三重県|伊曽島地域水産業再生委員会

伊曽島漁業協同組合

取組概要 黒ノリ、アサクサノリ養殖の取り組み
キーワード 養殖事業
魚食普及
産学連携
販路 域内流通
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 黒ノリ
アサクサノリ

浜プランの取組内容

本プランでは、伊曽島地域の活性化を図るため、主要漁業である黒ノリ養殖に関して、地域に適した品種の導入、養殖管理の徹底、養殖柵数の増加、アサクサノリ養殖の推進等による漁業収入の向上とともに、省燃油活動等による漁業コストの削減に取り組むことで所得向上を図る。
1.黒ノリ(スサビノリ)養殖に係る取組
①伊曽島漁協が採苗に供するカキ殻糸状体を適切に管理・育成する。
②共同で陸上採苗、育苗、冷凍入庫を適切に実施し、優良な生産網を確保する。
③水産研究所等の協力を得ながら育苗期のノリ芽診断、ノリ漁場の栄養塩量調査を実施し、適切な養殖管理を行う。
④地域の特性や気候変動に対応した、高水温耐性品種(みえのあかり(品種登録済))、低比重耐性品種等(低比重耐性品種「S1」、低比重・高成長品種「K1」(ともに品種未登録))の導入を進める。
⑤生産網1枚あたり300枚程度の早摘み加工を推進し、歯ごたえ及び歯切れが良く、風味にこだわった「みえの技+(わざぷらす)海苔」等の生産に取り組み、付加価値及び収益性の高い製品を生産する。
⑥空き漁場を有効活用して養殖柵数を増加させ、収穫量の増大を図る。(平成23~27年度漁期の平均生産柵数は250柵/経営体)
⑦協業化や共同加工施設整備等について情報収集や検討を行い、生産コストや労働力軽減等を図る。
2.アサクサノリ養殖の推進
①アサクサノリの生産技術の安定に向け、陸上採苗方法、ノリ網の張り込み時期、張り込みの高さ、ノリの加工方法等の養殖経験の蓄積を進めるとともに、養殖柵数を増やして収穫量の増加を図る。
②黒ノリ(スサビノリ)とアサクサノリの養殖漁場を離すなど、漁場利用を工夫してアサクサノリ養殖網へのスサビノリの混入を防止する。
③平成28年度に研究機関等と連携して開発したアサクサノリDNA含有比率の検査技術に基づきDNA検査を行い、アサクサノリの品質を保証する。あわせて、食味試験を行うなど、アサクサノリの品質を確認するとともに、これらの結果を、アサクサノリの品質を保証する証明書に記してPRに活用する。
④研究機関等と連携してアサクサノリDNA検査技術の改良に取り組む。
3.海藻類の新たな需要への対応
①黒バラノリの需要への対応に向け、その加工等の導入について情報収集や課題の整理・検討を行い、地域への黒バラノリ加工の導入を推進する。
②青ノリ等の需要への対応に向け、その養殖について情報収集や検討を行い、試験養殖の結果を踏まえ、地域での青ノリ養殖を推進する。
4.漁業への理解促進と魚食普及
小学校からの社会見学の受入や学校給食への黒ノリ提供等を通じて、地域の漁業のPRや黒ノリの魚食普及を行う。
5.黒ノリ養殖と兼業する漁業に係る検討
黒ノリ養殖と兼業する漁業について、サワラ漁やワカメ養殖等の導入を検討する。
6.漁業経営安定対策の推進
漁業収入安定対策事業(漁業共済、積立ぷらす)の利用を推進する。
7.漁業コスト削減
①漁業経営セーフティーネット構築事業の利用を推進する。
②漁船の減速航行や定期的な船底清掃等の実施により、省燃油活動を推進する。
③漁船エンジン更新時に、省エネ機器の導入を推進する。
④黒ノリ乾燥機、ノリ網冷凍施設(共同利用施設)等について、適切に更新するとともに、更新時には省エネ機器の導入を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

本プランでは、伊曽島地域の活性化を図るため、主要漁業である黒ノリ養殖に関して、地域に適した品種の導入、養殖管理の徹底、養殖柵数の増加、アサクサノリ養殖の推進等による漁業収入の向上とともに、省燃油活動等による漁業コストの削減に取り組むことで所得向上を図る。
1.黒ノリ(スサビノリ)養殖に係る取組
①伊曽島漁協が採苗に供するカキ殻糸状体を適切に管理・育成する。
②共同で陸上採苗、育苗、冷凍入庫を適切に実施し、優良な生産網を確保する。
③水産研究所等の協力を得ながら育苗期のノリ芽診断、ノリ漁場の栄養塩量調査を実施し、適切な養殖管理を行う。
④地域の特性や気候変動に対応した、高水温耐性品種(みえのあかり(品種登録済))、低比重耐性品種等(低比重耐性品種「S1」、低比重・高成長品種「K1」(ともに品種未登録))の導入を進める。
⑤生産網1枚あたり300枚程度の早摘み加工を推進し、歯ごたえ及び歯切れが良く、風味にこだわった「みえの技+(わざぷらす)海苔」等の生産に取り組み、付加価値及び収益性の高い製品を生産する。
⑥空き漁場を有効活用して養殖柵数を増加させ、収穫量の増大を図る。(平成23~27年度漁期の平均生産柵数は250柵/経営体)
⑦協業化や共同加工施設整備等について情報収集や検討を行い、生産コストや労働力軽減等を図る。
2.アサクサノリ養殖の推進
①アサクサノリの生産技術の安定に向け、陸上採苗方法、ノリ網の張り込み時期、張り込みの高さ、ノリの加工方法等の養殖経験の蓄積を進めるとともに、養殖柵数を増やして収穫量の増加を図る。
②黒ノリ(スサビノリ)とアサクサノリの養殖漁場を離すなど、漁場利用を工夫してアサクサノリ養殖網へのスサビノリの混入を防止する。
③平成28年度に研究機関等と連携して開発したアサクサノリDNA含有比率の検査技術に基づきDNA検査を行い、アサクサノリの品質を保証する。あわせて、食味試験を行うなど、アサクサノリの品質を確認するとともに、これらの結果を、アサクサノリの品質を保証する証明書に記してPRに活用する。
④研究機関等と連携してアサクサノリDNA検査技術の改良に取り組む。
3.海藻類の新たな需要への対応
①黒バラノリの需要への対応に向け、その加工等の導入について情報収集や課題の整理・検討を行い、地域への黒バラノリ加工の導入を推進する。
②青ノリ等の需要への対応に向け、その養殖について情報収集や検討を行い、試験養殖の結果を踏まえ、地域での青ノリ養殖を推進する。
4.漁業への理解促進と魚食普及
小学校からの社会見学の受入や学校給食への黒ノリ提供等を通じて、地域の漁業のPRや黒ノリの魚食普及を行う。
5.黒ノリ養殖と兼業する漁業に係る検討
黒ノリ養殖と兼業する漁業について、サワラ漁やワカメ養殖等の導入を検討する。
6.漁業経営安定対策の推進
漁業収入安定対策事業(漁業共済、積立ぷらす)の利用を推進する。
7.漁業コスト削減
①漁業経営セーフティーネット構築事業の利用を推進する。
②漁船の減速航行や定期的な船底清掃等の実施により、省燃油活動を推進する。
③漁船エンジン更新時に、省エネ機器の導入を推進する。
④黒ノリ乾燥機、ノリ網冷凍施設(共同利用施設)等について、適切に更新するとともに、更新時には省エネ機器の導入を図る。

団体情報


JF・団体名 伊曽島漁業協同組合
住所 〒511-1136
三重県桑名市長島町白鶏字佐藤1-1
電話番号 0594-45-0511