鹿児島県|いちき串木野地域水産業再生委員会

市来町漁業協同組合

取組概要 直売所ネットワークを活用した地域水産物の販売強化
キーワード 直売所・食堂
活魚出荷
地魚の加工
販路 域内流通
取組タイプ 直売所・食堂
魚種 マグロ
サメ
マダイ
ヒラメ
アオリイカ

浜プランの取組内容

1 資源の増大と漁場環境保全の取り組み
・漁業者及び漁協は、水産資源の回復・増加を図るため、県及び市に増殖礁等の設置及び漁場の造成を要望し、漁場を整備する。
・漁業者及び漁協は、マダイ、ヒラメ等の種苗放流を計画的に行い、水産資源の回復・増大を図る。
・漁業者及び漁協は、アオリイカやコウイカの産卵用のイカシバの設置に取り組み、産卵状況や産卵場所の把握に努める。
・漁業者及び漁協は、アマモ場造成による藻場造成やウニ駆除を行うことにより、藻場の造成を行い、漁業生産量の増大を図る。
・漁業者及び漁協は、海岸の漂着物や堆積物を処理し、水域環境を保全することにより、水産資源の回復・増加を図る。
2 付加価値向上や販路拡大等による魚価向上の取り組み
・漁業者及び漁協は、水産物直売所において年2 回各漁協相互の水産物販売等により、地域水産物のPRと販路拡大に取り組む。
・漁業者及び漁協は、いちき串木野市内の親子を対象とした魚のさばき方教室を開催する。
・串木野市漁協は、直営「海鮮まぐろ家」の増築をし、団体客等を対象とした集客力向上を図る。
・関係漁協及び市は、低利用魚・漁具被害のあるサメ類の有効活用・商品販売促進のため、機能性分析や販促会を開催する。
・漁協及び市は、魚価向上のため、水産物の集荷集約にあたり、課題整理、調査・研究を行う。
・串木野市漁協は製氷施設用フォークリフトの整備計画を策定・要望し、市内水産物の品質保持推進を図る。
3 後継者の確保の取り組み
・漁協及び漁業者は、市や県と連携して漁業就業支援・漁業体験等の担い手育成事業を実施し、漁業担い手の確保を図る。
・漁協及び漁業者は、漁業就業希望者への就業情報や漁業情報の提供、県の「かごしま漁業学校」による漁業の基礎的研修や漁業の実践的研修へ参加を呼びかける等により、将来の漁業生産を担う意欲的な人材を確保し、育成を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.資源の増大と漁場環境保全の取り組み
・漁業者及び漁協は、水産資源の回復・増加を図るため、県及び市に増殖礁の設置及び漁場の造成を要望し、漁場を整備する。
・漁業者及び漁協は、マダイ、ヒラメ等の種苗放流を計画的に行い、水産資源の回復・増大を図る。
・漁業者及び漁協は、アマモ場造成による藻場造成やウニ駆除を行うことにより、藻場の造成を行い、漁業生産量の増大を図る。
・漁業者及び漁協は、海岸の漂着物や堆積物を処理し、水域環境を保全することにより、水産資源の回復・増加を図る。
2.付加価値向上や販路拡大等による魚価向上の取り組み
・漁業者及び漁協は、平成21年度に発足した西薩地区のいちき串木野市、日置市の漁協等が運営する水産物直売施設等により構成される「西薩おさかな海道ネットワーク」内の水産物直売所において相互の水産物を販売する等により、地域水産物のPRと販路拡大に取り組む。
・漁協及び漁業者は、県と市と共同で釣獲魚への食害被害を及ぼすサメを加工原料とした商品開発に取り組むことにより、水揚げ向上とサメ資源の有効活用を図る。
・漁協及び漁業者は、水揚げの効率化と市場の活性化による所得の向上を図るため、市来町漁協の直販所「市来えびす市場」に食堂を増設すべく、国、県及び市に食堂増設の整備を要望する。
3.後継者の確保の取り組み
・漁協及び漁業者は、市や県と連携して漁業就業支援・漁業体験等の担い手育成事業を実施し、漁業担い手の確保を図る。
・漁協及び漁業者は、漁業就業希望者への就業情報や漁業情報の提供、県の「ザ・漁師塾」による漁業の基礎的研修や漁業の実践的研修へ参加を呼びかける等により、将来の漁業生産を担う意欲的な人材を確保し、育成を図る。

団体情報


JF・団体名 市来町漁業協同組合
住所 〒899-2101
鹿児島県いちき串木野市湊町1-103
電話番号 0996-36-2009