三重県|紀南地域水産業再生委員会

紀南漁業協同組合

取組概要 地先資源の増大、イベントやふるさと納税返礼品等での魚食普及
キーワード イベント
6次産業化
漁師塾
販路 域外流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 イセエビ
サザエ
アマダイ
アジ
イワシ

浜プランの取組内容

1.漁業収入向上に向けて
【1】水産資源の維持・増大に向けた取組
・イセエビ等の地先資源の維持・増大を図るため、イセエビ等を対象とした築いそ等の漁場造成に努めるとともに、サザエ、マダイの種苗放流を行う。また、市場単価が高い新たな放流種苗(トラフグ等)の導入を検討し、その放流に努める。
・三重県資源管理指針に基づき策定した伊勢湾口・熊野灘海域における定置網漁業及び井田地区地先海域における刺し網漁業の資源管理計画の取組を遵守し、水産資源の維持・増大を図るとともに、イセエビ資源の持続的利用に向け、阿田和地区において、イセエビ等を対象とした刺し網漁業の資源管理計画の策定とその実践に取り組む。
【2】担い手確保の取組
・県内外から新たな担い手を持続的に受け入れていけるよう、主に定置網漁業への就業をめざす「紀南漁師塾」を立ち上げ、若者等が水産業に就業しやすい環境整備に取り組む。
※「漁師塾」:若者等の水産業への就労・就業を促進するため、漁業技術の研修等を通じて人材育成や就業支援を行う、漁協が開設する育成機関。現在、県内では4地区で漁師塾が活動しており、これまで4年間で11名が地元に就業。
・地域内における将来の担い手の確保・育成を図るため、中学生を対象とした漁業体験の実施に取り組む。
【3】魚食普及、流通・販路開拓、地域水産物PRの取組
・毎月第2土曜日開催の「紀の宝みなと市」及び毎年10月開催の「紀宝フェスティバル」において、鮮魚や水産物加工品(アジ、イワシの干物等)を販売し、魚食普及や消費拡大に取り組む。
・漁業者自らが水産物加工(イセエビ、アマダイ等の冷凍加工)や販売に携わり、料理店などへ直売する6次産業化に取り組む。
・ふるさと納税の返礼品としてイセエビを全国各地に送るなど、当地域の水産物のPRに取り組む。
【4】紀南漁業協同組合地方卸売市場における衛生管理の取組
・安全安心な水産物を消費者に提供し、地域水産物のイメージアップや付加価値向上を図るため、市場入場時の手洗い・長靴消毒、市場内での禁煙徹底、水産物の直置き禁止、防鳥ネット設置等に取り組む。
2.漁業コスト削減に向けて
【1】省エネ型機器の導入、燃油削減の取組
・操業コストの削減、操業の効率化・省力化を図るため、省エネ機器等の導入に取り組む。
・燃料消費量を削減するため、定期的な船底清掃、減速走行の遵守、積載物の軽量化に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁業収入向上に向けて
【1】水産資源の維持・増大に向けた取組
・イセエビ等の地先資源の維持・増大を図るため、イセエビ等を対象とした築いそ等の漁場造成に努めるとともに、サザエ、マダイの種苗放流を行う。また、市場単価が高い新たな放流種苗(トラフグ等)の導入を検討し、その放流に努める。
・三重県資源管理指針に基づき策定した伊勢湾口・熊野灘海域における定置網漁業及び井田地区地先海域における刺し網漁業の資源管理計画の取組を遵守し、水産資源の維持・増大を図るとともに、イセエビ資源の持続的利用に向け、阿田和地区において、イセエビ等を対象とした刺し網漁業の資源管理計画の策定とその実践に取り組む。
【2】担い手確保の取組
・県内外から新たな担い手を持続的に受け入れていけるよう、主に定置網漁業への就業をめざす「紀南漁師塾」を立ち上げ、若者等が水産業に就業しやすい環境整備に取り組む。
※「漁師塾」:若者等の水産業への就労・就業を促進するため、漁業技術の研修等を通じて人材育成や就業支援を行う、漁協が開設する育成機関。現在、県内では4地区で漁師塾が活動しており、これまで4年間で11名が地元に就業。
・地域内における将来の担い手の確保・育成を図るため、中学生を対象とした漁業体験の実施に取り組む。
【3】魚食普及、流通・販路開拓、地域水産物PRの取組
・毎月第2土曜日開催の「紀の宝みなと市」及び毎年10月開催の「紀宝フェスティバル」において、鮮魚や水産物加工品(アジ、イワシの干物等)を販売し、魚食普及や消費拡大に取り組む。
・漁業者自らが水産物加工(イセエビ、アマダイ等の冷凍加工)や販売に携わり、料理店などへ直売する6次産業化に取り組む。
・ふるさと納税の返礼品としてイセエビを全国各地に送るなど、当地域の水産物のPRに取り組む。
【4】紀南漁業協同組合地方卸売市場における衛生管理の取組
・安全安心な水産物を消費者に提供し、地域水産物のイメージアップや付加価値向上を図るため、市場入場時の手洗い・長靴消毒、市場内での禁煙徹底、水産物の直置き禁止、防鳥ネット設置等に取り組む。
2.漁業コスト削減に向けて
【1】省エネ型機器の導入、燃油削減の取組
・操業コストの削減、操業の効率化・省力化を図るため、省エネ機器等の導入に取り組む。
・燃料消費量を削減するため、定期的な船底清掃、減速走行の遵守、積載物の軽量化に取り組む。

団体情報


JF・団体名 紀南漁業協同組合
住所 〒519-5701
三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿239-13
電話番号 0735-32-3715