滋賀県|沖島地域水産業再生委員会

沖島漁業協同組合

取組概要 認知度向上、体験塾の実施、交流体験型観光の実施
キーワード 6次産業化
認知度向上
交流体験
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 エビ
マス
フナ
ゴリ
イサザ

浜プランの取組内容

◆漁業関連収入を増やす
沖島水産業を取り巻く課題に対応するとともに、6 次産業化(直売・食堂・加工事業)によ
る高付加価値化と魚価市場価格の底上げや、都市との交流、体験交流型観光振興への取組の充
実による漁業と観光の共存共栄を図り、漁村のにぎわいと活気を創出することで、漁業所得を
向上する。
①資源管理と外来魚駆除による漁獲量の確保
〇資源管理型漁業(資源の状況に対応した漁獲の実施)の推進
〇外来魚駆除による資源の保全
②6次産業化の推進
〇湖魚の冷蔵保管施設、処理加工施設の整備・充実
〇沖島の食文化を味わえるレストラン・直売所等の整備
③認知度の向上と販路の拡大
〇「沖島の味」の認知度向上と普及促進
〇湖魚加工食品の販路開拓・PR
〇未利用魚の活用・商品化の推進
④漁業関連従事者の育成・確保
〇新規就漁者のあっせん・受入れ
〇「沖島漁師養成(体験)塾」の実施
⑤沖島独自の自然景観や暮らしの文化を生かした交流体験型観光の推進
〇「島の宝」を活用した交流体験プログラムの造成
〇渚泊の受入れ
〇観光マナーの周知を含めた観光案内所の整備
⑥安全・安心な生活環境の創出
〇防災・救急・救命体制の充実・強化
〇島を訪れる人にも活用される広場、公園、休憩スポット等の整備
〇美しい島の維持と環境保全

◆コスト削減を図る
漁業者は漁船の低速走行及び船底状態の改善等による省燃油航行、こまめな漁具補修作業に
よる漁具資材経費の削減、水産資源の状況に対応した操業時間の短縮などに努めるとともに、
協業化による作業効率の向上・人件費削減を通じて、漁業コストの削減を図っていく。
①省燃油航行の推進
②漁具資材のコスト削減の推進
③操業時間の短縮
④協業化による人件費削減
⑤漁業経営セーフティーネット構築事業への加入促進


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

◆漁業関連収入を増やす
沖島水産業を取り巻く課題に対応するとともに、6 次産業化(直売・食堂・加工事業)によ
る高付加価値化と魚価市場価格の底上げや、都市との交流、体験交流型観光振興への取組の充
実による漁業と観光の共存共栄を図り、漁村のにぎわいと活気を創出することで、漁業所得を
向上する。
①資源管理と外来魚駆除による漁獲量の確保
〇資源管理型漁業(資源の状況に対応した漁獲の実施)の推進
〇外来魚駆除による資源の保全
②6次産業化の推進
〇湖魚の冷蔵保管施設、処理加工施設の整備・充実
〇沖島の食文化を味わえるレストラン・直売所等の整備
③認知度の向上と販路の拡大
〇「沖島の味」の認知度向上と普及促進
〇湖魚加工食品の販路開拓・PR
〇未利用魚の活用・商品化の推進
④漁業関連従事者の育成・確保
〇新規就漁者のあっせん・受入れ
〇「沖島漁師養成(体験)塾」の実施
⑤沖島独自の自然景観や暮らしの文化を生かした交流体験型観光の推進
〇「島の宝」を活用した交流体験プログラムの造成
〇渚泊の受入れ
〇観光マナーの周知を含めた観光案内所の整備
⑥安全・安心な生活環境の創出
〇防災・救急・救命体制の充実・強化
〇島を訪れる人にも活用される広場、公園、休憩スポット等の整備
〇美しい島の維持と環境保全

◆コスト削減を図る
漁業者は漁船の低速走行及び船底状態の改善等による省燃油航行、こまめな漁具補修作業に
よる漁具資材経費の削減、水産資源の状況に対応した操業時間の短縮などに努めるとともに、
協業化による作業効率の向上・人件費削減を通じて、漁業コストの削減を図っていく。
①省燃油航行の推進
②漁具資材のコスト削減の推進
③操業時間の短縮
④協業化による人件費削減
⑤漁業経営セーフティーネット構築事業への加入促進

団体情報


JF・団体名 沖島漁業協同組合
住所 〒523-0801
滋賀県近江八幡市沖島町43
電話番号 0748-33-9512