熊本県|天草東地区地域水産業再生委員会

天草漁業協同組合(新和支所)

取組概要 流通体制の強化及び通信販売による直接販売
キーワード ブランド化
インターネット販売
種苗放流
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 マダイ
ハタ
アオリイカ
マアジ
アサリ

浜プランの取組内容

1流通体制の改善及び単価向上
・漁協は、水揚げが多い時の価格下落を防止するために、価格変動が大きいアオリイカ等の買取りを行うとともに、イベントや卸売市場等の商談会に参加し、新たな販売先の開拓に取り組む。
・漁協は、通信販売やインターネット通販により消費者への直接販売の準備をする。
漁協を中心に、各漁業者と一体となって協力し、次の取組みを推進する。
・漁船漁業者は、マダイやハタ類などの高級魚について、大型の個体は活魚、それ以下の個体は鮮魚で出荷し、鮮魚の取扱いについて、神経締めや下氷処理法など鮮度保持方法についての先進地視察、講習会を行い、3地区統一したルールの検討を行う。
また、クロマグロ養殖場周辺で漁獲される脂ののった良質な120g以上のマアジを「まぐろアジ」として選別し、専用パーチ・ポスター等を作成してブランド化に向けて試験出荷を行う。
・アオサ養殖業者は、水分測定や圧縮機を導入して製品管理を徹底し、価格の向上を図る。加えて、アオサ内の異物除去のため、金属探知機の導入の検討を行う。
・漁協及び漁業者は、水産物生産部会を設立し、ヒオウギ貝等の採苗及び養殖試験を行う。
・魚類養殖業者は、熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、販売店及び消費者に安全安心な養殖魚をPR(店舗関係者との意見交換や店舗での販売活動等)することで消費拡大と魚価向上に努める。
・クルマエビ養殖業者は、規格外のクルマエビを凍結し、冷凍クルマエビの商品の開発に取り組む。
・真珠養殖業者は、今まで販売していなかった貝柱を活用した商品の販売に取り組む。
2資源管理・漁場生産力の向上
①漁協及び漁業者は、御所浦地区にマダイ89,100尾、ヒラメ50,000尾、ガザミ38,000尾、クルマエビ180,000尾、新和地区にマダイ42,500尾、ヒラメ20,000尾、イサキ10,000尾、アワビ4,000個、アカウニ6,000個、宮野河内地区にマダイ28,500尾、アワビ2,000個、アカウニ4,000個の種苗放流などの栽培漁業を継続することと併せ、放流適地を検討して効果の向上を図る。
②新和地区の漁協は、既存の種苗生産施設を活用し、ナマコ及びビゼンクラゲの放流用種苗の試験生産に取り組む。
③新和地区の漁協及びたこつぼ漁業者は、自主的に300g以下のタコは再放流するなどして、漁獲・出荷サイズを大型化し、市場価格の向上に努めるとともに、昭和57年度からタコ産卵用壺の投入を行っており、今後も1,400個程度の投入を継続することと併せ、設置適地の検討、産卵時期の計画的な休漁期間の設定、300g以下の個体の再放流の徹底などにより資源保護に努める。
④新和地区の漁協及び裸潜漁業者は、放流したアカウニ保護のため、漁場を区切り輪作にして、毎年放流箇所を設定し、自主的にその周辺を放流後1年間は操業禁止区域として、資源保護に努める。
⑤漁協及び漁業者は、ヒジキ、アマモの繁殖及び水産動物の定着・繁殖のための漁場造成により、広範囲な水産資源の安定・増大を図る。
3漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県及び天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②漁協及び漁業者は、漁獲が減少する冬場に収入が見込めるワカメ養殖やアオサ養殖を推進して、漁業者の所得向上を図り、新規就業者の雇用及び後継者の育成に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1流通体制の改善及び単価向上
・漁協は、水揚げが多い時の価格下落を防止するために、価格変動が大きいアオリイカ等の買取りを行うとともに、イベントや卸売市場等の商談会に参加し、新たな販売先の開拓に取り組む。
・漁協は、通信販売やインターネット通販により消費者への直接販売の準備をする。
漁協を中心に、各漁業者と一体となって協力し、次の取組みを推進する。
・漁船漁業者は、マダイやハタ類などの高級魚について、大型の個体は活魚、それ以下の個体は鮮魚で出荷し、鮮魚の取扱いについて、神経締めや下氷処理法など鮮度保持方法についての先進地視察、講習会を行い、3地区統一したルールの検討を行う。
また、クロマグロ養殖場周辺で漁獲される脂ののった良質な120g以上のマアジを「まぐろアジ」として選別し、専用パーチ・ポスター等を作成してブランド化に向けて試験出荷を行う。
・アオサ養殖業者は、水分測定や圧縮機を導入して製品管理を徹底し、価格の向上を図る。加えて、アオサ内の異物除去のため、金属探知機の導入の検討を行う。
・漁協及び漁業者は、水産物生産部会を設立し、ヒオウギ貝等の採苗及び養殖試験を行う。
・魚類養殖業者は、熊本県適正養殖業者認証制度等を活用し、販売店及び消費者に安全安心な養殖魚をPR(店舗関係者との意見交換や店舗での販売活動等)することで消費拡大と魚価向上に努める。
・クルマエビ養殖業者は、規格外のクルマエビを凍結し、冷凍クルマエビの商品の開発に取り組む。
・真珠養殖業者は、今まで販売していなかった貝柱を活用した商品の販売に取り組む。
2資源管理・漁場生産力の向上
①漁協及び漁業者は、御所浦地区にマダイ89,100尾、ヒラメ50,000尾、ガザミ38,000尾、クルマエビ180,000尾、新和地区にマダイ42,500尾、ヒラメ20,000尾、イサキ10,000尾、アワビ4,000個、アカウニ6,000個、宮野河内地区にマダイ28,500尾、アワビ2,000個、アカウニ4,000個の種苗放流などの栽培漁業を継続することと併せ、放流適地を検討して効果の向上を図る。
②新和地区の漁協は、既存の種苗生産施設を活用し、ナマコ及びビゼンクラゲの放流用種苗の試験生産に取り組む。
③新和地区の漁協及びたこつぼ漁業者は、自主的に300g以下のタコは再放流するなどして、漁獲・出荷サイズを大型化し、市場価格の向上に努めるとともに、昭和57年度からタコ産卵用壺の投入を行っており、今後も1,400個程度の投入を継続することと併せ、設置適地の検討、産卵時期の計画的な休漁期間の設定、300g以下の個体の再放流の徹底などにより資源保護に努める。
④新和地区の漁協及び裸潜漁業者は、放流したアカウニ保護のため、漁場を区切り輪作にして、毎年放流箇所を設定し、自主的にその周辺を放流後1年間は操業禁止区域として、資源保護に努める。
⑤漁協及び漁業者は、ヒジキ、アマモの繁殖及び水産動物の定着・繁殖のための漁場造成により、広範囲な水産資源の安定・増大を図る。
3漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県及び天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②漁協及び漁業者は、漁獲が減少する冬場に収入が見込めるワカメ養殖やアオサ養殖を推進して、漁業者の所得向上を図り、新規就業者の雇用及び後継者の育成に努める。

団体情報


JF・団体名 天草漁業協同組合(新和支所)
住所 〒863-0102
熊本県天草市新和町大多尾2637-1
電話番号 0969-46-2339