串間市東漁業協同組合

串間市東地区地域水産業再生委員会

定置網を中心とした漁村活性化
地域の特性を活かした漁村の働き方改革

特産のマアジのブランド化などによる魚価向上や、漁業者の働き方改革による操業の効率化等の取組により所得が向上した宮崎県串間市東地区。
今回は2019年度浜の活力再生プラン優良事例表彰にて水産庁長官賞を受賞した当地区の取組をご紹介!

目次

定置網漁が中心の串間市東地区

宮崎県最南端に位置し、年間を通して温暖な気候と、降り注ぐ太陽の光が眩しい当地区。サツマイモやマンゴー、宮崎牛など農業、畜産業が盛んに行われている。また、串間市の都井岬に生息する日本在来馬であり天然記念物の御崎馬や、イモを洗うことで有名で同じく天然記念物の幸島のニホンザルなど観光資源が豊富だ。さらに太平洋に広がる海岸はサーフィンに適し、多くのサーファーが訪れている。
この地区では、漁業も盛んで多様な沿岸漁業が営まれている。その中でも定置網漁業は約8割の水揚げ量を占めている。定置網では様々な魚種が水揚げされるが、ブリ、アジ、トビウオ、サバなどの回遊魚が中心となっている。

宮崎県最南端地区の苦悩

宮崎県内でも最南端に位置し、串間市街からも遠いなど交通の便が悪い地域であることから、輸送コストが漁業所得に与える影響が大きい地区である。近年では燃油価格の高止まりによってより深刻な問題になっている。その他にも、漁業者の高齢化、慢性的な後継者不足が深刻化しており漁村全体の活力は低下傾向にあった。それらの課題解決に向け取り組まれた浜プラン。持続可能な漁業・漁村の構築に向け、ブランド化や低利用・未利用魚の利用などによる魚価の向上、水揚げの集約化などの漁業コストの削減に加え、新規漁業者の受け入れなどの漁業後継者の確保に漁協が中心となって取り組んだ。

ブランドマアジ、「美々鯵」誕生!

もともと市場で高評価を受けていたアジをブランド化するために2016年に「めいつの魚ブランド化推進協議会」を設置した。脂ののった旨みはもちろん引き締まった歯ごたえや美しさ、新鮮さにこだわり、水揚げ漁港、鮮度管理、サイズ、脂質含有量、出荷時期、出荷方法などを統一した厳しい基準を設け、「宮崎めいつ『美々鯵』」(びびあじ)のブランド化を実施。その結果、2017から2018年に定置網漁業でのマアジ水揚げ量が79トンから184トンまで上昇したなかにおいても、ブランドアジは単価を400円前後をキープし、水揚げ額が上昇した。このことはブランド化によって、価格形成力が強化されたといえる

漁業者の働き方改革を実践!

当地区には定置網漁業の事業者と沿岸漁業を複合的に営んでいる漁業者が多い。大型定置網では、台風が多く来るために網を入れない夏場や、毎日の就業時間の空き時間を有効活用して、延縄や曳縄などの他の漁業を営んだり加工品製作などの取組が行われている。
さらに定置網漁業の水揚げ作業等を当番化したことで組合員が、大型定置と自営操業による複合的な沿岸漁業、加工などの6次化産業や共同で魚価の高い消費地市場への出荷、インターネットを用いた直販の取組などの魚価向上の取組などにさらに計画的に従事できるようになった。
大型定置網の従業員としての収益に加え、自営で漁業等をすることで収益を得る。新規漁業者が自営操業での収益が少なくなっても、全体として安定的・継続的に漁業に従事できることにつながり、若手・新規就業者の増加に寄与している。

若手の新規参入

当再生委員会は漁業所得の向上が移住者を呼び込み、地域全体の活性化につながると考え、新規や若手漁業者のIターンやUターンの受け皿としての機能を担ってくことを計画した。実際に定置網との複合漁業で所得が安定したことで、浜プラン開始時から組合員に10名が新規加入し、30代から40代の漁業者が増えた。そして、漁協、漁連、自治体が連携し、新規就業希望者や後継者に対して漁業者による漁業研修などの新規就業者支援事業を実施し、浜のリーダーとなる漁業者の育成を継続して行った。その他にも体験定置網や水産教室を行い、漁業と市民、地元の子どもたちとの交流を行い地域活性化に努めている。

好循環をこれからも

上記で紹介した取組の他にも省燃油・漁具節約にも取り組んでいる。地理的条件から輸送コストが所得に及ぼす影響が大きかったことから、減速航行や船底清掃、漁獲物の協同搬送などを行うことで、輸送コストの削減を図っている。また漁具の保管では防錆・防紫外線のための覆いや、擦れ防止のための船体のロープ固定などを徹底し漁具や資材の長寿命化に努め、耐用年数の1.5倍程度使用できるようになった。これらの取組により経費の削減、そして所得の向上にもつながった。
こうした取組により当地区は魚価の向上、漁業者の所得向上、そして担い手の確保へと好循環が生まれ、地区の振興にも寄与している優良事例といえる。当地区では第2期浜プランを策定済みだ。この中では、2021年に開設を予定している道の駅への出店や漁業者による6次産業化(未利用漁・低利用魚の活用)、漁業体験学習・魚食普及などのグループツーリズムの活動なども盛り込まれている。当地区のさらなる飛躍に期待したい。

関連リンク

気になる浜プランをコラムで紹介
Pick Up! 浜プラン

特産のマアジのブランド化などによる魚価向上や、漁業者の働き方改革による操業の効率化等の取組により所得が向上した宮崎県串間市東地区。 今回は2019年度浜の活力再生プラン優良事例表彰にて水産庁長官賞を...

串間市東漁業協同組合

養殖ワカメのブランド化を進め、組合員向けの情報配信システム活用をした養殖管理体制を構築。東日本大震災からの復興に取り組み、販売力強化との両立により、漁業所得の向上を達成した岩手県宮古市重茂地区。201...

重茂漁業協同組合

高鮮度な漁獲物を県内外でPRし、消費や販路を拡大して魚価を向上させるとともに自主的な資源管理を積極的に推進して漁業経営を改善させた。その取組により、2019年度浜の活力再生プラン優良事例表彰において農...

但馬漁業協同組合、浜坂漁業協同組合

全国の浜プランの中で特に優良な取組を表彰する、『浜の活力再生プラン優良事例表彰』。 水産庁及びJF全漁連では、表彰式及び受賞事例の事例報告等を行う全国推進会議の開催を予定していましたが、新型コロナウ...

浜プラン優良事例表彰

ページトップボタン