高知県|久礼地域水産業再生委員会

久礼漁業協同組合

取組概要 カツオの付加価値向上、魚食普及、地域との連携
キーワード 魚食普及
連携
鮮度保持
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 カツオ
メジカ
キダイ

浜プランの取組内容

1 新たな地域産品としての生鮮メジカ消費拡大
漁業者は船上で十分な量の施氷し、高鮮度の刺身用メジカの供給を増加させ、これらを観光客等の多い久礼大正市場で販売するとともに、H29 年夏に久礼にオープンする道の駅での漁協による販売も取り組む。
2 産地市場における取組み
(ア)市場取扱量の増加
漁業者による船上でのカツオ鮮度維持対策の強化と、地元を中心とした消費者向けカツオの魚食普及により生鮮需要を喚起することで、高価格維持したまま、他地域からの久礼漁協所属船水揚げカツオの同市場搬入・取扱量の増加を図る。
(イ)市場での漁獲物取扱方法改善
今まで「つら売り」で販売していた魚種をキロ売りで販売することで相場感を分かりやすくすることで電話入札を促進し、当日に市場まで買いに来ることができない仲買人からの入札を増やし、引合い増加による魚価向上を図る。

また、漁協は取扱漁獲物の衛生環境を改善するため、漁獲物が市場内の床に直接置かれないようにするため、入札の漁獲物を市場内に設置したカゴに入れるよう漁業者に周知する。また、本カゴの清掃は設置されている紫外線殺菌装置で洗浄された海水を用いて衛生的に保つこととする。

3地域と連携した取組
(ア)地域振興団体との連携によるカツオの高鮮度輸送
漁業者は、中土佐町地域振興公社から提供されるスラリーアイスで施氷しカツオの鮮度を向上させる一方、同公社は高鮮度カツオを買い上げ、遠隔地まで安定的に生鮮出荷することで、漁業者からの買上単価を引き上げ、もって漁業者の所得向上及び安定を図る。

※中土佐町地域振興公社…中土佐町が出資し、設立した株式会社。同公社はスラリーアイス製造機を導入し、カツオ等鮮魚の鮮度維持に取り組んでいる。同公社ではカツオ等鮮魚を飲食店に販売するために事前に漁業者にスラリーアイスでの施氷を依頼したものを相対で購入し、その後県内外の飲食店へ販売するという形式を取っている。

(イ)魚食普及の取り組み
かつお祭りでのPRや地元中学での食育授業による魚食普及活動等に引き続き取り組むとともに、人手不足等により対応できないことがあった観光客向け「カツオたたき体験」について、漁業者OBに協力を依頼するなどにより実施体制を整え、観光客に対する生鮮カツオPRの機会損失防止に努める。また、大規模な観光客の団体など漁業者OBによる応援だけでは対応できない場合に備え、中土佐町及び「カツオたたき体験」ができる民間企業等との連携について検討を進める。

4 新規漁業就業者の確保
漁業者の高齢化及び減少を軽減させるため、漁協は漁業就業希望者を支援する事業を活用して、担い手育成を推進する。

5 漁業コストの削減
漁業者は、省エネエンジンの導入、船底清掃の迎行及び出漁時間を早める。減速航行を行うことなどにより燃油消費量を削減する。また、漁業経営セーフティーネット構築支援事業、資源管理・漁業経営安定対策などを活用し、漁業経営の安定化を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 新たな地域産品としての生鮮メジカ消費拡大
漁業者は船上で十分な量の施氷し、高鮮度の刺身用メジカの供給を増加させ、これらを観光客等の多い久礼大正市場で販売するとともに、H29 年夏に久礼にオープンする道の駅での漁協による販売も取り組む。
2 産地市場における取組み
(ア)市場取扱量の増加
漁業者による船上でのカツオ鮮度維持対策の強化と、地元を中心とした消費者向けカツオの魚食普及により生鮮需要を喚起することで、高価格維持したまま、他地域からの久礼漁協所属船水揚げカツオの同市場搬入・取扱量の増加を図る。
(イ)市場での漁獲物取扱方法改善
今まで「つら売り」で販売していた魚種をキロ売りで販売することで相場感を分かりやすくすることで電話入札を促進し、当日に市場まで買いに来ることができない仲買人からの入札を増やし、引合い増加による魚価向上を図る。

また、漁協は取扱漁獲物の衛生環境を改善するため、漁獲物が市場内の床に直接置かれないようにするため、入札の漁獲物を市場内に設置したカゴに入れるよう漁業者に周知する。また、本カゴの清掃は設置されている紫外線殺菌装置で洗浄された海水を用いて衛生的に保つこととする。

3地域と連携した取組
(ア)地域振興団体との連携によるカツオの高鮮度輸送
漁業者は、中土佐町地域振興公社から提供されるスラリーアイスで施氷しカツオの鮮度を向上させる一方、同公社は高鮮度カツオを買い上げ、遠隔地まで安定的に生鮮出荷することで、漁業者からの買上単価を引き上げ、もって漁業者の所得向上及び安定を図る。

※中土佐町地域振興公社…中土佐町が出資し、設立した株式会社。同公社はスラリーアイス製造機を導入し、カツオ等鮮魚の鮮度維持に取り組んでいる。同公社ではカツオ等鮮魚を飲食店に販売するために事前に漁業者にスラリーアイスでの施氷を依頼したものを相対で購入し、その後県内外の飲食店へ販売するという形式を取っている。

(イ)魚食普及の取り組み
かつお祭りでのPRや地元中学での食育授業による魚食普及活動等に引き続き取り組むとともに、人手不足等により対応できないことがあった観光客向け「カツオたたき体験」について、漁業者OBに協力を依頼するなどにより実施体制を整え、観光客に対する生鮮カツオPRの機会損失防止に努める。また、大規模な観光客の団体など漁業者OBによる応援だけでは対応できない場合に備え、中土佐町及び「カツオたたき体験」ができる民間企業等との連携について検討を進める。

4 新規漁業就業者の確保
漁業者の高齢化及び減少を軽減させるため、漁協は漁業就業希望者を支援する事業を活用して、担い手育成を推進する。

5 漁業コストの削減
漁業者は、省エネエンジンの導入、船底清掃の迎行及び出漁時間を早める。減速航行を行うことなどにより燃油消費量を削減する。また、漁業経営セーフティーネット構築支援事業、資源管理・漁業経営安定対策などを活用し、漁業経営の安定化を図る。

団体情報


JF・団体名 久礼漁業協同組合
住所 〒789-1301
高知県高岡郡中土佐町久礼8645
電話番号 0889-52-2111