鹿児島県|喜界地区地域水産業再生委員会

喜界島漁業協同組合

取組概要 お魚祭りの開催、地元スーパーとの連携によるPR,未利用魚・魚価安の魚の加工品販売
キーワード 魚食普及
加工品開発
販売促進
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 アオダイ
ヒメダイ
サワラ
キハダ
クルマエビ

浜プランの取組内容

1 漁場の整備と資源保護
・漁協と漁業者は持続・安定的な漁業生産を目指して喜界島沿岸にサワラ、シビ、カツオ等を対象とした簡易型中層浮魚礁を計画に従い設置する。
・県漁業調整規則や奄美大島海区漁業調整委員会指示に従い、水産資源の保護に努めるとともに、スジアラ等の種苗放流を行い水産資源の回復・増大を図る。
2 魚食の普及・販売促進
・漁協は漁業者と協力して、直売施設での地元で獲れた鮮魚の定期的な販売を目指し、集客のための宣伝活動を行う。
・漁協と漁業者は低利用となっているムロアジの販売を開始する。
・漁協と漁業集落は、お魚祭りにおいて魚食普及イベントを実施し地元消費者に向けて魚食の普及を推進する。
・漁協と漁業者は鮮魚店や地元スーパー等と連携してPR活動を行い、魚価向上及び取扱量の増大を図る。
・漁協青年部は地元の小中学校において喜界島の水産業の紹介や捌き方教室などの出前授業を実施する。
3 施設・設備の整備
・漁協と漁業者は高鮮度で安心安全な水産物の水揚・出荷を行うために、超低酸素水生成機器等の導入について、先進地視察研修を行い引き続き検討する。
・漁協と漁業者は、ムロアジの蓄養水槽を整備する。
・漁協と漁業者は島外出荷拡大のために、出荷コンテナを整備する。
4 加工品開発
・漁協は漁業者と協力して、漁協直売施設でソデイカの下足等の未利用魚や大量水揚時のサワラ、シイラのように価格が安い魚種を利用した加工品の販売を開始する。
5 新規就業者対策
・漁業の新規就業者を確保するため、漁協及び漁業者は町・県や漁連と連携して、漁業就業支援・漁業体験等の担い手育成確保対策に取り組み、漁業就業希望者への情報提供や各種研修への参加呼びかけにより、意欲的な人材を確保し育成に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 漁場の整備と資源保護
・漁協と漁業者は持続・安定的な漁業生産を目指して喜界島沿岸にサワラ、シビ、カツオ等を対象とした簡易型中層浮魚礁を計画に従い設置する。
・県漁業調整規則や奄美大島海区漁業調整委員会指示に従い、水産資源の保護に努めるとともに、スジアラ等の種苗放流を行い水産資源の回復・増大を図る。
2 魚食の普及・販売促進
・漁協は漁業者と協力して、直売施設での地元で獲れた鮮魚の定期的な販売を目指し、集客のための宣伝活動を行う。
・漁協と漁業者は低利用となっているムロアジの販売を開始する。
・漁協と漁業集落は、お魚祭りにおいて魚食普及イベントを実施し地元消費者に向けて魚食の普及を推進する。
・漁協と漁業者は鮮魚店や地元スーパー等と連携してPR活動を行い、魚価向上及び取扱量の増大を図る。
・漁協青年部は地元の小中学校において喜界島の水産業の紹介や捌き方教室などの出前授業を実施する。
3 施設・設備の整備
・漁協と漁業者は高鮮度で安心安全な水産物の水揚・出荷を行うために、超低酸素水生成機器等の導入について、先進地視察研修を行い引き続き検討する。
・漁協と漁業者は、ムロアジの蓄養水槽を整備する。
・漁協と漁業者は島外出荷拡大のために、出荷コンテナを整備する。
4 加工品開発
・漁協は漁業者と協力して、漁協直売施設でソデイカの下足等の未利用魚や大量水揚時のサワラ、シイラのように価格が安い魚種を利用した加工品の販売を開始する。
5 新規就業者対策
・漁業の新規就業者を確保するため、漁協及び漁業者は町・県や漁連と連携して、漁業就業支援・漁業体験等の担い手育成確保対策に取り組み、漁業就業希望者への情報提供や各種研修への参加呼びかけにより、意欲的な人材を確保し育成に努める。

団体情報


JF・団体名 喜界島漁業協同組合
住所 〒891-6202
鹿児島県大島郡喜界町湾2967
電話番号 0997-65-0249