鹿児島県|瀬戸内地区地域水産業再生委員会

瀬戸内漁業協同組合

取組概要 直販店・食堂の運営強化、低未利用魚の加工品開発
キーワード 漁協直売所
低・未利用魚
インターネット販売
販路 その他
取組タイプ 直売所・食堂
魚種 マグロ
イセエビ
アオリイカ
イスズミ
ヤコウ貝

浜プランの取組内容

①直販店の運営強化
漁協は,世界遺産登録に向けた観光客の増加を踏まえ,直販店の店舗やメニューの検討などを⾏うとともに,インターネット等による広報に努める。
また,インターネットを利⽤した加⼯品販売等,新たな販売形態について検討する他,物産展を利⽤し都市部での新たな販路拡⼤を図る。
これらの取り組みにより直販店の需要を増やし,市場⼊札時の漁獲物の買い⽀えを⾏う。
②低未利⽤資源の加⼯への活⽤
漁協は,漁協⼥性部を中⼼に低未利⽤⿂(テングハギモドキ、イスズミ等)を使⽤して加⼯品を試作し商品化を検討する。
③アオリイカの漁法導⼊
漁業者は,⾼齢化により漁業者が減少したアオリイカ⽬的の漁法を,現地研修により導⼊する。
④新規就業者対策
漁協と漁業者は,漁業就業者確保・育成対策事業を活⽤し新規漁業者を積極的に受け⼊れ、地域の活性化を図るとともに、新規就業者特別対策交付⾦の活⽤を推進し、新規漁業者の定着を図る。
⑤⽔産資源の増⼤
漁業者は,離島漁業再⽣⽀援交付⾦等を活⽤し、スジアラ等の放流を⾏い,漁獲量の増⼤を図るとともに,稚⿂や稚ウニ等の餌場・育成場・産卵場所となる藻場造成を⾏う。またシラヒゲウニやヤコウガイについては種苗⽣産試験を⾏う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①魚価の向上
●漁協は、これまで漁協直販店においては、主に鮮魚類のみの販売を行ってきたが、新たに農産物や農産加工品、水産加工品等の受託販売を取り入れるなどして品目数を増やし集客数の増大を図る。これにより直販店での鮮魚の取り扱い量を基準年に比べ約3.0(A)トン増加させることを目指す。
②低未利用資源の活用
●漁協青年部、漁業者、婦人部は一体となって、低未利用資源の消費の増大を図るため、マグロの胃袋を使用したチャンジャ、マグロの心臓やシイラの西京漬け等の商品開発及びレシピの作成に取り組む。
●漁協は、補助事業を活用して漁協直販店に加工機材を整備する。漁業者等と漁協は、連携して上記のうち商品化可能となった加工品を製造し、直販店で販売に取り組む。
これら、低未利用資源の高付加価値化によって、生産物の買い取り価格を上昇させることで、基準年より0.5%(F)の漁業収入の向上を実現する。
③販路拡大
●漁協は、素潜り漁業者と連携して、イセエビ類などの沖縄の市場調査を行うとともに、それに伴う最適な輸送方法の検証などを行い、出荷体制を整え、2年目より収益の向上に反映させる。
④新規漁業者の積極的な受け入れ
●漁協及びかつお一本釣り漁業者は、漁業就業支援フェア等に参加し、新規就業者の受け入れを促す。
⑤水産資源の増大
●漁業者は、漁協、瀬戸内町等と連携して資源の減少が懸念されているスジアラ等の放流を行う。
●漁協及び漁業集落は、簡易型魚礁を設置して、アオリイカの産卵場や放流対象魚の育成場の整備を行う。
●漁協及び漁業者は、藻場の減少に伴ないイセエビ類幼生の付着物が減りイセエビ資源の減少が懸念されることから、イセエビ類幼生の付着物確保のため人工海藻(藻じゃ藻じゃ等)を設置して効果の検証を行う。

団体情報


JF・団体名 瀬戸内漁業協同組合
住所 〒894-1506
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋字船津38
電話番号 09977-2-1135