鹿児島県|とくのしま地区地域水産業再生委員会

とくのしま漁業協同組合

取組概要 加工グループを組織し販売を強化
キーワード 船上活け締め
加工品開発
料理教室
販路 その他
取組タイプ 新商品開発
魚種 マグロ
サワラ
タイ
カツオ
ソデイカ

浜プランの取組内容

① 魚価の向上
天城地区では天城町が新たに補助事業を活用して加工場を備えた直販施設を整備する。漁業者と漁協は、これまで取り組んできた魚の即売会を発展させて、低利用となっていて魚価が安い地魚を中心に販売していく体制を構築していく。
伊仙地区では農林水産物直売所「百菜」における地魚の取扱量が少ないため、漁業集落や漁協が直売所と連携を強化し、試食販売会等の宣伝イベントを共同開催しながら低利用になっている地魚の販売に努める。
徳之島地区では漁業者や漁協が農林水産物直売施設「徳之島市場」と連携を強化し、同施設の鮮魚販売や食堂を継続しながら、これまでに開発した低利用となっているソデイカゲソ等を利用した学校給食メニューを中心に、低利用魚の納入増加を目指す。
漁業者がマチ類を中心に船上での活〆を行い、漁獲物に対して適切な量の氷の使用に努め、鹿児島市場等に共同出荷を行うことで魚価を向上させる。
② 水産加工品開発及び販売
天城地区では新たに町が漁協の建物跡に加工施設を整備し、漁業集落が加工グループを組織して、新たにトビイカ、サワラ、シビ等の加工品開発に取り組むために視察研修や加工品の試作を行う。
伊仙地区では新たに漁業集落が加工グループを組織し、大量漁獲されるシビ(キハダ)やサワラを活用した加工品開発を行うために視察研修や試作を行う。
徳之島地区では「徳之島市場」が漁業者や漁協と連携して、引き続きソデイカゲソやヤコウガイ等の加工品開発を進め、販売を強化する。
③ 島内消費の拡大
漁業者は、引き続き島内における魚食普及を図るために、離島漁業再生支援交付金事業を活用して、お魚祭りや小中学校における魚のさばき方教室を開催する。
④ 島外出荷の拡大
徳之島地区の一本釣り漁業者は、新たに船上でアオダイやチビキ等の活〆を行い、引き続き魚価の安定した沖縄県泊市場と鹿児島市場への共同出荷を行い、これを活かして出荷量を増加させる。
天城地区と伊仙地区では漁業集落が鹿児島市や沖縄県等の新たな市場調査を行い、最適な輸送方法や鮮度保持等の技術等の検証を行い、地区外や島外に向けた出荷体制を検討する。
⑤ 漁場生産力の向上
各地区の漁業者は、離島漁業再生支援交付金事業を活用して取り組んでいる種苗放流、藻場の造成、イカ柴設置等の整備を継続して実施する。
⑥ 魚礁漁場の活用(浮魚礁等人工魚礁漁場の活用、漁具漁法の改善)
漁業者は広域漁場整備事業により平成
27年度に整備された、魚礁漁場を有効活用して水揚げ量の増加や操業の効率化を図る。
漁業者は、離島漁業再生支援交付金事業を活用して沿岸に浮魚礁を設置し、操業を効率化させながら、浮き魚類の水揚げ増大を図る。
⑦ 新規就業者対策
漁協は、新規就業者対策の補助事業等を活用し、新規就業者を受け入れる体制を構築する。また、漁業者は漁業集落活動を通じて新規就業者対策が定着するような支援策を検討し、実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 魚価の向上
天城地区では天城町が新たに補助事業を活用して加工場を備えた直販施設を整備する。漁業者と漁協は、これまで取り組んできた魚の即売会を発展させて、低利用となっていて魚価が安い地魚を中心に販売していく体制を構築していく。
伊仙地区では農林水産物直売所「百菜」における地魚の取扱量が少ないため、漁業集落や漁協が直売所と連携を強化し、試食販売会等の宣伝イベントを共同開催しながら低利用になっている地魚の販売に努める。
徳之島地区では漁業者や漁協が農林水産物直売施設「徳之島市場」と連携を強化し、同施設の鮮魚販売や食堂を継続しながら、これまでに開発した低利用となっているソデイカゲソ等を利用した学校給食メニューを中心に、低利用魚の納入増加を目指す。
漁業者がマチ類を中心に船上での活〆を行い、漁獲物に対して適切な量の氷の使用に努め、鹿児島市場等に共同出荷を行うことで魚価を向上させる。
② 水産加工品開発及び販売
天城地区では新たに町が漁協の建物跡に加工施設を整備し、漁業集落が加工グループを組織して、新たにトビイカ、サワラ、シビ等の加工品開発に取り組むために視察研修や加工品の試作を行う。
伊仙地区では新たに漁業集落が加工グループを組織し、大量漁獲されるシビ(キハダ)やサワラを活用した加工品開発を行うために視察研修や試作を行う。
徳之島地区では「徳之島市場」が漁業者や漁協と連携して、引き続きソデイカゲソやヤコウガイ等の加工品開発を進め、販売を強化する。
③ 島内消費の拡大
漁業者は、引き続き島内における魚食普及を図るために、離島漁業再生支援交付金事業を活用して、お魚祭りや小中学校における魚のさばき方教室を開催する。
④ 島外出荷の拡大
徳之島地区の一本釣り漁業者は、新たに船上でアオダイやチビキ等の活〆を行い、引き続き魚価の安定した沖縄県泊市場と鹿児島市場への共同出荷を行い、これを活かして出荷量を増加させる。
天城地区と伊仙地区では漁業集落が鹿児島市や沖縄県等の新たな市場調査を行い、最適な輸送方法や鮮度保持等の技術等の検証を行い、地区外や島外に向けた出荷体制を検討する。
⑤ 漁場生産力の向上
各地区の漁業者は、離島漁業再生支援交付金事業を活用して取り組んでいる種苗放流、藻場の造成、イカ柴設置等の整備を継続して実施する。
⑥ 魚礁漁場の活用(浮魚礁等人工魚礁漁場の活用、漁具漁法の改善)
漁業者は広域漁場整備事業により平成
27年度に整備された、魚礁漁場を有効活用して水揚げ量の増加や操業の効率化を図る。
漁業者は、離島漁業再生支援交付金事業を活用して沿岸に浮魚礁を設置し、操業を効率化させながら、浮き魚類の水揚げ増大を図る。
⑦ 新規就業者対策
漁協は、新規就業者対策の補助事業等を活用し、新規就業者を受け入れる体制を構築する。また、漁業者は漁業集落活動を通じて新規就業者対策が定着するような支援策を検討し、実施する。

団体情報


JF・団体名 とくのしま漁業協同組合
住所 〒891-7101
鹿児島県大島郡徳之島町亀津7428
電話番号 0997-82-0791