沖縄県|伊江村地域水産業再生委員会

伊江漁業協同組合

取組概要 加工品のPR・販路拡大、マグロの鮮度保持
キーワード 加工品開発
鮮度保持
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 ソデイカ
マグロ
モズク

浜プランの取組内容

1 流通・加工体制の整備
(1)流通体制の整備
漁協と漁業者は、沖縄振興特別交付金や離島漁業再生支援交付金を活用して活魚コンテナなど出荷資材を整備し、アオリイカ等の活魚輸送試験及びマグロの県外出荷を開始する。
(2)加工品の開発
漁協と漁業者は、前年度に開発した加工品の販促活動に取り組むとともに、地元学校給食等で採用されるよう教育委員会と協議を開始する。また、離島漁業再生支援交付金を活用し、地域で水揚げされる水産物について、引き続き加工品開発を行うともに、イベントへの積極的な出展やお魚教室を開催し、加工商品のPRやレシピ・食べ方等を提案し、販路拡大や魚食普及等を行う。
2 漁場環境の整備
漁協と漁業者は、今後の漁場環境の整備に向け浮魚礁の敷設位置について協議を開始する。
3 鮮度保持及び付加価値の向上
マグロ漁業者は、マグロの活〆等の鮮度保持処理を引き続き徹底し、県外市場での高値取引に繋げる。また、マグロ漁業者以外は、鮮度保持処理した魚介類の出荷試験を開始する。
4 観光漁業の推進
伊江村、漁協観光部会及び伊江島観光協会は、新たに開発した漁業体験プログラムのテストモニタリング等を行う。また、水産多面的機能発揮対策事業を活用し、サンゴの移植等に取り組み、観光資源としてのサンゴ礁の保全や食害生物除去による漁場環境の保全に引き続き努める。
5 新規就業者の確保・育成及び高齢漁業者の検討
漁協と全漁業者は、新規漁業就業者総合支援事業を活用し、漁業就業フェアー等に積極的に参加することにより新規漁業就業者や漁業後継者の育成に取り組む。また、高齢漁業者対策の検討を継続する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 流通・加工体制の整備
(1)流通体制の整備
漁協と漁業者は、沖縄振興特別交付金や離島漁業再生支援交付金を活用して活魚コンテナなど出荷資材を整備し、アオリイカ等の活魚輸送試験及びマグロの県外出荷を開始する。
(2)加工品の開発
漁協と漁業者は、前年度に開発した加工品の販促活動に取り組むとともに、地元学校給食等で採用されるよう教育委員会と協議を開始する。また、離島漁業再生支援交付金を活用し、地域で水揚げされる水産物について、引き続き加工品開発を行うともに、イベントへの積極的な出展やお魚教室を開催し、加工商品のPRやレシピ・食べ方等を提案し、販路拡大や魚食普及等を行う。
2 漁場環境の整備
漁協と漁業者は、今後の漁場環境の整備に向け浮魚礁の敷設位置について協議を開始する。
3 鮮度保持及び付加価値の向上
マグロ漁業者は、マグロの活〆等の鮮度保持処理を引き続き徹底し、県外市場での高値取引に繋げる。また、マグロ漁業者以外は、鮮度保持処理した魚介類の出荷試験を開始する。
4 観光漁業の推進
伊江村、漁協観光部会及び伊江島観光協会は、新たに開発した漁業体験プログラムのテストモニタリング等を行う。また、水産多面的機能発揮対策事業を活用し、サンゴの移植等に取り組み、観光資源としてのサンゴ礁の保全や食害生物除去による漁場環境の保全に引き続き努める。
5 新規就業者の確保・育成及び高齢漁業者の検討
漁協と全漁業者は、新規漁業就業者総合支援事業を活用し、漁業就業フェアー等に積極的に参加することにより新規漁業就業者や漁業後継者の育成に取り組む。また、高齢漁業者対策の検討を継続する。

団体情報


JF・団体名 伊江漁業協同組合
住所 〒905-0503
沖縄県伊江村字川平498
電話番号 0980-49-2035