沖縄県|那覇市沿岸漁協地域水産業再生委員会

那覇市沿岸漁業協同組合

取組概要 県内・県外・海外への販路拡大、輸出水産物の加工処理の多様化
キーワード 海外輸出
イベント
高付加価値化
販路 その他
取組タイプ 輸出
魚種 マグロ
ソデイカ
シイラ

浜プランの取組内容

1 漁獲物の高付加価値化及び販売対策のための施設整備
(1) 水産物加工施設の整備
漁協は、一般家庭や卸売業者に受け入れられやすい水産加工商品に関する前年度の調査・研究及び県外出荷・海外輸出の際にそれぞれの地域から挙がった要望を踏まえ、水産物加工施設に必要な設備や規模についての基本構想・基本設計を検討する。
2 鮮度保持技術向上及び品質の統一化による魚価向上
(1) 品質の統一化
漁業者は、船上で血抜き、神経締め等の鮮度保持の取り組みを徹底し、これまでの個人差を縮小・改善することに繋げ、品質の統一化(高鮮度化)による魚価向上を図る。
(2) 品質管理マニュアルの作成及び普及
品質管理委員会は、前年度検討したデータの収集方法に基づき、魚種別の魚艙の塩分濃度、魚層内温度、気温等の測定により情報を集積する。また、品質管理委員会は集積された情報を基に、策定する品質管理マニュアルの作業工程を検討する。
3 県外・海外への販路拡大
(1) 出荷方法の検証・改善
漁協は、前年度に引き続き、流通業者と連携し、既存の輸出ルートだけでなく、県外、海外のレストラン等へ水産物のサンプル提供やメニュー提案等で販路拡大を目指す。また、取引先からの要望に応ずるため、切り身などには前年度に検討した真空包装機器を導入し、マグロなど一本送りする魚種には、引き続き、海水シャーベット氷を施氷し、高鮮度状態を維持することで魚価向上を目指す。
(2) 輸出水産物の加工処理の多様化
既存販路の輸出量を増加させるため、輸出先ごとに需要の高い魚種や納品状態の要望について調査を引き続き行い、要望を整理し水産物加工施設の基本構想、設計へ反映させる。
4 水産物販売イベントの開催
(1) 地域住民向け水産物販売イベント開催
漁協は、那覇市等の協力を得ながら試行的に港内で朝市を開催し、地域住民の水産物需要向上及び魚食普及活動を行う。
(2) 観光客向けイベント開催
漁協は、フードトラック(キッチンカー)を活用した水産物販売イベントについて、平成31年の実施を目標に引き続き関係機関と協議する。また、上記イベントへ来場する観光客に対して、沖縄近海で漁獲される生鮮マグロ等の水産物を活用したオリジナルフードの試作商品等を開発して漁協直営レストラン等で試行的に販売する。
5 漁場の維持・確保
(1) 浮漁礁の敷設
漁協は、現在、糸満市喜屋武岬南方約50㎞の海域に敷設している中層型浮漁礁(2基)と、前年度設置した表層型浮漁礁に連立する形で新たに表層浮漁礁を1基敷設する。それにより漁業者のマグロ類の水揚量を安定して確保する。
(2) サメの駆除
漁協は、潜水漁場などで現れるサメの駆除について、出現水域や頻度などの調査を始める。サメの駆除により、サメ出現による漁獲ロスや漁具・漁網等被害の低減、漁業者の安全性の確保に取り組む。また、次年度から駆除実施するために、那覇市・漁協・漁業者が連携し実施体制を整える。
6 新規漁業従事者の確保
(1) 若年世代の意識喚起
漁協及び漁業者は、中高生を対象とした漁業体験の受け入れ等を行い、若年世代の漁業への関心・意欲を高め、将来、新規漁業就業者となり得る人材を育成する活動を行うため、引き続き関係機関との協議を行う。
(2) 後継者の育成
漁協及び漁業者は、漁業就業支援フェアー等に参加し、地元漁業や就業内容について情報提供を行う。希望者に対しては地域漁業や漁労活動などの知識・技術習得を目的に体験乗船などを行うことで、新規就業者の確保に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 漁獲物の高付加価値化及び販売対策のための施設整備
(1) 水産物加工施設の整備
漁協は、一般家庭や卸売業者に受け入れられやすい水産加工商品に関する前年度の調査・研究及び県外出荷・海外輸出の際にそれぞれの地域から挙がった要望を踏まえ、水産物加工施設に必要な設備や規模についての基本構想・基本設計を検討する。
2 鮮度保持技術向上及び品質の統一化による魚価向上
(1) 品質の統一化
漁業者は、船上で血抜き、神経締め等の鮮度保持の取り組みを徹底し、これまでの個人差を縮小・改善することに繋げ、品質の統一化(高鮮度化)による魚価向上を図る。
(2) 品質管理マニュアルの作成及び普及
品質管理委員会は、前年度検討したデータの収集方法に基づき、魚種別の魚艙の塩分濃度、魚層内温度、気温等の測定により情報を集積する。また、品質管理委員会は集積された情報を基に、策定する品質管理マニュアルの作業工程を検討する。
3 県外・海外への販路拡大
(1) 出荷方法の検証・改善
漁協は、前年度に引き続き、流通業者と連携し、既存の輸出ルートだけでなく、県外、海外のレストラン等へ水産物のサンプル提供やメニュー提案等で販路拡大を目指す。また、取引先からの要望に応ずるため、切り身などには前年度に検討した真空包装機器を導入し、マグロなど一本送りする魚種には、引き続き、海水シャーベット氷を施氷し、高鮮度状態を維持することで魚価向上を目指す。
(2) 輸出水産物の加工処理の多様化
既存販路の輸出量を増加させるため、輸出先ごとに需要の高い魚種や納品状態の要望について調査を引き続き行い、要望を整理し水産物加工施設の基本構想、設計へ反映させる。
4 水産物販売イベントの開催
(1) 地域住民向け水産物販売イベント開催
漁協は、那覇市等の協力を得ながら試行的に港内で朝市を開催し、地域住民の水産物需要向上及び魚食普及活動を行う。
(2) 観光客向けイベント開催
漁協は、フードトラック(キッチンカー)を活用した水産物販売イベントについて、平成31年の実施を目標に引き続き関係機関と協議する。また、上記イベントへ来場する観光客に対して、沖縄近海で漁獲される生鮮マグロ等の水産物を活用したオリジナルフードの試作商品等を開発して漁協直営レストラン等で試行的に販売する。
5 漁場の維持・確保
(1) 浮漁礁の敷設
漁協は、現在、糸満市喜屋武岬南方約50㎞の海域に敷設している中層型浮漁礁(2基)と、前年度設置した表層型浮漁礁に連立する形で新たに表層浮漁礁を1基敷設する。それにより漁業者のマグロ類の水揚量を安定して確保する。
(2) サメの駆除
漁協は、潜水漁場などで現れるサメの駆除について、出現水域や頻度などの調査を始める。サメの駆除により、サメ出現による漁獲ロスや漁具・漁網等被害の低減、漁業者の安全性の確保に取り組む。また、次年度から駆除実施するために、那覇市・漁協・漁業者が連携し実施体制を整える。
6 新規漁業従事者の確保
(1) 若年世代の意識喚起
漁協及び漁業者は、中高生を対象とした漁業体験の受け入れ等を行い、若年世代の漁業への関心・意欲を高め、将来、新規漁業就業者となり得る人材を育成する活動を行うため、引き続き関係機関との協議を行う。
(2) 後継者の育成
漁協及び漁業者は、漁業就業支援フェアー等に参加し、地元漁業や就業内容について情報提供を行う。希望者に対しては地域漁業や漁労活動などの知識・技術習得を目的に体験乗船などを行うことで、新規就業者の確保に努める。

団体情報


JF・団体名 那覇市沿岸漁業協同組合
住所 〒900-0001
沖縄県那覇市港町3-1-17
電話番号 098-861-2707