鹿児島県|与論地区地域水産業再生委員会

与論町漁業協同組合

取組概要 未利用資源を活用した加工品開発
キーワード 低・未利用魚
加工品開発
ブルーツーリズム
販路 域外流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 タチウオ
アオダイ
キンメダイ
マグロ
ソデイカ

浜プランの取組内容

● 今まで島外出荷される漁獲物の箱詰めにおいてサイズの不揃いと、魚箱への詰め過ぎや粒の粗い氷の使用等による腹切れ(特にタチウオ等)による魚価の下落がある事が市場視察で判明した為、今後、漁協職員がサイズの均一化、魚箱への詰め過ぎの改善や、粒の粗い氷の対策として漁協が小型の砕氷機を導入し粒を細かくし出荷用として活用していくことで魚価の向上が出来ることを漁業者に周知させながら職員と漁業者が一体となり出荷方法の改善と鮮度維持の改善を行い魚価の向上を目指す。(別紙 1)
● 漁協は、島外出荷を鹿児島、沖縄出荷に限らず新たな出荷先を開拓し魚価の向上を目指す。(例えば、沖縄の仲卸業者を介し、マグロ類・カジキ類を福岡、関西、関東などで高値取引される市場へ送る。但し、数値目標に換算しない。)
● ソデイカ漁業者が改革型漁船等による収益性改善の実証事業を導入し漁業収益性の向上を目指す。
● 漁協が、荷捌施設内の陸上蓄養施設用生簀の数を増やし、素潜り漁業者が水揚するイセエビ類、夜光貝、サザエなど蓄養可能なものを蓄養し市場の価格動向を漁協職員が見ながら出荷調整を行い、高価格での取引を可能にし魚価の向上を目指す。(別紙1)
● 老朽化と維持管理費の増大、売上の低迷により閉鎖していた加工・販売施設は、今までは漁協職員が片手間で営業していたため稼働率も悪く商品の品ぞろえが出来なかった事や集客のための宣伝もなかった事などを踏まえ、平成27年5月に結成された漁協女性部が女性部の目線による新たな発想の転換で加工品を充実させ漁協職員、女性部、漁業者が連携しアイデアを出し合いながら漁業収入の向上を目指す。
また、専門的な開発については、公的機関の水産技術開発センターや鹿児島大学及び加工業者などと連携し漁協女性部が中心となり開発に携わっていく。
● 漁協女性部は、未利用資源(アイザメ類、ケンザメ、ツマリトビウオ等、ソデイカの耳、ムラサキイカなど)を利用し塩干品やすり身にして蒲鉾、つき揚げなどの加工品の開発を行うとともに、ソデイカ、トビウオ、もずくなどの主要魚種に加えシイラ、シビ、サワラ、カマスなどの更なる加工品開発を進めながら、お中元、お歳暮の贈答用なども商品化して漁業収入向上を目指していく。(別紙2,3,4)
● 漁業者が水揚するサワラ、シビ等は朝の水揚げ量次第で値崩れすることから、新鮮で死後硬直前の魚を漁協職員が選別加工しブライン凍結機で急速冷凍して、鹿児島大学が推し進めるATPブランドとして、漁協が販売し魚価の安定と単価の向上を目指す。
● 漁協及び漁業者は、奄美群島まるごとブルーツーリズム事業(県補助)を活用し 修学旅行生の漁業体験受入を促進し漁業収入の向上を目指す。
● 漁協は、補助事業を活用して新規就業者の確保を目指す。(期間中2名)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

● 今まで島外出荷される漁獲物の箱詰めにおいてサイズの不揃いと、魚箱への詰め過ぎや粒の粗い氷の使用等による腹切れ(特にタチウオ等)による魚価の下落がある事が市場視察で判明した為、今後、漁協職員がサイズの均一化、魚箱への詰め過ぎの改善や、粒の粗い氷の対策として漁協が小型の砕氷機を導入し粒を細かくし出荷用として活用していくことで魚価の向上が出来ることを漁業者に周知させながら職員と漁業者が一体となり出荷方法の改善と鮮度維持の改善を行い魚価の向上を目指す。(別紙 1)
● 漁協は、島外出荷を鹿児島、沖縄出荷に限らず新たな出荷先を開拓し魚価の向上を目指す。(例えば、沖縄の仲卸業者を介し、マグロ類・カジキ類を福岡、関西、関東などで高値取引される市場へ送る。但し、数値目標に換算しない。)
● ソデイカ漁業者が改革型漁船等による収益性改善の実証事業を導入し漁業収益性の向上を目指す。
● 漁協が、荷捌施設内の陸上蓄養施設用生簀の数を増やし、素潜り漁業者が水揚するイセエビ類、夜光貝、サザエなど蓄養可能なものを蓄養し市場の価格動向を漁協職員が見ながら出荷調整を行い、高価格での取引を可能にし魚価の向上を目指す。(別紙1)
● 老朽化と維持管理費の増大、売上の低迷により閉鎖していた加工・販売施設は、今までは漁協職員が片手間で営業していたため稼働率も悪く商品の品ぞろえが出来なかった事や集客のための宣伝もなかった事などを踏まえ、平成27年5月に結成された漁協女性部が女性部の目線による新たな発想の転換で加工品を充実させ漁協職員、女性部、漁業者が連携しアイデアを出し合いながら漁業収入の向上を目指す。
また、専門的な開発については、公的機関の水産技術開発センターや鹿児島大学及び加工業者などと連携し漁協女性部が中心となり開発に携わっていく。
● 漁協女性部は、未利用資源(アイザメ類、ケンザメ、ツマリトビウオ等、ソデイカの耳、ムラサキイカなど)を利用し塩干品やすり身にして蒲鉾、つき揚げなどの加工品の開発を行うとともに、ソデイカ、トビウオ、もずくなどの主要魚種に加えシイラ、シビ、サワラ、カマスなどの更なる加工品開発を進めながら、お中元、お歳暮の贈答用なども商品化して漁業収入向上を目指していく。(別紙2,3,4)
● 漁業者が水揚するサワラ、シビ等は朝の水揚げ量次第で値崩れすることから、新鮮で死後硬直前の魚を漁協職員が選別加工しブライン凍結機で急速冷凍して、鹿児島大学が推し進めるATPブランドとして、漁協が販売し魚価の安定と単価の向上を目指す。
● 漁協及び漁業者は、奄美群島まるごとブルーツーリズム事業(県補助)を活用し 修学旅行生の漁業体験受入を促進し漁業収入の向上を目指す。
● 漁協は、補助事業を活用して新規就業者の確保を目指す。(期間中2名)

団体情報


JF・団体名 与論町漁業協同組合
住所 〒891-9301
鹿児島県大島郡与論町茶花241-4
電話番号 0997-97-2221