鹿児島県|東町漁協地域水産業再生委員会

東町漁業協同組合

取組概要 ICT利用のブリ養殖管理システム運用、海外輸出の拡大
キーワード 輸出
人工種苗
低・未利用魚
販路 その他
取組タイプ 輸出
魚種 ブリ
マダイ
マダコ
ハモ
アワビ

浜プランの取組内容

(魚類養殖)
・養殖業者は、ICTを利用した養殖管理システム入力の熟知に努め、管理内容を漁協と共有する。漁協は養殖管理システムの問題点を抽出しつつ、需要に合わせた計画的な販売を行い、販売価格の向上と安定化を図る。
・養殖業者は、ブリ人工種苗を利用することにより、早期出荷の魚体安定を図る。
・漁協は、海外市場調査・開拓を進め、養殖業者は海外ニーズに対応した製品づくりを行うことで、海外輸出量の増加を図る。
・養殖業者は、適切な頻度での生簀網を洗浄し疾病の早期対策を行うとともに、中層を利用した養殖施設準備を図る。
・漁協は、ブリ人工種苗の利用や加工処理技術の高度化による付加価値向上を図り、魚価を向上させる。
(海藻養殖)
・養殖業者は、共雑物を選別除去し、品質管理を徹底し、販売額の向上を図る。
・漁協は、JFAのEC販売等で販売単価の向上に努めるほか、育成不漁の原因を抽出する。
(漁船漁業)
・漁業者は、製品品質の安定化や選別の厳格化を行い、漁協は、集荷方法を高度化等することにより品質を向上させることで総販売額の向上を図る。
・漁協は、未利用魚や低価格魚の加工販売を行うことで付加価値向上を図り、販売額を向上させる。
・漁協は、漁業者や系列販売会社であるJFAと共に総合的なブランド化を図ることで、販路の拡大や販売価格の安定化を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

(魚類養殖)
・東町漁協では養殖業者が生産したブリを買い取って販売る。 養殖業者は放養尾数を遵守するなど計画的に生産し、漁協は取引先との商談等を通じて需要情報の積極的な入手に努め、その情報を基に需要に合わせた計画的な販売を行うことにより販売価格の安定化に努める。
・漁協はブリの輸出量増加に向けて、アジアを中心に展示会等で積極的にPRし、海外市場調査・開拓を進める。
・養殖業者はブリ人工種苗を利用することにより、生産履歴が明らかで安心安全な魚を求める海外のニーズに対応した製品づくりに努め、海外輸出量の増加を図る。
・漁協はブリ人工種苗の利用や加工処理技術の高度化(真空技術の更なる進歩)による付加価値向上を図り、魚価の向上に努める。
・養殖業者は適切な頻度での生簀網の洗浄や疾病の早期対策を行うことにより、稚魚導入から出荷までの生存率の向上に努める。
(漁船漁業)
・漁協は未利用魚や低価格魚の加工販売を行い魚価の向上を図るため、商品案やPRの方法の検討をする。
・漁協は漁業者や系列販売会社である(株)JFAと共に総合的なブランド化を図ることで販路の拡大や販売価格の安定化に努める。
・漁業者はアオサの製品品質の安定化や混入物の除去を徹底して選別を厳格化し、漁協は集荷方法を高度化することにより品質を向上させる。これにより上等品の割合を増やし、下等品の割合を減らすことで販売額の13%向上を図り所得を増やす。

団体情報


JF・団体名 東町漁業協同組合
住所 〒899-1401
鹿児島県出水郡長島町鷹巣1769-1
電話番号 0996-86-1200