鹿児島県|十島村地域水産業再生委員会

十島村漁業協同組合

取組概要 遠隔地への出荷、加工品開発及び販売促進
キーワード 加工品開発
出荷拡大
パヤオ設置
販路 域外流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 イセエビ
カツオ
ハタマグロ
マグロ
ソデイカ

浜プランの取組内容

Ⅰ漁業収入の向上
1既存漁業の漁獲量の増大
サメ被害の防止に効果的な駆除等を行い,漁獲物の被害や操業機会の損失を軽減し,漁獲量を増加させる。
2新たな漁法の導入
① 小規模浮魚礁の設置

黒潮や台風の影響による流出対策を講じた上で、小型漁船でも操業可能な小規模な浮魚礁の設置を行い,使用については漁業者間のルールを策定する等、新たな地先浮魚礁利用型漁業を定着させる。
② 新漁具・漁法の導入

キハダ旗流し釣りやソデイカ旗流し釣り等新たな漁法を導入し,島周辺の豊かな資源を島外漁船と同様に漁獲出来るような対策(漁法の研修,装備の充実,漁船の大型化等)を進める。
③ 大型浮魚礁の新規利用

島内で比較的大型な漁船(5トン以上)を対象に,奄美群島周辺に設置されている大型浮魚礁の利用を促進し,新たな浮魚礁利用型漁業を定着させる。
3遠隔消費地の卸売市場等への出荷拡大
① 鹿児島中央市場への出荷拡大

鹿児島中央卸売市場へ出荷する鮮魚は,島にフェリーが寄港する前日までに漁獲した魚しか出荷出来ないのが現状であるが,出荷可能な鮮度保持日数を延長させる一時保管施設(冷蔵庫等)の整備により,寄港日前日より前に漁獲された魚も出荷対象にすることで,当該市場への出荷量を増大させる。
② 沖縄市場への新たな出荷

近年,奄美大島から沖縄への直接取引での漁獲物の出荷が盛んとなっている。十島村南部の島と奄美大島北部との地理的な近さや共通した漁場・施設の利用,交流の歴史等を活かし,奄美大島経由での沖縄への漁獲物の出荷経路の開拓を図り,出荷量を増大させる。
4加工品の開発及び販売促進
① 常温保存可能な加工品等の開発
常温保存可能な加工品等の開発を進めるとともに、これら開発品や既存加工品の島内外へのPR等により販路開拓・拡大を図り,原料となる漁業者の漁獲物の販売量を増加させる。
② 冷凍加工品の開発及び販売促進
人員不足のため稼働を休止している急速冷凍施設(平島)や簡易な急速凍結手法(100~200㍑,-20℃冷凍ストッカーを使用し,魚家単位で少量ずつ加工可能な手法)を活用して,島内の漁業者から試験出荷の要望のある小口の刺身用冷凍品等を製造し,島内外へのPR等により販路開拓・拡大を図り,原料となる漁獲物の販売量を増加させる。
5新規就業者の積極的な受入と育成
国の新規就業者確保事業や村の十島村就業者奨励交付事業を活用して,新規就業を積極的に受け入れる。また,旗流し等の新たな漁法を導入するための研修の機会を設ける等,新規就業者を育成するとともに,漁業経営基盤を強化することで新規参入の機会を創出する。
Ⅱ漁業コストの削減
1船底清掃等の実施
燃料費削減に効果のある船底清掃,省エネ航行,操業を実施する。
2セーフティーネットの加入促進等
燃油高騰時の対策としてセーフティーネット加入及び省エネ機器の導入を促進する。
3輸送経費の軽減
消費地需要に応じて加工品の出荷ロット数をまとめたり、出荷頻度を調整する等とともに,輸送コスト支援事業を活用し、遠隔地向け出荷のため他地域に比べ割高となっている輸送経費の軽減を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

Ⅰ漁業収入の向上
1既存漁業の漁獲量の増大
サメ被害の防止に効果的な駆除等を行い,漁獲物の被害や操業機会の損失を軽減し,漁獲量を増加させる。
2新たな漁法の導入
① 小規模浮魚礁の設置

黒潮や台風の影響による流出対策を講じた上で、小型漁船でも操業可能な小規模な浮魚礁の設置を行い,使用については漁業者間のルールを策定する等、新たな地先浮魚礁利用型漁業を定着させる。
② 新漁具・漁法の導入

キハダ旗流し釣りやソデイカ旗流し釣り等新たな漁法を導入し,島周辺の豊かな資源を島外漁船と同様に漁獲出来るような対策(漁法の研修,装備の充実,漁船の大型化等)を進める。
③ 大型浮魚礁の新規利用

島内で比較的大型な漁船(5トン以上)を対象に,奄美群島周辺に設置されている大型浮魚礁の利用を促進し,新たな浮魚礁利用型漁業を定着させる。
3遠隔消費地の卸売市場等への出荷拡大
① 鹿児島中央市場への出荷拡大

鹿児島中央卸売市場へ出荷する鮮魚は,島にフェリーが寄港する前日までに漁獲した魚しか出荷出来ないのが現状であるが,出荷可能な鮮度保持日数を延長させる一時保管施設(冷蔵庫等)の整備により,寄港日前日より前に漁獲された魚も出荷対象にすることで,当該市場への出荷量を増大させる。
② 沖縄市場への新たな出荷

近年,奄美大島から沖縄への直接取引での漁獲物の出荷が盛んとなっている。十島村南部の島と奄美大島北部との地理的な近さや共通した漁場・施設の利用,交流の歴史等を活かし,奄美大島経由での沖縄への漁獲物の出荷経路の開拓を図り,出荷量を増大させる。
4加工品の開発及び販売促進
① 常温保存可能な加工品等の開発
常温保存可能な加工品等の開発を進めるとともに、これら開発品や既存加工品の島内外へのPR等により販路開拓・拡大を図り,原料となる漁業者の漁獲物の販売量を増加させる。
② 冷凍加工品の開発及び販売促進
人員不足のため稼働を休止している急速冷凍施設(平島)や簡易な急速凍結手法(100~200㍑,-20℃冷凍ストッカーを使用し,魚家単位で少量ずつ加工可能な手法)を活用して,島内の漁業者から試験出荷の要望のある小口の刺身用冷凍品等を製造し,島内外へのPR等により販路開拓・拡大を図り,原料となる漁獲物の販売量を増加させる。
5新規就業者の積極的な受入と育成
国の新規就業者確保事業や村の十島村就業者奨励交付事業を活用して,新規就業を積極的に受け入れる。また,旗流し等の新たな漁法を導入するための研修の機会を設ける等,新規就業者を育成するとともに,漁業経営基盤を強化することで新規参入の機会を創出する。
Ⅱ漁業コストの削減
1船底清掃等の実施
燃料費削減に効果のある船底清掃,省エネ航行,操業を実施する。
2セーフティーネットの加入促進等
燃油高騰時の対策としてセーフティーネット加入及び省エネ機器の導入を促進する。
3輸送経費の軽減
消費地需要に応じて加工品の出荷ロット数をまとめたり、出荷頻度を調整する等とともに,輸送コスト支援事業を活用し、遠隔地向け出荷のため他地域に比べ割高となっている輸送経費の軽減を行う。

団体情報


JF・団体名 十島村漁業協同組合
住所 〒892-0822
鹿児島県鹿児島市泉町13-13
電話番号 099-224-9768