熊本県|樋島地域水産業再生委員会

樋島漁業協同組合

取組概要 新たな加工への取組による付加価値向上化
キーワード 魚醤油
観光連携
種苗放流
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 コノシロ
ワカメ
マダイ
ヒラメ

浜プランの取組内容

1魚価向上対策
①漁協及び漁業者は、地元で水揚げされるコノシロ等を用いた魚醤油等の加工品の試作を行う。
②漁協及び漁業者は、樋島産水産物を一次処理して詰め込み、付加価値向上を図ったパック商品の検討を行う。
③沖合底魚一本釣り漁業者は、洋上滞在日数が長く、また、漁場から水揚げ港まで24時間以上かかり、この間の鮮度保持が魚価向上のための大きな課題であり、この課題解決のため、漁船保冷庫の改良等について検討する。
2漁業収入対策
①漁協及び漁業者は、漁獲が減少する冬場に漁業収入の追加が見込めるワカメやヒオウギガイの養殖を推進し、所得の向上を図る。
②漁協は、上天草市内の祭りやくまもと魚まつり等のイベントを活用し、地元水産物のPRを行うことと併せ、地元飲食店や宿泊施設と連携してヒトデ料理をPRすることにより観光客を誘致し、地元水産物消費の増大を図る。
3資源管理対策
①漁協及び漁業者は、マダイ24,700尾、ヒラメ7,700尾、ガザミ12,700尾の種苗放流、産卵用タコツボ投入310個などの栽培漁業を継続することと併せ、さらなる放流や設置箇所の適地を検討して効果の向上を図る。
②漁協及び漁業者は、ヒジキやワカメの種苗投入及び水産動物の定着・繁殖による漁場造成により、広範な水産資源の安定・増大を図る。
4漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県及び上天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②漁協は、漁業収入が見込めるワカメ・ヒオウギガイ養殖を推進し、漁業就業者の育成を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1魚価向上対策
①漁協及び漁業者は、地元で水揚げされるコノシロ等を用いた魚醤油等の加工品の試作を行う。
②漁協及び漁業者は、樋島産水産物を一次処理して詰め込み、付加価値向上を図ったパック商品の検討を行う。
③沖合底魚一本釣り漁業者は、洋上滞在日数が長く、また、漁場から水揚げ港まで24時間以上かかり、この間の鮮度保持が魚価向上のための大きな課題であり、この課題解決のため、漁船保冷庫の改良等について検討する。
2漁業収入対策
①漁協及び漁業者は、漁獲が減少する冬場に漁業収入の追加が見込めるワカメやヒオウギガイの養殖を推進し、所得の向上を図る。
②漁協は、上天草市内の祭りやくまもと魚まつり等のイベントを活用し、地元水産物のPRを行うことと併せ、地元飲食店や宿泊施設と連携してヒトデ料理をPRすることにより観光客を誘致し、地元水産物消費の増大を図る。
3資源管理対策
①漁協及び漁業者は、マダイ24,700尾、ヒラメ7,700尾、ガザミ12,700尾の種苗放流、産卵用タコツボ投入310個などの栽培漁業を継続することと併せ、さらなる放流や設置箇所の適地を検討して効果の向上を図る。
②漁協及び漁業者は、ヒジキやワカメの種苗投入及び水産動物の定着・繁殖による漁場造成により、広範な水産資源の安定・増大を図る。
4漁業就業者の確保、育成
①漁協は、漁業就業者不足や高齢化に対応するため、熊本県及び上天草市と連携し、漁業研修制度等の活用により、意欲ある新規漁業就業者の確保育成に努める。
②漁協は、漁業収入が見込めるワカメ・ヒオウギガイ養殖を推進し、漁業就業者の育成を図る。

団体情報


JF・団体名 樋島漁業協同組合
住所 〒866-0203
熊本県上天草市龍ヶ岳町樋島3479-2
電話番号 0969-62-1166