浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

壱岐東部漁業協同組合

壱岐東部地区地域水産業再生委員会

浜の関係者が一丸となってブランド化・魚価向上

壱岐東部地区地域水産業再生委員会の壱岐サワラ「極」とは

長崎県の離島「壱岐島」玄界灘に位置する離島は漁場豊か。そんな離島、壱岐島に所在する壱岐東部地区地域水産業再生委員会が策定する浜プランの柱は、地域みんなを巻き込んだ「ブランド化」、地域雇用による「担い手対策」の取組だ。

目次

壱岐島の漁業を取り巻く様々な問題

壱岐島は九州本土の福岡市から北西に約80㎞の玄界灘上に位置する離島だ。北西の海上に対馬が位置している。本島の周辺には対馬暖流分岐流と九州沿岸流が交差しており、天然礁が多く存在している。イカ類・ブリ類・クロマグロ・サワラ等の好漁場がある。この壱岐島の東部に位置する当再生委員会では一本釣り漁業、イカ一本釣り漁業、刺し網漁業、海女(採介藻)漁業など様々な形態が営まれており、平成25年度は約305トン、3億5千万円の水揚となっていた。
しかし、近年の漁業を取り巻く環境は長期的な水産資源の減少や水産物消費の減少等に加え、魚価の低迷、漁場環境の変化、不安定な原油相場や離島ゆえの出荷・輸送コスト高など、漁業を巡る環境は依然として厳しい状況が続いている。
また、こうした水産資源や経済情勢の問題ばかりでなく、当地区の漁業者の高齢化も著しく、慢性的な後継者や就業者(担い手)の不足など、様々な問題を抱えており、漁業生産体制と漁村の活力低下が懸念されている。

みんなで作り上げる「さわら「極」」ブランド

壱岐東部地区の主要な漁業である一本釣りでは、冬季に漁獲されるサワラが同地区内の漁業生産量の約4割を占める重要な魚種となっている。サワラのブランド化と鮮度管理による品質向上の取組は、この地域の水産業を発展させていくうえで重要な取組であった。
そこで、2013年に40歳代の中堅漁業者らが中心となり、「さわら『極』部会」 (会員17名)を設立する。そして、「釣り上げてから出荷までのガイドライン」を作成し、漁業者一人ひとりが実践するとともに、良質なサワラのみを「壱岐さわら『極』」としてブランド化。ブランド化するだけでなく、市場出荷したブランド魚を出荷毎に魚市場や仲買業者から評価してもらい、その結果を参考にしてブランド力を高めるべく、魚の厳選を行っており、市場仲買業者と連携して一体的な推進を行っている。また、部会の部員が魚市場や飲食店へ出向き、販路開拓につなげる取組も行っている。みんなで作り上げ、より良くしていく「さわら「極」」なのだ。

漁業で地域に貢献する

漁船漁業者の配偶者などが海女として採介藻漁業を行う漁期は、5~9月に限られており、その漁期以外の時期の収入源をどうやって確保するかが課題となっていた。
そのような中、2015年度から漁協が自営事業としてカキ養殖を開始し、事業の拡大と地域の雇用確保に取り組んだ。カキ養殖は冬場が繁忙期であることから、休漁期間中の海女を雇用することで地域の雇用創出と所得向上に大きく貢献した。また、前述のさわら「極」部会では、漁業後継者の育成にも貢献しており、部会発足以降、3名の漁業就業希望者の研修を受け入れ、そのうち2名は地域漁業者として独立させている。更にはその後も漁業就業希望者の受け入れを継続して行っている。

離島の未来へつなぐ漁業

全国的に問題となっている「磯やけ」。壱岐島東部地区地域水産業再生委員会でも採介漁業の漁場となる磯場の環境は磯焼け等により著しい悪化に悩まされている。ウニ密度調整や海藻の移植、種苗放流などにも取り組み、漁場環境の改善に努めている。いつまでも豊かな海を守るために、海へ感謝し還元していく壱岐島東部地区の前向きな姿勢は当漁協のホームページからも読み取れる。「ないのならば、自分たちで作ろう!」。ウニが育つ藻場がないのなら作る、海女業だけでは儲からないなら仕事を作る。「全ては壱岐島の豊かな未来の海のために。」壱岐東部地区の持続的な取組に今後も注力したい。

関連リンク