鹿児島県|南種子地区地域水産業再生委員会

南種子町漁業協同組合

取組概要 航空便による首都圏への出荷
キーワード 漁協直売所
販路拡大
新規漁業者の確保
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 アオダイ
メダイ
カンパチ
メアジ
ブリ

浜プランの取組内容

1.漁業収入の向上対策
① 魚価向上
・南種子町漁協と組合員が協力して,ナノバブル,神経締め等の鮮度保持技術を習得実施し,鮮魚の品質向上を図り,漁協全体で取り組む事で,島内外市場・消費者の信頼を得て南種子町漁協の特選水産物「南漁ブランド」を創出する。
・南種子町漁協が,漁協直売所「天空のパラダイス」を販売拠点として,組合員の水産物を高値で買取り,直接販売することで,魚価の向上を図る。
・構成員と南種子町漁協が協力して,ブライン凍結技術を用いた高鮮度冷凍加工品,未利用魚や低価値の水産物を原料とした加工品を開発し,新たな付加価値向上を図る。
② 販路拡大
・構成員と南種子町漁協が協力して,首都圏市場において高値が期待できる航空便による朝獲れ鮮魚の販路を開拓する。
・南種子町漁協は,漁協直売所「天空のパラダイス」を拠点として,高齢化や地方交通事情により食料等の購入が困難となっているいわゆる「買い物難民」のニー
ズに応じた水産物等の宅配等の移動販売,島外の消費者への通信販売を実施する。
・南種子町漁協は鹿児島県漁業協同組合連合会と協力し,主要な出荷先である鹿児島市中央卸売市場魚類市場が平成33 年度までに進めている市場再整備に伴う活魚取扱い量の増加,コールドチェーン・高度衛生管理の確立,通い容器の導入を早期に検討し,卸売市場のニーズに素早く対応する。
・南種子町漁協は,南種子町内にある国内唯一の実用衛星打ち上げ基地からのロケット打ち上げ増加により多くの入込客が見込まれる観光客,修学旅行客に向け,農林水,商工観光,教育機関と一体となった水産物PR,魚食普及活動,ブルーツーリズムを実施し,南種子町産水産物ファンの増加を図る。
③ 新規事業,新規漁業就業者の確保等
・南種子町漁協は組合員と協力し,鹿児島県ブリ養殖を支えるモジャコ中間育成基地として重要な役割を担っている島間港中間育成海面の機能を強化し,海外輸出向け養殖ブリのための人工種苗をはじめとする養殖種苗中間育成に係る新規事業を実施する。
・南種子町漁協は組合員と協力し,漁家子弟や南種子町の豊かな自然・風土に魅了されて移住する若者達などのUJIターン者を,新たな水産業の担い手として確保育成する。
・組合員及び南種子町漁協は協力し,将来を担う意欲ある中核的漁業者が必要とする,経営における競争力強化のための漁船を取得する。
2.漁業コストの削減
① 燃油高騰への対応
・構成員は南種子町漁協と協力して,船底掃除,省エネ航行の実施を徹底する。
・構成員は南種子町漁協と協力して,省エネエンジンの導入を推進し,燃油コストの削減を図る。
② 輸送コストの軽減
・南種子町漁協と組合員が協力して,共同出荷による保冷コンテナ,運搬船の有効活用による輸送コストの削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁業収入の向上対策
① 魚価向上
・南種子町漁協と組合員が協力して,ナノバブル,神経締め等の鮮度保持技術を習得実施し,鮮魚の品質向上を図り,漁協全体で取り組む事で,島内外市場・消費者の信頼を得て南種子町漁協の特選水産物「南漁ブランド」を創出する。
・南種子町漁協が,漁協直売所「天空のパラダイス」を販売拠点として,組合員の水産物を高値で買取り,直接販売することで,魚価の向上を図る。
・構成員と南種子町漁協が協力して,ブライン凍結技術を用いた高鮮度冷凍加工品,未利用魚や低価値の水産物を原料とした加工品を開発し,新たな付加価値向上を図る。
② 販路拡大
・構成員と南種子町漁協が協力して,首都圏市場において高値が期待できる航空便による朝獲れ鮮魚の販路を開拓する。
・南種子町漁協は,漁協直売所「天空のパラダイス」を拠点として,高齢化や地方交通事情により食料等の購入が困難となっているいわゆる「買い物難民」のニー
ズに応じた水産物等の宅配等の移動販売,島外の消費者への通信販売を実施する。
・南種子町漁協は鹿児島県漁業協同組合連合会と協力し,主要な出荷先である鹿児島市中央卸売市場魚類市場が平成33 年度までに進めている市場再整備に伴う活魚取扱い量の増加,コールドチェーン・高度衛生管理の確立,通い容器の導入を早期に検討し,卸売市場のニーズに素早く対応する。
・南種子町漁協は,南種子町内にある国内唯一の実用衛星打ち上げ基地からのロケット打ち上げ増加により多くの入込客が見込まれる観光客,修学旅行客に向け,農林水,商工観光,教育機関と一体となった水産物PR,魚食普及活動,ブルーツーリズムを実施し,南種子町産水産物ファンの増加を図る。
③ 新規事業,新規漁業就業者の確保等
・南種子町漁協は組合員と協力し,鹿児島県ブリ養殖を支えるモジャコ中間育成基地として重要な役割を担っている島間港中間育成海面の機能を強化し,海外輸出向け養殖ブリのための人工種苗をはじめとする養殖種苗中間育成に係る新規事業を実施する。
・南種子町漁協は組合員と協力し,漁家子弟や南種子町の豊かな自然・風土に魅了されて移住する若者達などのUJIターン者を,新たな水産業の担い手として確保育成する。
・組合員及び南種子町漁協は協力し,将来を担う意欲ある中核的漁業者が必要とする,経営における競争力強化のための漁船を取得する。
2.漁業コストの削減
① 燃油高騰への対応
・構成員は南種子町漁協と協力して,船底掃除,省エネ航行の実施を徹底する。
・構成員は南種子町漁協と協力して,省エネエンジンの導入を推進し,燃油コストの削減を図る。
② 輸送コストの軽減
・南種子町漁協と組合員が協力して,共同出荷による保冷コンテナ,運搬船の有効活用による輸送コストの削減を図る。

団体情報


JF・団体名 南種子町漁業協同組合
住所 〒891-3706
鹿児島県熊毛郡南種子島町島間1
電話番号 09972-6-4620