


JF・団体名 名瀬漁業協同組合
住所 〒894-0026
鹿児島県奄美市名瀬港町11-7
電話番号 0997-52-5321