閉じる

浜プランとは

「浜の活力再生プラン」(通称「浜プラン」)は、2014年に始まった、水産業の活性化のための改革の取組です。地域によってさまざまに異なる水産業・漁業を振興させることを目指して、それぞれの漁村や地域(=「浜」)の現状に合わせて考えられた取組計画を「浜プラン」と呼びます。
 

浜プランは、誰が?

浜プランは、漁業者や市町村を中心に組織された「地域水産業再生委員会」が、課題・計画・目標を見据えて立案します。
 

浜プランは、何のために?

その大目標は、「漁業所得の10%アップ」。収入を向上させる取組、コストを削減する取組など、多種多様な具体的なプランが実践されており、2017年8月現在、北海道から沖縄まで、全国で640を超える浜プランが策定されています。
 

浜プランは、何をする?

浜ごとに策定される浜プラン。浜の数だけ課題があり、取組が行われています。大きくは以下のような取組が全国の浜で取組まれています。

<収入向上の取組>
高鮮度出荷・加工品開発、直販・輸出など
<コスト削減の取組>
省エネ機器の導入・協業化・船底清掃の取組実施など
 

つまるところ、浜プランって?

浜プランは、「地域活性化のための処方箋」です。
各地域が抱える課題に対し、漁業者と市町村がタッグを組んで自ら考えた解決策を実践することに、浜プランの本質があります。漁業や水産業の改革によって地域全体を元気にすること、「地域創生」に貢献することが、それぞれの浜プランの役割です。

山口県漁業協同組合

下関外海地区地域水産業再生委員会

獲った魚を大事に売る!
朝市開催・量販店直販ルートの取組!

目の前にある課題に対して、適切な対策を打つことは商売の基本とも言えるが、その難しさも同時に語られるところだ。山口県漁業協同組合の中堅・若手漁業者たちによる朝市の取組は、そのための糸口を提供してくれる。置かれた環境を分析し、取組の効果を最大限に引き出すため彼らが進めたのは、朝市と量販店ルートに対する工夫だった。

目次

3段階の管理体制を敷く、山口県漁協

平成18年、山口県内の83の漁協が合併する形で発足したのが、県域漁協である山口県漁業協同組合だ。日本海と瀬戸内海に囲まれる地形をもつ山口県では、獲れる魚種や漁法、漁業規模、経営規模が地域によって大きく異なる。そのため、本店が県全体を管理しながらも、県内を10地域に区分けし、それぞれを管轄する統括支店が各支店の管理を行う、支店-統括支店-本店の3段階のガバナンス制を敷いている。

2014年に「浜の活力再生プラン(浜プラン)」が開始された際には、この10の地域でプランが立案された。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

豊富な魚種、様々な漁法

その一つ下関外海地区は、山口県漁協本店に加え、8つの支店が含まれる地域だ。九州への玄関口でもある下関市は、響灘(ひびきなだ)海域に面し、蓋井島(ふたおいじま)や六連島(むつれじま)といった複数の島を含む岩礁域が多いことが特徴で、関門海峡の潮流の好影響もあることから、古くから優良な漁場として知られてきた。

下関外海地区の漁業では、採介藻漁業や小型機船底びき網漁業のほか、一本釣り漁業、海藻養殖など様々な漁業が営まれている。魚種としては、アワビ、サザエ、ウニなどの磯根資源や、マアジ、サワラ、マダイなどが主流だ。特に、一本釣り漁業によるサワラやマアジの水揚げは堅調さを保っている。

冬場にはワカメ養殖業が主漁業となり安定的な生産がある一方、近年国産価格が高値安定しているヒジキ養殖業への拡大展開も進んでいる。

蓋井島の漁港 (出典:住まいる下関

小規模漁業が中心の下関外海が抱える課題

恵まれた環境に、豊富な魚種、様々な漁法が営まれる下関外海地区の漁業は、一見すると堅調にも見えるが、ある問題を抱えていた。

国内の多くの漁業者が頭を抱える魚価の低迷や燃油の高騰は、ここ下関外海地区でも同様であった。漁業所得を圧迫するこうした問題に対して、一般的に行われやすい解決策のひとつは、漁獲量を増やすことだ。しかし、この地区の漁業者のほとんどは小規模漁業を営んでいて、漁獲量には限界があり、現状以上の量を獲ることが極めて難しい状況にある。

減収分を補完するための「量の確保」ができないとすれば、「売り方の改善」をすることで魚価を向上させるしかない。下関外海地区の漁業者が立てた浜プランは、こうした背景から立案されたものだった。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

自分たちで「売れる場」、朝市の開催

取り組まれたのが、有志の中堅・若手漁業者が、毎週土曜日に開催している朝市についての取組だった。

朝市の取組が始まったのは、浜プランが開始された1年前の平成25年。

もともと下関外海地区には系統の市場がなく、漁業者は下関市唐戸市市場、山口県下関漁港市場、北九州市公設市場といった民間市場へ出荷販売をしていたが、小規模経営が多い漁業者にとってみれば、数量がまとまらない魚種は市場で値段が付きにくいというジレンマを抱えていた。

こうした分析を踏まえて検討されたのが、漁業者自らが値段を付けて販売できる場、朝市の開催だ。必要な施設や資材の整備には県の補助事業を活用し、市街地からのアクセスが良い下関駅間近にある、漁協本店に隣接する活魚センターを利用することで集客効果を狙った。

朝市に参加するのは、六連島、彦島、伊崎の3支店と漁協本店。時化などで商品が揃わない場合は、他県の商品を手当てすることで、開催以来ほぼ中止されることなく継続開催されていた。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

「商品が足りない!」嬉しい悲鳴と、新たな問題

開始当初から好評を得た朝市だったが、新たな問題が発生する。

それは、開催回数が増えるにつれ、集客も増加する一方、商品数量が間に合わない事態に陥ってしまったのだ。ひどいときは開始10分で完売になってしまい、消費者の期待に応えられない上、せっかくの販売機会を無駄にすることが続いてしまっていた。朝市の参加メンバーの多くは底曳網漁業者であり、特に時化が多い冬場には、商品が集まらないことも要因となっていた。

そこで手を打ち始めたことが、朝市に参加する支店を増やすための交渉だ。交渉を経て、蓋井島支店の参加が決まり、一定の商品ラインアップの確保は解決され始めたものの、時化や不漁時の品揃え状況には変わりがなく、抜本的な対策が求められていた。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

朝市への鮮魚供給を主目的とした、定置網漁業グループの結成

時化の影響を受けずに販売数量を確保するために考えられたのが、共同で定置網を行う漁業グループの結成だ。

山口県漁協 伊崎支店の有志者たちは、港からきわめて近い場所で実施可能であり、時化の影響を受けにくい小型定置網漁業に目を付ける。小型定置網漁業は、獲れる魚種も豊富であり、多様な消費者の期待に応えられるという点でも最適な漁法であった。

さらに、このグループの何よりのポイントは、通常操業とは別の取組とし、漁獲物を朝市を主に販売することで所得向上を目指そうとしたところだ。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

一つの目的を達成するための「共同漁業」の意識

朝市の取組と同様、県の補助事業を活用することで網などの資材を揃え、平成27年3月、身網90m・袋網9mの小型定置網の操業を開始した。

取組において特筆すべきは、通常操業とは別の取組としていることから、メンバーが交代で網揚げを行う他、多くの作業はメンバー全員で取組むという「共同漁業」としての意識が根本にあることだ。もちろん漁業運営にかかる費用も、全メンバーが公平に負担する仕組みになっている。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

真の成果は、「関係者の意識変化」

定置網の取組開始により、商品数・取扱魚種はともに増加し、また多少の時化では欠品することを回避できるようになった。

その結果、朝市の賑わいと活気が増し、来客数にも貢献することとなった。 そして何より、アジやイトヨリダイ、アマダイ、サゴシ、タコなど、ほとんどの魚種の販売単価が向上し、民間市場で取引するよりも高い値段で販売できるようになったことが、欠かすことのできない成果だ。

だが、山口県漁協 総務指導部 部長 渡辺氏は、この浜プランの真の成果は、集客や単価以外の部分にあると考えている。「(集客・魚価の向上)それ自体よりも、この取組により支店間や女性部との連携が強化される環境が出来上がったこと、また朝市に訪れる一般のお客様が、漁業者を身近に感じてくれるようになったこと」、こうした内外での意識の変化が、何よりの報酬であったと語る。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

「獲ってから売るのではない。必要だから獲る。」

山口県漁協 下関外海地区の浜プランをまとめてみると、5つのステップで実践されたことがわかる。

① 目下にある課題を把握(魚価の低迷)

② 置かれた環境を分析(小規模漁業者が多数を占める)

③ 適切な解決策を企画(「量の確保」ではなく「売り方(=朝市)の改善」)

④ 状況の再確認と、新たな課題の発見(朝市での数の不足)

⑤ 抜本的な解決策への集中的な取組(朝市への鮮魚供給を主目的とした漁業グループの結成)

「朝市」という取組テーマだけを目にすると簡単にも思えるかもしれないが、それは大きな間違いだ。この取組が効果を発揮したのは、下関外海地区のプランが、取組ありきで進められたのではなく、課題に対して適切な策を選択的・集中的に行ったからこそだ。

渡辺氏は、「獲ってから売ることを考えるのではない。必要だから生産量を増やす、という意識」と強調する。

出典:浜の活力再生プラン ブロック推進会議 事例報告資料(2017年7月18日開催)

意識が変わった、その次の一手

そして、下関外海の漁業者たちは、次の一歩を踏み出し始めている。それが、地元大手量販店への直接販売だ。すでに量販店側との協議や、売り場担当者との勉強会を重ね、平成29年2月にから直販ルートでの販売を始めている。

そこで重視したのも、やはり意識の面だ。「イベントごと」としてではなく、「商売としての取組」であることが重視され、この取組にはルールが設けられている。まず、①納入価格は生産者自身が決定し、自ら量販店と商談を行うこと、②量販店側は納入数の全てを買い取るという点だ。

渡辺氏は、「一般には、漁業者は量販店主導の価格形成に従うしかないと言われる。だが、水揚状況や天候、相場など、相手を納得させらる情報を常に取得・提示できれば、自分たちで価格を作っていくことは可能」と言い、そうした意識が高まっていると語る。

これら浜プランを通じて、山口県漁協の組合員や生産者など、そこに携わる人々の意識が変化していることは確かだ。

(執筆日:2017年9月11日)

関連リンク

気になる浜プランをコラムで紹介
Pick Up! 浜プラン

販路の拡大や開拓など、商品をどこへ出荷するかについての検討は、鮮度が求められる漁業においては特に難しい課題であることに間違いない。大消費地への開拓か、地元での拡大か。大分県 津久見で取組まれ、収益向上...

大分県漁業協同組合 津久見支店

「地元にある商品を使って、何か加工食品を開発しよう!」こうしたアイデアは、漁業所得の向上を考えるにあたってはごく自然な発想だ。だが、それを実現するために本当に必要なことは、高鮮度処理でも、冷蔵技術でも...

小川漁業協同組合

多くの漁村地域で取組まれる、次世代の担い手対策。物価の安さや豊かな自然、恵みある食材など、移住を招くための様々なアピールをするものの手応えがない、というのが多くの地域での実感ではないだろうか。三重県の...

尾鷲漁業協同組合(早田支所)・㈱早田大敷

ブランド魚は地域にとってノドから手が出るほど欲しいものの一つに違いない。だが、あまりにそれに頼りすぎてしまうと、大きな打撃を受けることには、考えが及びにくいのかもしれない。サバの街として名高い福井県 ...

小浜市漁業協同組合

ページトップボタン