新勝浦市漁業協同組合、勝浦漁業協同組合、御宿岩和田漁業協同組合、夷隅東部漁業協同組合

千葉県地域水産業再生委員会夷隅地区部会

地域が一体となって実行
キンメダイを中心とした「勝浦のさかな」ブランド化!

千葉県内における沿岸漁業の中心として発展してきた夷隅地区。首都圏から車で2時間の立地も活かし、水産物の一大供給地としての役割を担ってきた。しかし、主要水産物の漁獲不振や燃油高騰による漁業経営の悪化、さらには漁業者の減少という課題に直面した。これらに対し、資源管理や鮮度管理、水産物のPRなどに浜プランで取り組み、2019年度浜の活力再生プラン優良事例表彰において全漁連会長賞を受賞した当地区の取組をご紹介!

目次

地域の中核をなす漁業

千葉県地域水産業再生委員会夷隅地区部会(以下、夷隅地区部会)は千葉県南東部の太平洋岸にあり、海岸線はほとんどがリアス式海岸になっている。また、沖合は黒潮と親潮が交錯する好漁場に近接しており、県内における小型漁船漁業の中心地域として発展した。年間を通じて多くの水産物が漁獲されるため、それら水産物を扱う水産仲卸や水産加工業等関連した産業も多く、観光業とともに地域経済の中核となっている。夏場は毎年大勢の海水浴客で賑わい、毎日勝浦漁港近くで行われる朝市は400年以上の伝統を誇り、新鮮な魚介類や野菜などが地元客や観光客の人気を集めている。また、勝浦市は都心から車で約2時間と近く、水産物の一大供給地としての役割を担っている。

地域一体となり課題解決へ

当地区の勝浦港では古くからサバ漁、現在はカツオ1本釣り漁業の水揚げが行われ、周辺の漁港は小型漁船による様々な沿岸漁業の水揚げ拠点として機能している。しかし、近年はそれまで漁獲の中心であったカツオやスルメイカをはじめとして様々な魚種で漁獲不振が続く。加えて、燃油価格の高止まりもあり経営環境は厳しさを増している。後継者の減少と相まって漁業者の高齢化による廃業も進行しており、漁船数は2012年の697隻から2017年には603隻まで減少した。
そのような状況の中、浜プランの策定を機に地域が一体となり、キンメダイの資源管理、徹底した品質管理やブランド化を課題として掲げ、今回の取組を行った。

漁業者全員の合意のもとでの資源管理

キンメダイ等の資源管理は、関係漁業者全員の合意のもと取り組まれており、県の資源評価結果などを踏まえて見直しを図っている。その内容は体長制限(全長25cm以下放流)、休漁日や休漁期間(7~9月)の設定などだ。また、漁業者協議会において操業規約の内容を再確認するなど、持続可能なものを目指して行われている。
アワビについては、生育・生態に合わせた魚礁による漁場の造成やグループによる運営・管理体制づくりに取り組み、安定した水揚げを維持することができるようになり、夏場の漁業収入の向上に繋がった。現在は、産卵機会を増やし単価の高い大型貝の漁獲が期待できる4年輪採漁場の導入や中間育成場の管理向上などに取り組んでいる。

徹底した鮮度管理でブランド化へ

キンメダイの鮮度管理では、「鮮度保持マニュアル」を作成のうえ、漁船の保管容器内の適正な水温・塩分測定などを自己点検し、これを徹底することで、魚価向上を図った。鮮度管理を千葉ブランド水産物「外房つりきんめ鯛」の認定条件としたため、取組は全船に浸透。漁業者による一体的な取組であることから、その品質は取扱業者からも高い評価を受けている。
この取組は他魚種にも波及。実際、冬場のマカジキブランド「勝浦釣り寒マカジキ」における鮮度保持の取組にも展開されており、今後の魚価向上が期待される。

Fish-1グランプリ受賞!

勝浦産ひき縄カツオは「千葉ブランド水産物」であり、JFグループの「プライドフィシュ」にも認定されている。このカツオは漁獲したその日に水揚げされることから「日戻りカツオ」とも呼ばれ、透明感のある肉色とモチモチとした触感が最大の特徴として人気だ。漁協女性部が作成・公表している料理の献立集のうち、「勝浦風カツオ漬け丼」は「Fish-1グランプリ2015」でグランプリを受賞した。この献立集は地元水産物のPRや魚料理教室のツールとなり、魚食普及活動の発展につながっている。そのほかにも漁協女性部は、市内の大学生と連携し料理教室を開くなど、水産物のPRや魚食普及のイベントに積極的に協力している。

取組のさらなる深化へ

浜プランではキンメダイの品質向上やブランド化などの取組や、女性部の活動をさらに推し進めた。また、マカジキのブランド化の取組の一環として解体ショーなどPR活動も欠かさず行い、「勝浦のさかな」全体のブランド力の強化に取り組んだ。まさに地域一丸となって地域の観光業や教育分野にも貢献し、着実な実績をあげたといえる。2020年9月には勝浦漁港においてさらなる衛生面の向上と作業時間の短縮・効率化を目指し、高度衛生管理型荷さばき所の建設工事が着工された。夷隅地区では2019年度より第2期浜プランがスタートしている。当地区の取組のさらなる深化に今後も目を離せない。

関連リンク

気になる浜プランをコラムで紹介
Pick Up! 浜プラン

漁業者の高齢化・減少が進み漁村地域の衰退が懸念された下関の豊浦地区。漁業者と漁協、行政が合同で話し合いを重ね、浜プランが策定された。「担い手支援日本一」を目指し浜全体で取組を行っている。...

山口県漁業協同組合豊浦支店

カタクチイワシの品質向上により煮干しの単価が改善。また、養殖トラフグのブランド強化では、異業種と連携のうえ市内外でPRを強化。試験販売を重ね、認知度を向上させた。...

九十九島漁業協同組合

未利用海藻である「アカモク」の活用や、サワラをはじめとした魚種の高鮮度出荷、6次産業化の推進などの取組により、所得が向上した鳥取県西部地区。今回は2019年浜の活力再生プラン優良事例表彰において全漁連...

鳥取県漁業協同組合(中山支所、御来屋支所、淀江支所)、赤碕町漁業協同組合、米子市漁業協同組合

千葉県内における沿岸漁業の中心として発展してきた夷隅地区。首都圏から車で2時間の立地も活かし、水産物の一大供給地としての役割を担ってきた。しかし、主要水産物の漁獲不振や燃油高騰による漁業経営の悪化、さ...

新勝浦市漁業協同組合、勝浦漁業協同組合、御宿岩和田漁業協同組合、夷隅東部漁業協同組合

ページトップボタン