沖縄県|浦添宜野湾地区地域水産業再生委員会

浦添宜野湾漁業協同組合

取組概要 神経締め等鮮度保持技術の普及による魚価向上
キーワード 神経締め
ブランド化
観光
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 ソデイカ
マグロ
海ブドウ

浜プランの取組内容

1鮮度保持技術の普及
漁協は、衛生管理を徹底するとともに、4月とソデイカ漁解禁前の10月の年2回、ソデイカ、マグロ、潜水器及び一本釣等の漁業者を対象に、血抜きや神経締め等鮮度保持に係る技術講習会を開催し、鮮度保持技術の普及に取り組み、魚価の向上を図る。
2製氷能力向上のための製氷施設改築及び冷凍冷蔵庫の増設
漁協は、牧港漁港の既存製氷施設改築と製氷機及び冷凍冷蔵庫増設について、平成32年度着工に向けて協議を行い、基本計画書を策定する。
3地域ブランド商品の開発
漁協は、ソデイカ等を原料とした加工商品の開発に取り組むとともに、浦添市商工会議所、宜野湾市商工会及び観光協会と連携し、販路確保のための調査を行う。
4水産物高鮮度保持機器(海水流動製氷機)の導入
漁協は、高鮮度保持を目的とした小型製氷機器(海水流動製氷機)の設置について浦添市及び宜野湾市と協議を行う。
5浮魚礁等の敷設
漁協は、マグロ類の安定的な水揚げを確保し、漁業所得の向上に繋げるため、浮魚礁敷設に必要な漁場の調査及び費用の検討等を行う。
6観光プログラムの展開
(1)海洋観光プログラム
漁協は、組合員の漁船を観光者向けの遊漁船として使用できるかについて観光協会等関係機関と協議を行う。
また、海洋観光プログラムを策定し、海洋観光資源の調査を行い、海洋観光資源の中で、地域企業や観光協会と対応可能な漁業観光の協議を行う。
(2)体験型観光プログラム
漁協は、観光者を対象に組合員の指導によるハーリー体験や陸上施設内のサンゴや海洋生物、海ぶどうの養殖施設観光見学会等のプラン策定等を行う。
7漁業後継者対策
漁協は、漁業者の確保及び育成を図るため、小学生を対象とした社会科見学(海ぶどう施設)や中学生を対象とした職場体験学習への取り組みを行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1鮮度保持技術の普及
漁協は、衛生管理を徹底するとともに、4月とソデイカ漁解禁前の10月の年2回、ソデイカ、マグロ、潜水器及び一本釣等の漁業者を対象に、血抜きや神経締め等鮮度保持に係る技術講習会を開催し、鮮度保持技術の普及に取り組み、魚価の向上を図る。
2製氷能力向上のための製氷施設改築及び冷凍冷蔵庫の増設
漁協は、牧港漁港の既存製氷施設改築と製氷機及び冷凍冷蔵庫増設について、平成32年度着工に向けて協議を行い、基本計画書を策定する。
3地域ブランド商品の開発
漁協は、ソデイカ等を原料とした加工商品の開発に取り組むとともに、浦添市商工会議所、宜野湾市商工会及び観光協会と連携し、販路確保のための調査を行う。
4水産物高鮮度保持機器(海水流動製氷機)の導入
漁協は、高鮮度保持を目的とした小型製氷機器(海水流動製氷機)の設置について浦添市及び宜野湾市と協議を行う。
5浮魚礁等の敷設
漁協は、マグロ類の安定的な水揚げを確保し、漁業所得の向上に繋げるため、浮魚礁敷設に必要な漁場の調査及び費用の検討等を行う。
6観光プログラムの展開
(1)海洋観光プログラム
漁協は、組合員の漁船を観光者向けの遊漁船として使用できるかについて観光協会等関係機関と協議を行う。
また、海洋観光プログラムを策定し、海洋観光資源の調査を行い、海洋観光資源の中で、地域企業や観光協会と対応可能な漁業観光の協議を行う。
(2)体験型観光プログラム
漁協は、観光者を対象に組合員の指導によるハーリー体験や陸上施設内のサンゴや海洋生物、海ぶどうの養殖施設観光見学会等のプラン策定等を行う。
7漁業後継者対策
漁協は、漁業者の確保及び育成を図るため、小学生を対象とした社会科見学(海ぶどう施設)や中学生を対象とした職場体験学習への取り組みを行う。

団体情報


JF・団体名 浦添宜野湾漁業協同組合
住所 〒901-2131
沖縄県浦添市牧港5-22-2
電話番号 098-877-6600